changeset 12:441a2190cfae

Lion fix
author Shinji KONO <kono@ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Sat, 21 Apr 2012 13:10:49 +0900
parents 5cf052bee63d
children 3c5835cca094
files FAQ Makefile conf/MH.mac-os-x conf/Makefile conf/config/MailAliases conf/config/config.c conf/config/mts.c conf/doc/ADMIN.rf conf/doc/ali.rf conf/doc/anno.rf conf/doc/ap.rf conf/doc/bbaka.rf conf/doc/bbc.rf conf/doc/bbexp.rf conf/doc/bbl.rf conf/doc/bbleader.rf conf/doc/bboards.rf conf/doc/bboards5.rf conf/doc/bboards8.rf conf/doc/bbtar.rf conf/doc/burst.rf conf/doc/comp.rf conf/doc/conflict.rf conf/doc/dist.rf conf/doc/dp.rf conf/doc/fmtdump.rf conf/doc/folder.rf conf/doc/forw.rf conf/doc/inc.rf conf/doc/install-mh.rf conf/doc/mark.rf conf/doc/mf.rf conf/doc/mh-alias.rf conf/doc/mh-chart.rf conf/doc/mh-format.rf conf/doc/mh-hack.rf conf/doc/mh-mail.rf conf/doc/mh-mts.rf conf/doc/mh-profile.rf conf/doc/mh-sequence.rf conf/doc/mh-tailor.rf conf/doc/mh.rf conf/doc/mhl.rf conf/doc/mhmail.rf conf/doc/mhn.rf conf/doc/mhook.rf conf/doc/mhparam.rf conf/doc/mhpath.rf conf/doc/msgchk.rf conf/doc/msh.rf conf/doc/next.rf conf/doc/packf.rf conf/doc/pick.rf conf/doc/pop5.rf conf/doc/pop8.rf conf/doc/popaka.rf conf/doc/popauth.rf conf/doc/popd.rf conf/doc/popi.rf conf/doc/popwrd.rf conf/doc/post.rf conf/doc/prev.rf conf/doc/prompter.rf conf/doc/rcvstore.rf conf/doc/refile.rf conf/doc/repl.rf conf/doc/rmail.rf conf/doc/rmf.rf conf/doc/rmm.rf conf/doc/scan.rf conf/doc/send.rf conf/doc/show.rf conf/doc/slocal.rf conf/doc/sortm.rf conf/doc/tmac.h conf/doc/vmh.rf conf/doc/whatnow.rf conf/doc/whom.rf conf/doc/wmh.rf conf/examples/README conf/makefiles/MH-Makefile conf/makefiles/config conf/makefiles/dist conf/makefiles/doc conf/makefiles/mts/mh conf/makefiles/mts/mmdf conf/makefiles/mts/sendmail conf/makefiles/mtsM conf/makefiles/papers conf/makefiles/sbr conf/makefiles/support/bboards conf/makefiles/support/general conf/makefiles/support/pop conf/makefiles/supportM conf/makefiles/uip conf/makefiles/zotnet/bboards conf/makefiles/zotnet/mf conf/makefiles/zotnet/mts conf/makefiles/zotnet/tws conf/makefiles/zotnetM conf/mh-gen.8 conf/mhconfig.c conf/mhdoc config/Makefile config/config.c config/config.s config/version config/version.c config/version.sh dist/Makefile doc/ADMIN.me doc/Makefile doc/ali.me doc/anno.me doc/ap.me doc/bbaka.me doc/bbc.me doc/bbexp.me doc/bbl.me doc/bbleader.me doc/bboards.me doc/bboards5.me doc/bboards8.me doc/bbtar.me doc/burst.me doc/comp.me doc/conflict.me doc/dist.me doc/dp.me doc/fmtdump.me doc/folder.me doc/forw.me doc/inc.me doc/install-mh.me doc/ja-ali.me doc/ja-anno.me doc/ja-ap.me doc/ja-bbc.me doc/ja-burst.me doc/ja-comp.me doc/ja-conflict.me doc/ja-dist.me doc/ja-dp.me doc/ja-fmtdump.me doc/ja-folder.me doc/ja-forw.me doc/ja-inc.me doc/ja-install-mh.me doc/ja-mark.me doc/ja-mh-alias.me doc/ja-mh-chart.me doc/ja-mh-format.me doc/ja-mh-hack.me doc/ja-mh-mail.me doc/ja-mh-mts.me doc/ja-mh-profile.me doc/ja-mh-sequence.me doc/ja-mh-tailor.me doc/ja-mh.me doc/ja-mhl.me doc/ja-mhmail.me doc/ja-mhn.me doc/ja-mhook.me doc/ja-mhparam.me doc/ja-mhpath.me doc/ja-msgchk.me doc/ja-msh.me doc/ja-next.me doc/ja-packf.me doc/ja-pgped.me doc/ja-pick.me doc/ja-post.me doc/ja-prev.me doc/ja-prompter.me doc/ja-rcvstore.me doc/ja-refile.me doc/ja-repl.me doc/ja-rmf.me doc/ja-rmm.me doc/ja-scan.me doc/ja-send.me doc/ja-show.me doc/ja-slocal.me doc/ja-sortm.me doc/ja-vmh.me doc/ja-whatnow.me doc/ja-whom.me doc/mark.me doc/mf.me doc/mh-alias.me doc/mh-chart.me doc/mh-format.me doc/mh-hack.me doc/mh-mail.me doc/mh-mts.me doc/mh-profile.me doc/mh-sequence.me doc/mh-tailor.me doc/mh.me doc/mhl.me doc/mhmail.me doc/mhn.me doc/mhook.me doc/mhparam.me doc/mhpath.me doc/msgchk.me doc/msh.me doc/next.me doc/packf.me doc/pgped.me doc/pick.me doc/pop5.me doc/pop8.me doc/popaka.me doc/popauth.me doc/popd.me doc/popi.me doc/popwrd.me doc/post.me doc/prev.me doc/prompter.me doc/rcvstore.me doc/refile.me doc/repl.me doc/rmail.me doc/rmf.me doc/rmm.me doc/scan.me doc/send.me doc/show.me doc/slocal.me doc/sortm.me doc/tmac.h doc/tmac.me doc/version.rf doc/vmh.me doc/whatnow.me doc/whom.me doc/wmh.me h/aliasbr.h h/fmtcompile.h h/formatsbr.h h/local.h h/md5.h h/mh.h h/mhn.h h/mshsbr.h h/netdb.h h/nntp.h h/rcvmail.h h/scansbr.h h/strings.h miscellany/README miscellany/audit/audit.pl miscellany/mh-e/mh-e.el miscellany/multi-media/READ-ME miscellany/patch-2.0.12u8/Configure miscellany/patch-2.0.12u8/EXTERN.h miscellany/patch-2.0.12u8/INTERN.h miscellany/patch-2.0.12u8/Makefile.SH miscellany/patch-2.0.12u8/common.h miscellany/patch-2.0.12u8/inp.c miscellany/patch-2.0.12u8/inp.h miscellany/patch-2.0.12u8/patch.c miscellany/patch-2.0.12u8/patch.man miscellany/patch-2.0.12u8/pch.c miscellany/patch-2.0.12u8/pch.h miscellany/patch-2.0.12u8/util.h miscellany/patch-2.0.12u8/version.c miscellany/patch-2.0.12u8/version.h miscellany/sortf/sortf miscellany/sortf/sorts mts/Makefile mts/mh/Makefile mts/mh/hosts.c mts/mmdf/Makefile mts/mmdf/hosts.c mts/sendmail/Makefile mts/sendmail/hosts.c mts/sendmail/smail.c nkf-utf8/Changes nkf-utf8/INSTALL nkf-utf8/INSTALL.j nkf-utf8/MANIFEST nkf-utf8/Makefile nkf-utf8/NKF.mod/Changes nkf-utf8/NKF.mod/MANIFEST nkf-utf8/NKF.mod/Makefile.PL nkf-utf8/NKF.mod/NKF.pm nkf-utf8/NKF.mod/NKF.xs nkf-utf8/NKF.mod/README nkf-utf8/NKF.mod/test.pl nkf-utf8/make_test.pl nkf-utf8/nkf.1 nkf-utf8/nkf.1j nkf-utf8/nkf.c nkf-utf8/nkf.doc nkf-utf8/nkf_test.pl nkf-utf8/nkf_utf8.txt nkf-utf8/test.pl papers/Makefile papers/beginners/beginners.tex papers/changes/Makefile papers/changes/mh-changes.ms papers/doclib/READ-ME papers/doclib/diss.sty sbr/Makefile sbr/addrsbr.c sbr/addrsbr.s sbr/advertise.c sbr/advertise.s sbr/closefds.c sbr/closefds.s sbr/cpydgst.c sbr/cpydgst.s sbr/discard.c sbr/discard.s sbr/fdcompare.c sbr/fdcompare.s sbr/fmtcompile.c sbr/formatdef.c sbr/formatsbr.c sbr/gans.c sbr/gans.s sbr/getans.c sbr/help.c sbr/m_atoi.c sbr/m_backup.c sbr/m_convert.c sbr/m_draft.c sbr/m_fmsg.c sbr/m_getdefs.c sbr/m_getfld.c sbr/m_gmsg.c sbr/m_maildir.c sbr/m_msgdef.c sbr/m_readefs.c sbr/m_remsg.c sbr/m_scratch.c sbr/m_seq.c sbr/m_seqnew.c sbr/m_sync.c sbr/m_update.c sbr/makedir.c sbr/path.c sbr/pidstatus.c sbr/pidwait.c sbr/printsw.c sbr/push.c sbr/putenv.c sbr/pwd.c sbr/refile.c sbr/remdir.c sbr/ruserpass.c sbr/smatch.c sbr/sprintb.c sbr/strindex.c sbr/trimcpy.c sbr/uleq.c sbr/uprf.c sbr/vfgets.c support/Makefile support/bboards/Makefile support/bboards/bbaka.c support/bboards/bbexp.c support/bboards/bbtar.c support/bboards/mmdfI/bboards/bb_wtmail.c support/bboards/mmdfI/bboards/getbbent.c support/bboards/mmdfII/bboards/bb_wtmail.c support/bboards/mmdfII/bboards/dropsbr.c support/general/MailAliases support/general/Makefile support/general/bootmhn.findit support/general/packmbox.sh support/general/viamail.sh support/pop/Makefile support/pop/mmdfII/pop/dropsbr.c support/pop/mmdfII/pop/po_wtmail.c support/pop/popaka.c support/pop/popauth.c support/pop/popauth.h support/pop/popd.c support/pop/popser.c support/pop/popwrd.c support/pop/syslog.c uip/.gdb_history uip/Makefile uip/ali.c uip/aliasbr.c uip/anno.c uip/annosbr.c uip/ap.c uip/bbc.c uip/bbl.c uip/burst.c uip/comp.c uip/conflict.c uip/dist.c uip/distsbr.c uip/dp.c uip/dropsbr.c uip/fmtdump.c uip/folder.c uip/forw.c uip/ftpsbr.c uip/inc.c uip/install-mh.c uip/mark.c uip/md5.c uip/mhl.c uip/mhlsbr.c uip/mhmail.c uip/mhn.c uip/mhparam.c uip/mhpath.c uip/msgchk.c uip/msh.c uip/mshcmds.c uip/packf.c uip/pgped.c uip/pgpshow.c uip/pick.c uip/picksbr.c uip/popi.c uip/popsbr.c uip/post.c uip/prompter.c uip/pshsbr.c uip/rcvdist.c uip/rcvpack.c uip/rcvstore.c uip/rcvtty.c uip/refile.c uip/repl.c uip/replsbr.c uip/rmail.c uip/rmf.c uip/rmm.c uip/sbboards.c uip/scan.c uip/scansbr.c uip/send.c uip/sendmail.c uip/sendsbr.c uip/show.c uip/slocal.c uip/sortm.c uip/spop.c uip/spost.c uip/trmsbr.c uip/ttyd.h uip/ttym.c uip/umhook.c uip/vmh.c uip/vmhsbr.c uip/vmhtest.c uip/whatnow.c uip/whatnowproc.c uip/whatnowsbr.c uip/whom.c uip/wmh.c zotnet/Makefile zotnet/bboards.h zotnet/bboards/Makefile zotnet/bboards/bboards.h zotnet/bboards/getbbent.c zotnet/mf.h zotnet/mf/Makefile zotnet/mf/mf.c zotnet/mf/mf.h zotnet/mf/mmdfI/src/uucp/qu2uu_send.c zotnet/mf/mmdfI/src/uucp/rmail.c zotnet/mf/muinc.c zotnet/mf/uminc.c zotnet/mts.h zotnet/mts/Makefile zotnet/mts/client.c zotnet/mts/lock.c zotnet/mts/mts.c zotnet/tws.h zotnet/tws/Makefile zotnet/tws/date.c zotnet/tws/dtime.c zotnet/tws/dtimep.c zotnet/tws/dtimep.c-lexed zotnet/tws/dtimep.lex zotnet/tws/lexstring.c
diffstat 487 files changed, 3832 insertions(+), 21398 deletions(-) [+]
line wrap: on
line diff
--- a/FAQ	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/FAQ	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 Archive-name: mh-faq
-Last-modified: $Date$
-Version: $Revision$
+Last-modified: $Date: 2005/04/18 14:46:02 $
+Version: $Revision: 1.1.1.1 $
 
   This is a living list of frequently asked questions on the mailer
   user interface, Mail Handler, or MH.  The point of this is to
--- a/Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #	Instructions to Make, for compilation of MH modules
 #
 #	This file is automatically generated.  Do not edit!
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: Makefile,v 1.2 2005/04/19 15:25:01 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS) -k
--- a/conf/MH.mac-os-x	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/MH.mac-os-x	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -5,7 +5,7 @@
 
 # paths
 bin		/usr/local/mh/bin
-etc		/usr/local/lib/mh
+etc		/usr/local/mh/lib
 mandir		/usr/local/man
 jmandir		
 mail		/var/mail
@@ -56,4 +56,4 @@
 
 # Site specific options
 options	JAPAN MH_PLUS MIME MIME_HEADERS
-options	MORE='"/usr/local/bin/jless"' NNTP
+options	MORE='"/usr/local/bin/less"' NNTP
--- a/conf/Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,7 +1,7 @@
 ######################################################################
 #	Instructions to Make, for compilation of MH modules
 ######################################################################
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: Makefile,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:02 kono Exp $
 
 SHELL	=	/bin/sh
 
--- a/conf/config/MailAliases	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/config/MailAliases	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 ; See comments at end of this file
 ; This file is almost empty as MH now supports personal aliases.
-; @(#)$Id$
+; @(#)$Id: MailAliases,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 
 @BEGIN: BBSERVER
 <@(MHETCPATH)/BBoardAliases
--- a/conf/config/config.c	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/config/config.c	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 /* config.c - master MH configuration file */
 #ifndef	lint
-static char ident[] = "@(#)$Id$";
+static char ident[] = "@(#)$Id: config.c,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:02 kono Exp $";
 #endif	/* lint */
 
 /* @(MHWARNING) */
--- a/conf/config/mts.c	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/config/mts.c	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 /* mts.c - definitions for the mail transport system */
 #ifndef	lint
-static char ident[] = "@(#)$Id$";
+static char ident[] = "@(#)$Id: mts.c,v 1.2 2006/12/05 18:17:53 kono Exp $";
 #endif /* lint */
 
 /* LINTLIBRARY */
--- a/conf/doc/ADMIN.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/ADMIN.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: ADMIN.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .po +.75i
 .de $c                          \" Major Heading printer
 .ce
--- a/conf/doc/ali.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/ali.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: ali.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC ALI 1
 .NA
 ali \- list mail aliases
--- a/conf/doc/anno.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/anno.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: anno.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC ANNO 1
 .NA
 anno \- annotate messages
--- a/conf/doc/ap.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/ap.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: ap.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC AP 8
 .NA
 ap \- parse addresses 822-style
--- a/conf/doc/bbaka.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbaka.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbaka.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBAKA 8
 .NA
 bbaka \- generate an alias list for BBoards
--- a/conf/doc/bbc.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbc.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbc.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBC 1
 .NA
 bbc \- check on BBoards
--- a/conf/doc/bbexp.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbexp.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbexp.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBEXP 8
 .NA
 bbexp \- expunge the BBoards area
--- a/conf/doc/bbl.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbl.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbl.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBL 1
 .NA
 bbl \- manage a BBoard
--- a/conf/doc/bbleader.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbleader.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbleader.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBLEADER 1
 .NA
 BBleader \- responsiblities of an MH BBoard-leader
--- a/conf/doc/bboards.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bboards.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bboards.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBOARDS 1
 .NA
 bboards \- the UCI BBoards facility
--- a/conf/doc/bboards5.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bboards5.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bboards5.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBOARDS 5
 .NA
 BBoards \- BBoards database
--- a/conf/doc/bboards8.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bboards8.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bboards8.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBOARDS 8
 .NA
 bboards \- BBoards channel/mailer
--- a/conf/doc/bbtar.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/bbtar.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: bbtar.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BBTAR 8
 .NA
 bbtar \- generate the names of archive files to be put to tape
--- a/conf/doc/burst.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/burst.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: burst.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC BURST 1
 .NA
 burst \- explode digests into messages
--- a/conf/doc/comp.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/comp.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: comp.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC COMP 1
 .NA
 comp \- compose a message
--- a/conf/doc/conflict.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/conflict.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: conflict.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC CONFLICT 8
 .NA
 conflict \- search for alias/password conflicts
--- a/conf/doc/dist.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/dist.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: dist.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC DIST 1
 .NA
 dist \- redistribute a message to additional addresses
--- a/conf/doc/dp.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/dp.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: dp.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC DP 8
 .NA
 dp \- parse dates 822-style
--- a/conf/doc/fmtdump.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/fmtdump.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: fmtdump.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC FMTDUMP 8
 .NA
 fmtdump \- decode MH format files
--- a/conf/doc/folder.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/folder.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: folder.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC FOLDER 1
 .NA
 folder, folders \- set/list current folder/message
--- a/conf/doc/forw.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/forw.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: forw.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC FORW 1
 .NA
 forw \- forward messages
--- a/conf/doc/inc.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/inc.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: inc.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC INC 1
 .NA
 inc \- incorporate new mail
--- a/conf/doc/install-mh.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/install-mh.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: install-mh.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC INSTALL-MH 8
 .NA
 install-mh \- initialize the MH environment
--- a/conf/doc/mark.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mark.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mark.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MARK 1
 .NA
 mark \- mark messages
--- a/conf/doc/mf.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mf.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mf.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MF 1
 .NA
 muinc, musift, uminc, umsift \- mail filters
--- a/conf/doc/mh-alias.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-alias.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-alias.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-ALIAS 5
 .NA
 mh-alias \- alias file for MH message system
--- a/conf/doc/mh-chart.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-chart.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-chart.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .if '\*(ZZ'-man' \{\
 .SC MH-CHART 1
 .NA
--- a/conf/doc/mh-format.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-format.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-format.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-FORMAT 5
 .NA
 mh-format \- format file for MH message system
--- a/conf/doc/mh-hack.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-hack.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-hack.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-HACK 8
 .NA
 mh-hack \- how to hack MH
--- a/conf/doc/mh-mail.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-mail.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-mail.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-MAIL 5
 .NA
 mh-mail \- message format for MH message system
--- a/conf/doc/mh-mts.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-mts.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-mts.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-MTS 8
 .NA
 mh-mts \- the MH interface to the message transport system
--- a/conf/doc/mh-profile.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-profile.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-profile.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-PROFILE 5
 .NA
 mh-profile \- user profile customization for MH message handler
--- a/conf/doc/mh-sequence.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-sequence.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-sequence.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-SEQUENCE 5
 .NA
 mh-sequence \- sequence specification for MH message system
--- a/conf/doc/mh-tailor.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh-tailor.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-tailor.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MH-TAILOR 5
 .NA
 mh-tailor, mtstailor \- system customization for MH message handler
--- a/conf/doc/mh.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mh.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .if '\*(ZZ'-man' \{\
 .SC MH 1
 .NA
--- a/conf/doc/mhl.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhl.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhl.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHL 1
 .NA
 mhl \- produce formatted listings of MH messages
--- a/conf/doc/mhmail.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhmail.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhmail.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHMAIL 1
 .NA
 mhmail \- send or read mail
--- a/conf/doc/mhn.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhn.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhn.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHN 1
 .NA
 mhn \- multi-media MH
--- a/conf/doc/mhook.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhook.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhook.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHOOK 1
 .NA
 mhook, rcvdist, rcvpack, rcvtty  \- MH receive-mail hooks
--- a/conf/doc/mhparam.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhparam.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhparam.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHPARAM 1
 .NA
 mhparam \- print MH profile components
--- a/conf/doc/mhpath.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/mhpath.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mhpath.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MHPATH 1
 .NA
 mhpath \- print full pathnames of MH messages and folders
--- a/conf/doc/msgchk.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/msgchk.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: msgchk.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MSGCHK 1
 .NA
 msgchk \- check for messages
--- a/conf/doc/msh.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/msh.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: msh.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC MSH 1
 .NA
 msh \- MH shell (and BBoard reader)
--- a/conf/doc/next.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/next.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: next.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC NEXT 1
 .NA
 next \- show the next message
--- a/conf/doc/packf.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/packf.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: packf.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC PACKF 1
 .NA
 packf \- compress an MH folder into a single file
--- a/conf/doc/pick.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/pick.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: pick.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC PICK 1
 .NA
 pick \- select messages by content
--- a/conf/doc/pop5.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/pop5.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: pop5.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POP 5
 .NA
 POP \- POP database of subscribers
--- a/conf/doc/pop8.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/pop8.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: pop8.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POP 8
 .NA
 pop \- POP channel/mailer
--- a/conf/doc/popaka.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/popaka.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: popaka.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POPAKA 8
 .NA
 popaka \- generate POP entries for SendMail or MMDF\-II alias file
--- a/conf/doc/popauth.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/popauth.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: popauth.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POPAUTH 8
 .NA
 popauth - manipulate POP authorization DB
--- a/conf/doc/popd.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/popd.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: popd.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POPD 8
 .NA
 popd \- the POP server
--- a/conf/doc/popi.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/popi.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: popi.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POPI 1
 .NA
 popi \- POP initiator
--- a/conf/doc/popwrd.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/popwrd.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: popwrd.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POPWRD 8
 .NA
 popwrd \- set password for a POP subscriber
--- a/conf/doc/post.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/post.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: post.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC POST 8
 .NA
 post \- deliver a message
--- a/conf/doc/prev.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/prev.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: prev.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC PREV 1
 .NA
 prev \- show the previous message
--- a/conf/doc/prompter.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/prompter.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: prompter.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC PROMPTER 1
 .NA
 prompter \- prompting editor front-end for MH
--- a/conf/doc/rcvstore.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/rcvstore.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: rcvstore.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC RCVSTORE 1
 .NA
 rcvstore \- incorporate new mail asynchronously
--- a/conf/doc/refile.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/refile.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: refile.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC REFILE 1
 .NA
 refile \- file message in other folders
--- a/conf/doc/repl.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/repl.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: repl.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC REPL 1
 .NA
 repl \- reply to a message
--- a/conf/doc/rmail.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/rmail.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: rmail.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC RMAIL 8
 .NA
 rmail \- UUCP interface to mail
--- a/conf/doc/rmf.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/rmf.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: rmf.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC RMF 1
 .NA
 rmf \- remove an MH folder
--- a/conf/doc/rmm.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/rmm.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: rmm.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC RMM 1
 .NA
 rmm \- remove messages
--- a/conf/doc/scan.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/scan.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: scan.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC SCAN 1
 .NA
 scan \- produce a one line per message scan listing
--- a/conf/doc/send.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/send.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: send.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC SEND 1
 .NA
 send \- send a message
--- a/conf/doc/show.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/show.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: show.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC SHOW 1
 .NA
 show \- show (list) messages
--- a/conf/doc/slocal.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/slocal.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: slocal.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC SLOCAL 1
 .NA
 slocal \- special local mail delivery
--- a/conf/doc/sortm.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/sortm.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: sortm.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC SORTM 1
 .NA
 sortm \- sort messages
--- a/conf/doc/tmac.h	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/tmac.h	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: tmac.h,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .\"    Try to keep only one copy of the documentation around
 .\"    by re-defining macros and so forth.
 .\"
--- a/conf/doc/vmh.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/vmh.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: vmh.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC VMH 1
 .NA
 vmh \- visual front-end to MH
--- a/conf/doc/whatnow.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/whatnow.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: whatnow.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC WHATNOW 1
 .NA
 whatnow \- prompting front-end for send
--- a/conf/doc/whom.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/whom.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: whom.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC WHOM 1
 .NA
 whom \- report to whom a message would go
--- a/conf/doc/wmh.rf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/doc/wmh.rf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 .\"	@(MHWARNING)
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: wmh.rf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 .SC WMH 1
 .NA
 wmh \- window front\-end to MH
--- a/conf/examples/README	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/examples/README	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,4 +1,4 @@
-$Id$
+$Id: README,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 These files are contributed MH config files from various sites.
 Newer files give the version of MH and OS release number which
 they are configured for.
--- a/conf/makefiles/MH-Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/MH-Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #	Instructions to Make, for compilation of MH modules
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: MH-Makefile,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS) -k
--- a/conf/makefiles/config	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/config	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MH modules
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: config,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 OPTIONS	=	@(MHOPTIONS)
--- a/conf/makefiles/dist	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/dist	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for generation of MH documentation sets
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: dist,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS) -k
--- a/conf/makefiles/doc	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/doc	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for generation of MH manual entries
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: doc,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 BINDIR  =	$(DESTDIR)@(MHBINPATH)
--- a/conf/makefiles/mts/mh	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/mts/mh	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of standalone-MTS library
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: mh,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/mts/mmdf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/mts/mmdf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MMDF-MTS library 
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: mmdf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/mts/sendmail	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/mts/sendmail	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of SendMail/SMTP-MTS library
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: sendmail,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/mtsM	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/mtsM	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MTS-specific libraries
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: mtsM,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/papers	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/papers	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MH papers
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: papers,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS)
--- a/conf/makefiles/sbr	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/sbr	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MH modules
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: sbr,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 OPTIONS	=	@(MHOPTIONS)
--- a/conf/makefiles/support/bboards	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/support/bboards	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for BBoards support processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: bboards,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/support/general	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/support/general	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for general support processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: general,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/support/pop	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/support/pop	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #	Instructions to Make, for POP support processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: pop,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/supportM	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/supportM	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for MH support processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: supportM,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS)
--- a/conf/makefiles/uip	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/uip	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MH processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: uip,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/zotnet/bboards	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/zotnet/bboards	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of ZOT UIP/utility processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: bboards,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/zotnet/mf	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/zotnet/mf	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of ZOT UIP/utility processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: mf,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/zotnet/mts	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/zotnet/mts	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of ZOT UIP/utility processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: mts,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/zotnet/tws	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/zotnet/tws	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of ZOT UIP/utility processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: tws,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/makefiles/zotnetM	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/makefiles/zotnetM	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of ZOT UIP/utility processes
 #
 #	@(MHWARNING)
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: zotnetM,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 # The following entries were inserted during MH configuration
--- a/conf/mh-gen.8	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/mh-gen.8	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" @(#)$Id$
+.\" @(#)$Id: mh-gen.8,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:02 kono Exp $
 .\" uneven inter-word spacing (nroff line adjusting) hampers readability
 .if n .na
 .TH MH-GEN 8 MH.6.8.4 [mh.6]
--- a/conf/mhconfig.c	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/mhconfig.c	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,7 +1,7 @@
 /* mhconfig.c - configure MH */
 /* cc [-DSYS5] mhconfig.c -o mhconfig */
 #ifndef	lint
-static char ident[] = "@(#)$Id$";
+static char ident[] = "@(#)$Id: mhconfig.c,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:02 kono Exp $";
 #endif	/* lint */
 
 #include <ctype.h>
--- a/conf/mhdoc	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/conf/mhdoc	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 #! /bin/sh
-# '@(#)$Id$'
+# '@(#)$Id: mhdoc,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:02 kono Exp $'
 
 echo grinding...
 
--- a/config/Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for compilation of MH modules
 #
 #	This file is automatically generated.  Do not edit!
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: Makefile,v 1.2 2005/04/19 15:25:05 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 OPTIONS	=	-DATHENA -DDUMB -DFOLDPROT='"0700"' -DGCOS_HACK -DISI -DMHE -DMHRC -DMSGPROT='"0600"' -DOVERHEAD -DRPATHS -DSBACKUP='"\043"' -DWHATNOW -DBIND -DBSD42 -DBSD43 -DBSD44 -DDBMPWD -DNORUSERPASS -DPOSIX -DSETMG -DSYS5DIR -DUNISTD -DVSPRINTF -DWAITINT -DZONEINFO -DPOPSERVICE='"pop"' -DAPOP -DJAPAN -DMH_PLUS -DMIME -DMIME_HEADERS -DMORE='"/usr/local/bin/less"' -DNNTP -DMAILGROUP -DSENDMTS -DSMTP -DPOP -DSPRINTFTYPE=int -DTYPESIG=void -O2 -g
--- a/config/config.c	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/config.c	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 /* config.c - master MH configuration file */
 #ifndef	lint
-static char ident[] = "@(#)$Id$";
+static char ident[] = "@(#)$Id: config.c,v 1.3 2006/12/05 18:17:54 kono Exp $";
 #endif	/* lint */
 
 /* This file is automatically generated.  Do not edit! */
@@ -16,10 +16,10 @@
 
 #if	defined(__STDC__)
 #define	binpath(file) "/usr/local/mh/bin/"#file
-#define	etcpath(file) "/usr/local/lib/mh/"#file
+#define	etcpath(file) "/usr/local/mh/lib/"#file
 #else
 #define binpath(file) "/usr/local/mh/bin/file"
-#define etcpath(file) "/usr/local/lib/mh/file"
+#define etcpath(file) "/usr/local/mh/lib/file"
 #endif
 
 static char Config[] = "@(#)Config: MH";
--- a/config/config.s	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/config.s	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,7 +1,7 @@
 .data
 	.align 2
 _ident:
-	.ascii "@(#)$Id$\0"
+	.ascii "@(#)$Id: config.s,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $\0"
 	.align 2
 _Config:
 	.ascii "@(#)Config: MH\0"
--- a/config/version	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/version	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,1 +1,1 @@
-6.8.3.71
+6.8.3.97
--- a/config/version.c	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/version.c	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 #ifndef JAPAN
-char *version = "@(#)MH 6.8.3 #98[UCI] (nirai.ie.u-ryukyu.ac.jp) of Wed Dec 6 02:49:49 JST 2006";
+char *version = "@(#)MH 6.8.3 #97[UCI] (leo.cr.ie.u-ryukyu.ac.jp) of Sat Apr 21 12:32:34 JST 2012";
 #else /* JAPAN */
-char *version = "@(#)MH 6.8.3.JP-pre3.05-20010615 #98[UCI] (nirai.ie.u-ryukyu.ac.jp) of Wed Dec 6 02:49:49 JST 2006";
+char *version = "@(#)MH 6.8.3.JP-pre3.05-20010615 #97[UCI] (leo.cr.ie.u-ryukyu.ac.jp) of Sat Apr 21 12:32:34 JST 2012";
 #endif /* JAPAN */
--- a/config/version.sh	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/config/version.sh	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -1,5 +1,5 @@
 #! /bin/sh
-# '@(#)$Id$'
+# '@(#)$Id: version.sh,v 1.1.1.1 2005/04/18 14:46:03 kono Exp $'
 
 # patch by takada@seraph.ntt.jp and hayashi@kuic.kyoto-u.ac.jp  -- 92/12/21
 # modified by the assistance of shigeya@foretune.co.jp		-- 93/01/29
--- a/dist/Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/dist/Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for generation of MH documentation sets
 #
 #	This file is automatically generated.  Do not edit!
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: Makefile,v 1.2 2005/04/19 15:25:06 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 MAKE	=	make DESTDIR=$(DESTDIR) $(MFLAGS) -k
--- a/doc/ADMIN.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,902 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.po +.75i
-.de $c                          \" Major Heading printer
-.ce
-.b "\\s12\\n+(ch.\\ \\$1\\s0"   \" 12 Point Bold Header
-.(x
-
-\ \ \ \\n(ch.\\ \\ \\$1
-.)x
-.sp 45p         \" 45 point space or about 1/2 inch
-..
-\".nr xs .15v     \" Put index entries closer together
-.(x
-
-Section
-.)x _
-.de $0          \" Sub-Heading macro called AFTER printing the heading
-.(x
-.sp .3v
-.ti .5i
-\\$1
-.)x
-..
-.de $s          \" Macro to print footnote separator
-\"\l'2i'        \" No line drawn
-.if n \
-.       sp 1.3  \" But extra space to make up for it.
-..
-.fc ^ ~         \" The characters ^ and ~ CANNOT BE USED
-\"                 throughout this document except as field
-\"                 delimiter & pad indicator!
-.he ''-%-''
-.ll 32P         \" 32 Picas or about 5+1/3 inch Line Length
-.if n .ll 72m   \" Use 72 ems for nroff
-.nr ss 30p      \" 30 point space before section titles
-.nr fm 5v       \" RAND likes bigger than normal [3v] bottom margins
-.nr bm 7v       \"   ditto
-.ds . \\fB.\\fP\\h'-(1m/3)' \" Bold period to stand out.
-.ds << <\\h!-(\\w'<'/2)!<
-.ds >> >\\h!-(\\w'>'/2)!>
-.ds ** \v'-3p'\s+1*\s0\v'+3p'
-.so version.rf
-.tp
-.(l C
-\fIdiscard this page\fR
-.sp 4
-The RAND \fIMH\fR
-Message Handling
-System:
-Administrator's Guide
-.sp
-UCI Version
-.sp 2
-\*(td
-\*(MH
-.)l
-.++ C
-.+c INTRODUCTION
-
-.uh "Scope of this document"
-.pp
-This is the Administrator's Guide to \fIMH\fR.
-If you don't maintain an \fIMH\fR system,
-don't read this;
-the information is entirely too technical.
-If you are a maintainer,
-then read this guide until you understand it,
-follow the advice it gives,
-and then forget about the guide.
-.pp
-Before continuing, I'll point out two facts:
-.sp 2
-.(l C
-\fIThis document will never contain all the information
-you need to maintain MH.
-.sp
-Furthermore, this document will never contain everything
-I know about maintaining MH.\fR
-.)l
-.sp 2
-\fIMH\fR,
-and mailsystems in general,
-are more complex than most people realize.
-A combination of experience, intuition, and tenacity is required to maintain
-\fIMH\fR properly.
-This document can provide only guidelines for bringing up an \fIMH\fR system
-and maintaining it.
-There is a sufficient amount of customization possible that not all events or
-problems can be forseen.
-
-.uh "Summary"
-.pp
-During \fIMH\fR generation,
-you specify several configuration constants to the \fImhconfig\fR program.
-These directives take into consideration such issues as hardware and
-operating system dependencies in the source code.
-They also factor out some major mailsystem administrative decisions
-that are likely to be made consistantly at sites with more than one host.
-The manual entry \fImh\-gen\fR\0(8) describes all the static configuration
-directives.
-.pp
-However,
-when you install \fIMH\fR you may wish to make some site\-specific
-or host\-specific changes which aren't hardware or even software related.
-Rather, they are administrative decisions.
-That's what this guide is for: it describes all of the dynamically tailorable
-directives.
-.pp
-Usually, after installing \fIMH\fR, you'll want to edit the
-\fB/usr/local/mh/lib/mtstailor\fR file.
-This file fine-tunes the way \fIMH\fR interacts with the message transport
-system (MTS).
-Section 2 talks about the MTS interface and MTS tailoring.
-.pp
-After that, if you're running the UCI BBoards facility,
-or the POP facility,
-you'll need to know how to maintain those systems.
-Sections 3 and 4 talk about these.
-.pp
-If for some reason
-you're not running an MTS that can handle both Internet and \fIUUCP\fR traffic,
-you should read\-up on mail filtering in Section 5.
-Although this is considered \*(lqold technology\*(rq now,
-the mechanisms described in Section 5 were really quite useful when
-first introduced way back in 1981.
-.pp
-Finally, you may want to know how to modify the \fIMH\fR source tree.
-Section 6 talks (a little bit) about that.
-.pp
-The last two sections describe a few hidden features in \fIMH\fR,
-and the configuration options that were in effect when this guide was
-generated.
-.pp
-After \fIMH\fR is installed, you should define the address \*(lqBug\-MH\*(rq
-to map to either you or the \fIPostMaster\fR at your site.
-.pp
-In addition,
-if you want to tailor the behavior of \fIMH\fR for new users,
-you can create and edit the file \fB/usr/local/mh/lib/mh.profile\fR.
-When the \fIinstall-mh\fR program is run for a user,
-if this file exists, it will copy it into the user's \&.mh\(ruprofile
-file.
-
-.\" macros for the .me/.man files
-.de SC
-.he '\\$1(\\$2)'-%-'\\$1(\\$2)'
-.bp
-.(x
-.ti .8i
-\\$1
-.)x
-..
-.de NA
-.b \\s-2NAME\\s0
-.ti .5i
-..
-.de SY
-.sp
-.b \\s-2SYNOPSIS\\s0
-.in 1i
-.ti .5i
-.na
-..
-.de DE
-.ad
-.sp
-.in 0
-.b  \\s-2DESCRIPTION\\s0
-.sp
-.fi
-.in .5i
-..
-.de Uh
-.ad
-.sp
-.ti .25i
-.b "\\s-2\\$1\\s0"
-.sp
-.fi
-..
-.de Hh
-.ad
-.sp
-.in 0
-.b "\\s-2Helpful Hints\\s0"
-.sp
-.fi
-.in .5i
-..
-.de Fi
-.(b L
-.ti 0
-.b \\s-2Files\\s0
-.ta \w'/usr/local/mh/lib/ExtraBigFileName  'u
-..
-.de Pr
-.)b
-.(b L F
-.ta \w'ExtraBigProfileName  'u
-.ti 0
-.b "\\s-2Profile Components\\s0"
-.ti .5i
-..
-.de Ps
-.ti .5i
-..
-.de Sa
-.)b
-.(b L F
-.ti 0
-.b "\\s-2See Also\\s0"
-.br
-..
-.de De
-.)b
-.(b L
-.in .5i
-.ti 0
-.b \\s-2Defaults\\s0
-..
-.de Ds
-..
-.de Co
-.)b
-.(b L F
-.ti 0
-.b \\s-2Context\\s0
-.br
-..
-.de Hi
-.)b
-.(b L F
-.ti 0
-.b \\s-2History\\s0
-.br
-..
-.de Bu
-.)b
-.(b L F
-.ti 0
-.b \\s-2Bugs\\s0
-.br
-..
-.de En
-.)b
-.in 0
-..
-
-.+c "THE MTS INTERFACE"
-.pp
-The file \fB/usr/local/mh/lib/mtstailor\fR customizes
-certain host\-specific parameters of \fIMH\fR
-related primarily to interactions with the transport system.
-The parameters in this file override the compiled\-in defaults given during
-\fIMH\fR configuration.
-Rather than recompiling \fIMH\fR on each host to make minor customizations,
-it is easier simply to modify the \fBmtstailor\fR file.
-All hosts at a given site normally use the same \fBmtstailor\fR file,
-though this need not be the case.
-.pp
-It is a good idea to run the \fIconflict\fR\0(8) program each morning
-under \fIcron\fR.
-The following line usually suffices:
-
-.ti +.5i
-00 05 * * * /usr/local/mh/lib/conflict -mail PostMaster
-
-.if t \{
-.ll 6.5i
-.lt 6.5i
-\}
-.fo '[mh.6]'MH.6.8'UCI version'
-.po -.50i
-.so mh-tailor.me
-.so mh-mts.me
-.po +.50i
-.he ''-%-''
-.fo ''''
-.br
-.if t \{
-.ll 32P
-.lt 32P
-\}
-
-.+c "BBOARDS"
-.pp
-The UCI BBoards facility has two aspects: message reading, and
-message delivery.  The configuration directives applicable to
-BBoards are \*(lqbboards: on/off/pop/nntp\*(rq and
-\*(lqbbdelivery: on/off\*(rq.
-.uh "BBoard Delivery"
-.pp
-If you enabled BBoards delivery (\*(lqbbdelivery: on\*(rq)
-during configuration,
-then the initial environment for bboards delivery
-was set\-up during installation.
-A BBoard called \*(lqsystem\*(rq is established,
-which is the BBoard for general discussion.
-.pp
-To add more BBoards, become the \*(lqbboards\*(rq user,
-and edit the \fB/BBoards\fR file.
-The file \fBsupport/bboards/Example\fR is a copy of the
-\fB/BBoards\fR file that we use at UCI.
-When you add a BBoard,
-you don't have to create the files associated with it,
-the BBoards delivery system will do that automatically.
-.pp
-Private BBoards may be created.
-To add the fictitious private BBoard \*(lqhacks\*(rq,
-add the appropriate entry to the BBoards file,
-create the empty file \fB/hacks.mbox\fR (or whatever),
-change the mode of this file to 0640,
-and change the group of the file to be the groupid of the people that you
-want to be able to read it.
-Also be sure to add the \*(lqbboards\*(rq user to this group
-(in \fB/etc/group\fR),
-so the archives can be owned correctly.
-.pp
-By using the special INVIS flag for a BBoard,
-special purpose BBoards may be set\-up which are invisible to the \fIMH\fR
-user.
-For example,
-if a site distributes a BBoard both locally to a number of machines and to a
-number of distant machines.
-It might be useful to have two distribution lists:
-one for all machines on the list, and the other for local machines only.
-This is actually very simple to do.
-For the main list,
-put the standard entry of information in the \fB/BBoards\fR file,
-with the complete distribution list.
-For the local machines list,
-and add a similar entry to the \fB/BBoards\fR file.
-All the fields should be the same except three:
-the BBoard name should reflect a local designation (e.g., \*(lql\-hacks\*(rq),
-the distribution list should contain only machines at the local site,
-and the flags field should contain the INVIS flag.
-Since the two entries share the same primary and archive files,
-messages sent to either list are read by local users,
-while only thoses messages sent to the main list are read by all users.
-.pp
-Two automatic facilities for dealing with BBoards exist:
-automatic archiving and automatic aliasing.
-The file \fBsupport/bboards/crontab\fR contains some entries that you
-should add to your \fB/usr/lib/crontab\fR file to run the specified programs
-at times that are convenient for you.
-The \fBbboards.daily\fR file is run once a day and generates an alias file
-for \fIMH\fR.
-By using this file, users of \fIMH\fR can use, for example,
-\*(lqunix\-wizards\*(rq instead of \*(lqunix\-wizards@brl\-vgr\*(rq
-when they want to send a message to the \*(lqunix\-wizards\*(rq
-discussion group.
-This is a major win, since you just have to know the name of the group,
-not the address where it's located.
-.pp
-The \fBbboards.weekly\fR file is run once a week and handles old
-messages (those received more than 12 days ago) in the BBoards area.
-In short,
-those BBoards which are marked for automatic archiving
-will have their old messages placed in the \fB/archive/\fR area,
-or have their old messages removed.
-Not only does this make BBoards faster to read,
-but it conveniently partitions the new messages from the old messages
-so you can easily put the old messages on tape and then remove them.
-It turns out that this automatic archiving capability is also a major
-win.
-.pp
-At UCI,
-our policy is to save archived messages on tape (every two months or so).
-We use a program called \fIbbtar\fR to implement our particular policy.
-Since some BBoards are private (see above),
-we save the archives on two tapes:
-one containing the world\-readable archives
-(this tape is read-only accessible to all users by calling the operator),
-and the other containing the non\-world\-readable ones
-(this tape is kept locked\-up somewhere).
-.uh "BBoards with the POP"
-.pp
-If you configured \fIMH\fP with \*(lqbboards: pop\*(rq and \*(lqpop: on\*(rq,
-then the \fIMH\fR user is allowed to read BBoards on a server machine
-instead of the local host (thus saving disk space).
-For completely transparent behavior,
-the administrator may set certain variables in the \fBmtstailor\fR file
-on the client host.
-The variable \*(lqpopbbhost\*(rq indicates the host where BBoards are
-kept
-(it doesn't have to be the POP service host,
-but this host must run both a POP server and the BBoards system).
-The variable \*(lqpopbbuser\*(rq indicates the guest account on this host
-for BBoards.
-This username should not be either the POP user or the BBoards user.
-Usually the anonymous FTP user (ftp) is the best choice.
-Finally, the variable \*(lqpopbblist\*(rq indicates the name of a file which
-contains a list of hosts (one to a line, official host names only) which
-should be allowed to use the POP facility to access BBoards via the guest
-account.
-(If the file is not present, then no check is made.)
-.pp
-The \*(lqpopbbuser\*(rq variable should be set on both the client and service
-host.
-The \*(lqpopbbhost\*(rq variable need be set only on the client host
-(the value, of course, is the name of the service host).
-The \*(lqpopbblist\*(rq variable need be set only on the service host.
-.pp
-Finally,
-on the client host,
-if a POP service host is not explicitly given by the user
-(i.e., \*(lqpopbbhost\*(rq is implicitly used),
-then \fIbbc\fR will explicitly check the local host prior to contacting
-the service host.
-This allows each POP client host to have a few local BBoards
-(e.g., each host could have one called \*(lqsystem\*(rq),
-and then have the POP service host used for all the rest
-(a site\-wide BBoard might be known as \*(lqgeneral\*(rq).
-.uh "BBoards with the NNTP"
-.pp
-If you configured \fIMH\fP with \*(lqbboards: nntp\*(rq and \*(lqpop: on\*(rq,
-then 
-the \fIMH\fR user is allowed to read the Network News on a
-server machine using the standard \fIbbc\fR command.
-For completely transparent behavior,
-the administrator may set the \*(lqnntphost\*(rq variable in the
-\fBmtstailor\fR file to indicate the host where the Network News is kept.
-The \*(lqnntphost\*(rq variable should be set only on the client host
-Finally,
-on the client host,
-if an NNTP service host is not explicitly given by the user
-(i.e., \*(lqnntphost\*(rq is implicitly used),
-then \fIbbc\fR will explicitly check the local host prior to contacting
-the service host.
-This allows each NNTP client host to have a few local BBoards
-(e.g., each host could have one called \*(lqsystem\*(rq),
-and then have the NNTP service host used for to read the Network News.
-.pp
-Reading BBoards via the POP and via the NNTP are mutually exclusive.
-.if t \{
-.ll 6.5i
-.lt 6.5i
-\}
-.fo '[mh.6]'MH.6.8'UCI version'
-.po -.50i
-.so bboards5.me
-.so bbaka.me
-.so bbexp.me
-.so bboards8.me
-.so bbtar.me
-.po +.50i
-.he ''-%-''
-.fo ''''
-.br
-.if t \{
-.ll 32P
-.lt 32P
-\}
-
-.+c "POP"
-.pp
-For POP (Post Office Protocol) client hosts,
-you need to edit the \fB/usr/local/mh/lib/mtstailor\fR file to know about two
-hosts:
-the SMTP service host and the POP service host.
-Normally, these are the same.
-Change the \*(lqlocalname\*(rq field of the \fBmtstailor\fR file
-of \fIMH\fR in the file to be the name of the POP service host.
-This makes replies to mail generated on the POP client host possible,
-since \fIMH\fR will consider use the hostname of the POP service host as the
-local hostname for outgoing mail.
-Also set the value of \*(lqpophost\*(rq to this value.
-This tells \fIinc\fR and \fImsgchk\fR to use POP instead of looking for mail
-locally.
-Finally,
-make sure the value of \*(lqservers\*(rq includes the name of the SMTP
-service host.
-The recommended value for \*(lqservers\*(rq is:
-
-.ti +.5i
-servers:\ SMTP\-service\-host localhost \\01localnet
-.pp
-If you want more information on the Post Office Protocol used by \fIMH\fR,
-consult the files \fBsupport/pop/rfc1081.txt\fP and
-\fBsupport/pop/rfc1082.txt\fP which describe the \fIMH\fP version of
-the POP: POP3.
-.pp
-For POP service hosts,
-you need to run a daemon, \fIpopd\fR\0(8).
-The daemon should start at multi\-user boot time,
-so adding the lines:
-.sp
-.nf
-.in +.5i
-if [ \-f /etc/popd ]; then
-    /etc/popd & echo \-n ' pop'			>/dev/console
-fi
-.in -.5i
-.fi
-.sp
-to the \fB/etc/rc.local\fR file is sufficient.
-.pp
-The port assigned to the POP3 protocol is \*(lq110\*(rq.
-For historical reasons, many sites are using port \*(lq109\*(rq
-which is the port assigned to the \*(lqPOP\*(rq (version 1 and 2) protocol.
-The configuration option \*(lqPOPSERVICE\*(rq is the name of the
-port number that \fIMH\fP POP will try to use, and defaults to the
-name \*(lqpop\*(rq.
-.pp
-To generate \fIMH\fP to use newer assigned port number,
-in your \fIMH\fP config file, add:
-.sp
-.ti +.5i
-options	POPSERVICE='\*(lqpop3\*(rq'
-.sp
-And on both the POP client and service hosts,
-you need to define the port that the POP service uses.
-Add the line:
-.sp
-.nf
-.in +.5i
-pop3		110/tcp
-.in -.5i
-.fi
-.sp
-to the \fB/etc/services\fR file (if it's not already there).
-.pp
-There are two ways to administer POP:
-In \*(lqnaive\*(rq mode,
-each user-id in the \fIpasswd\fR\0(5) file is considered a POP subscriber.
-No changes are required for the mailsystem on the POP service host.
-However,
-this method requires that each POP subscriber have an entry in the password
-file.
-The POP server will fetch the user's mail from wherever maildrops are kept on
-the POP service host.
-This means that if maildrops are kept in the user's home directory,
-then each POP subscriber must have a home directory.
-.pp
-In \*(lqsmart\*(rq mode
-(enabled via \*(lqDPOP\*(rq being given as a configuration option),
-the list of POP subscribers and the list of
-login users are completely separate name spaces.
-A separate database (simple file similar to the \fIBBoards\fR\0(5) file)
-is used to record information about each POP subscriber.
-Unfortunately,
-the local mailsystem must be changed to reflect this.
-This requires two changes (both of which are simple):
-First,
-the aliasing mechanism is augmented so that POP subscriber addresses
-are diverted to a special delivery mechanism.
-\fIMH\fR comes with a program, \fIpopaka\fR\0(8),
-which generates the additional information to be put in the mailsystem's
-alias file.
-Second,
-a special POP channel (for MMDF-II) or POP mailer (for SendMail)
-performs the actual delivery (\fImh.6\fR supplies both).
-All it really does is just place the mail in the POP spool area.
-.pp
-These two different philosophies are not compatible on the same POP service
-host: one or the other, but not both may be run.
-Clever mailsystem people will note that
-the POP mechanism is really a special case of the more general
-BBoards mechanism.
-.pp
-In addition, there is one user-visible difference,
-which the administrator controls the availability of.
-The difference is whether the POP subscriber must supply a password to the POP
-server:
-The first method uses the standard ARPA technique of sending a username and a
-password.
-The appropriate programs (\fIinc\fR, \fImsgchk\fR, and possibly \fIbbc\fR\0)
-will prompt the user for this information.
-.pp
-The second method
-(which is enabled via \*(lqRPOP\*(rq being given as a configuration option)
-uses the Berkeley UNIX reserved port method for authentication.
-This requires that the two or three mentioned above programs be
-\fIsetuid\fR to root.
-(There are no known holes in any of these programs.)
-.pp
-To add a POP subscriber,
-for the first method, one simply follows the usual procedures for adding a
-new user, which eventually results in adding a line to the \fIpasswd\fR\0(5)
-file;
-for the second method, one must edit the POP database file
-(kept in the home directory of the POP user),
-and then run the \fIpopaka\fR program.
-The output of this program is placed in the aliases file for the transport
-system (e.g., \fB/usr/lib/aliases\fR for SendMail).
-.pp
-Authentication for POP subscribers differs
-depending on the two methods.
-When the user supplies a password for the POP session:
-under the first method,
-the contents of the password field for the user's entry in the
-\fIpasswd\fR\0(5) is consulted;
-under the second method,
-the contents of the password field for the subscriber's entry in the
-\fIpop\fR\0(5) file is consulted.
-(To set this field, the \fIpopwrd\fR\0(8) program is used.)
-.pp
-If you are allowing RPOP,
-under the first method,
-the user's \fI\&.rhosts\fR file is consulted;
-under the second method,
-the contents of the network address field for the subscriber's entry
-in the \fIpop\fR\0(5) file is consulted.
-.pp
-In addition,
-a third authentication scheme is available.
-When the APOP configuration option is given,
-e.g.,
-.sp
-.ti +.5i
-options	APOP='\*(lq/etc/pop.auth\*(rq'
-.sp
-In this case,
-the server also allows a client to supply authentication
-credentials to provide for origin authentication and reply protection,
-but which do not involve sending a password in the clear over the network.
-A POP authorization DB,
-having as its name the value of APOP configuration option,
-is used to keep track of this information.
-This file is created and manipulated by the \fIpopauth\fR\0(8) program.
-Because this file contains secret information,
-it must be protected mode 0600 and owned by the super-user.
-Hence,
-your first step after installing the software is to issue
-.sp
-.ti +.5i
-# popauth -init
-.sp
-which creates and initalizes the POP authorization DB.
-.if t \{
-.ll 6.5i
-.lt 6.5i
-\}
-.fo '[mh.6]'MH.6.8'UCI version'
-.po -.50i
-.so pop5.me
-.so pop8.me
-.so popaka.me
-.so popauth.me
-.so popd.me
-.so popwrd.me
-.po +.50i
-.he ''-%-''
-.fo ''''
-.br
-.if t \{
-.ll 32P
-.lt 32P
-\}
-
-.+c "MAIL FILTERING"
-.pp
-There was a time when users on a UNIX host might have had two maildrops:
-one from \fIMMDF\fR and the other from \fIUUCP\fR.
-This was really a bad problem since it prevented using a single
-user\-interface on all of your mail.
-Furthermore,
-if you wanted to send a message to addresses on different mailsystems,
-you couldn't send just one message.
-To solve all these problems,
-the notion of \fImail filtering\fR was developed that allowed sophisticated
-munging and relaying between the two pseudo\-domains.
-.pp
-\fIMH\fR will perform mail filtering, transparently, if given the MF
-configuration option.
-However,
-with the advent of \fISendMail\fR and further maturation of \fIMMDF\fR,
-\fIMH\fR doesn't really need to do this anymore,
-since these message transport agents handle it.
-.pp
-The mail\-filtering stuff is too complicated.
-It should be simpler, but, protocol translation really \fIis\fR difficult.
-.if t \{
-.ll 6.5i
-.lt 6.5i
-\}
-.fo '[mh.6]'MH.6.8'UCI version'
-.po -.50i
-.so mf.me
-.so rmail.me
-.po +.50i
-.he ''-%-''
-.fo ''''
-.br
-.if t \{
-.ll 32P
-.lt 32P
-\}
-
-.+c "MH HACKING"
-.pp
-Finally, here's a little information on modifying the \fIMH\fR sources.
-A word of advice however:
-.sp 2
-.ce
-.b \s+4DON'T\s0
-.sp 2
-.lp
-If you really want new \fIMH\fR capabilities,
-write a shell script instead.
-After all, 
-that's what UNIX is all about, isn't it?
-.pp
-Here's the organization of the \fIMH\fR source tree.
-.sp
-.nf
-.in +.5i
-.ta \w'miscellany/  'u +\w'sendmail/  'u
-conf/	configurator tree
-config/	compiled configuration constants
-dist/	distributor
-doc/	manual entries
-h/	include files
-miscellany/	various sundries
-mts/	MTS\-specific areas
-	mh/	standalone delivery
-	mmdf/	MMDF\-I, MMDF\-II
-	sendmail/	SendMail, SMTP
-papers/	papers about \fIMH\fR
-sbr/	subroutines
-support/	support programs and files
-	bboards/	UCI BBoards facility
-	general/	templates
-	pop/	POP facility
-tma/	Trusted Mail Agent (not present in all distributions)
-uip/	programs
-zotnet/	MTS\-independent areas
-	bboards/	UCI BBoards facility
-	mf/	Mail Filtering
-	mts/	MTS constants
-	tws/	date routines
-.re
-.in -.5i
-.fi
-.if t \{
-.ll 6.5i
-.lt 6.5i
-\}
-.fo '[mh.6]'MH.6.8'UCI version'
-.po -.50i
-.so mh-hack.me
-.po +.50i
-.he ''-%-''
-.fo ''''
-.br
-.if t \{
-.ll 32P
-.lt 32P
-\}
-
-.+c "HIDDEN FEATURES"
-.pp
-The capabilities discussed here should not be used on a production basis,
-as they are either experimental, are useful for debugging \fIMH\fR, or
-are otherwise not recommended.
-
-.uh "Debug Facilities"
-.pp
-The \fImark\fR command has a `\-debug' switch which essentially prints out
-all the internal \fIMH\fR data structures for the folder you're looking at.
-.pp
-The \fIpost\fR command has a `\-debug' switch which does everything but
-actually post the message for you.
-Instead of posting the draft, it sends it to the standard output.
-Similarly,
-\fIsend\fR has a `\-debug' switch which gets passed to \fIpost\fR.
-.pp
-Some \fIMH\fR commands look at envariables to determine debug\-mode operation
-of certain new facilities.
-The current list of envariables is:
-.sp
-.nf
-.in +.5i
-.ta \w'MHLPOPDEBUG  'u
-^MHFDEBUG~^OVERHEAD facility
-^MHLDEBUG~^mhl
-^MHPDEBUG~^pick
-^MHPOPDEBUG~^POP transactions
-^MHVDEBUG~^window management transactions
-^MHWDEBUG~^alternate\-mailboxes
-.re
-.in -.5i
-.fi
-
-.uh "Forwarding Mail"
-.pp
-The \fIforw\fR and \fImhl\fR commands have two switches,
-`\-dashmunging' and `\-nodashmunging' which enable or disable
-the prepending of `\-\ ' in forwarded messages.  To use 
-`\-nodashmunging', you must use an \fImhl\fR filter file.
-
-.uh "Send"
-.pp
-The \fIsend\fR command has two switches, `\-unique' and `\-nounique',
-which are useful to certain individuals who, for obscure reasons,
-do not use draft\-folders.
-.pp
-\*(lqDistribution Carbon Copy\*(rq addresses may be specified in
-the \fIDcc:\fR header.  
-This header is removed before posting the message,and a copy of the message
-is distributed to each listed address.
-This could be considered a form of Blind
-Carbon Copy which is best used for sending to an address which 
-would never reply (such as an auto\-archiver).
-
-.uh "Posting Mail"
-.pp
-If you're running a version of \fIMH\fR which talks directly to an
-\fISMTP\fR server (or perhaps an advanced \fIMMDF\fR submit process),
-there are lots of interesting switches for your amusement which \fIsend\fR
-and \fIpost\fR understand:
-.nf
-.in +.5i
-.ta \w'-server host  'u
-^-mail~^Use the \fIMAIL\fR command (default)
-^-saml~^Use the \fISAML\fR command
-^-send~^Use the \fISEND\fR command
-^-soml~^Use the \fISOML\fR command
-^-snoop~^Watch the \fISMTP\fR transaction
-^-client host~^Claim to be \*(lqhost\*(rq when posting mail
-^-server host~^Post mail with \*(lqhost\*(rq
-.re
-.in -.5i
-.fi
-.pp
-The last switch is to be useful when \fIMH\fR resides on small
-workstations (or PC:s) in a network\-\-they can post their outgoing mail with
-a local relay,
-and reduce the load on the local system.
-On POP client hosts,
-the `\-server\ host' switch is defaulted appropriately using the SMTP
-search\-list mechanism.
-The \fIwhom\fR command understands the last three switches.
-
-.+c "CONFIGURATION OPTIONS"
-.pp
-This manual was generated with the following configuration options in
-effect:
-.sp 2
-.hl
-.nf
-.in +1.25i
-.ta \w'BBoards Home Directory      'u
-^Generation Date~^\*(td
-^Primary Directory~^/usr/local/mh/bin/
-^Secondary Directory~^/usr/local/mh/lib/
-^Maildrop Location~^/var/mail/$USER
-^POP Support~^Enabled
-^BBoards using NNTP~^Enabled
-^Transport System~^SendMail \*(SM
-.re
-.in -1.5i
-.fi
-.hl
-.\"	table of contents
-.he ''''
-.fo ''''
-.bp
-.ce
-.b \\s12CONTENTS\\s0
-.sp 3
-.xp y
-.xp x
-.bp
-.\"	And now the COVER sheet
-.po +.325i
-.ll 32P
-.nf
- 
-.sp 1.5in
-.ps 24
-.vs 32
-.ft B
-.ce 4
-THE RAND MH
-MESSAGE HANDLING
-SYSTEM:
-ADMINISTRATOR'S GUIDE
-.ft R
-.sp .8i
-.ps 20
-.vs 24
-.ce
-UCI Version
-.sp 0.7i
-.ce 2
-Marshall T. Rose
-.sp 0.5i
-.ft I
-.ce 3
-First Edition:
-MH Classic
-\s-2(Not to be confused with a well\-known soft drink)\s+2
-.ft R
-.vs
-.sp 1i
-.ps 18
-.vs 22
-.ce 2
-\*(td
-\*(MH
--- a/doc/Makefile	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ b/doc/Makefile	Sat Apr 21 13:10:49 2012 +0900
@@ -2,7 +2,7 @@
 #    Instructions to Make, for generation of MH manual entries
 #
 #	This file is automatically generated.  Do not edit!
-# @(#)$Id$
+# @(#)$Id: Makefile,v 1.2 2005/04/19 15:25:06 kono Exp $
 ##############################################################################
 
 BINDIR  =	$(DESTDIR)/usr/local/mh/bin
--- a/doc/ali.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,57 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC ALI 1
-.NA
-ali \- list mail aliases
-.SY
-ali
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-user] \%[\-nouser]
-aliases\ ...
-\%[\-help] 
-.DE
-\fIAli\fR
-searches the named mail alias files for each of the given \fIaliases\fR.
-It creates a list of addresses for those \fIaliases\fR,
-and writes that list on standard output.
-If the `\-list' option is specified, each address appears on a separate line;
-otherwise, the addresses are separated by commas and printed on
-as few lines as possible.
-
-The `\-user' option directs \fIali\fR to perform its processing in an
-inverted fashion:
-instead of listing the addresses that each given alias expands to,
-\fIali\fR will list the aliases that expand to each given address.
-If the `\-normalize' switch is given,
-\fIali\fR will try to track down the official hostname of the address.
-
-The files specified by the profile entry \*(lqAliasfile:\*(rq and any
-additional alias files given by the `\-alias aliasfile' switch will be read.
-Each \fIalias\fR is processed as described in \fImh\-alias\fR\0(5).
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^/etc/passwd~^List of users
-^/etc/group~^List of groups
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Aliasfile:~^For a default alias file
-.Sa
-mh\-alias(5)
-.De
-`\-alias /usr/local/mh/lib/MailAliases'
-.Ds
-`\-nolist'
-.Ds
-`\-nonormalize'
-.Ds
-`\-nouser'
-.Co
-None
-.Bu
-The `\-user' option with `\-nonormalize' is not entirely accurate,
-as it does not replace local nicknames for hosts with their official
-site names.
-.En
--- a/doc/anno.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,58 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC ANNO 1
-.NA
-anno \- annotate messages
-.SY
-anno
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-component\ field]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-date] \%[\-nodate]
-\%[\-text\ body]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIAnno\fR annotates the specified messages in the named folder using
-the field and body.
-Annotation is optionally performed by \fIdist\fR, \fIforw\fR, and
-\fIrepl\fR,
-to keep track of your distribution of, forwarding of, and replies to a
-message.
-By using \fIanno\fR,
-you can perform arbitrary annotations of your own.
-Each message selected will be annotated with the lines
-
-    field:\ date
-    field:\ body
-
-The `\-nodate' switch inhibits the date annotation,
-leaving only the body annotation.
-The `\-inplace' switch causes annotation to be done in place in order
-to preserve links to the annotated message.
-
-The field specified should be a valid 822-style message field name,
-which means that it should consist of alphanumerics (or dashes) only.
-The body specified is arbitrary text.
-
-If a `\-component\ field' is not specified when \fIanno\fR is invoked,
-\fIanno\fR will prompt the user for the name of field for the annotation.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Current\-Folder:~^To find the default current folder
-.Sa
-dist (1), forw (1), repl (1)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-.Ds
-`msgs' defaults to cur
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-date'
-.Co
-If a folder is given, it will become the current folder.
-The first message annotated will become the current message.
-.En
--- a/doc/ap.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,77 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC AP 8
-.NA
-ap \- parse addresses 822-style
-.SY
-/usr/local/mh/lib/ap
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-width\ columns]
-addrs\ ...
-\%[\-help] 
-.DE
-\fIAp\fR is a program that parses addresses according to the ARPA Internet
-standard.
-It also understands many non\-standard formats.
-It is useful for seeing how \fIMH\fR will interpret an address.
-
-The \fIap\fR program treats each argument as one or more addresses,
-and prints those addresses out in the official 822\-format.
-Hence, it is usually best to enclose each argument in double\-quotes for the
-shell.
-
-To override the output format used by \fIap\fR,
-the `\-format\ string' or `\-format\ file' switches are used.
-This permits individual fields of the address to be extracted with ease.
-The string is simply a format stringand thefile is simply a format file.
-See \fImh\-format\fR\0(5) for the details.
-
-In addition to the standard escapes,
-\fIap\fR also recognizes the following additional escape:
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'Escape  'u +\w'Returns  'u
-\fIEscape\fR	\fIReturns\fR	\fIDescription\fR
-error	string	A diagnostic if the parse failed
-.re
-.fi
-
-If the `\-normalize' switch is given,
-\fIap\fR will try to track down the official hostname of the address.
-
-Here is the default format string used by \fIap\fR:
-
-.ti +.5i
-%<{error}%{error}: %{text}%|%(putstr(proper{text}))%>
-
-which says that if an error was detected, print the error, a `:',
-and the address in error.
-Otherwise, output the 822\-proper format of the address.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^tailor file
-.Pr
-None
-.Sa
-dp(8),
-.br
-\fIStandard for the Format of ARPA Internet Text Messages\fR (aka RFC\-822)
-.De
-`\-format' defaults as described above
-.Ds
-`\-normalize'
-.Ds
-`\-width' defaults to the width of the terminal
-.Co
-None
-.Bu
-The argument to the `\-format' switch must be interpreted as a single token
-by the shell that invokes \fIap\fR.
-Therefore,
-one must usually place the argument to this switch inside double\-quotes.
-
-On hosts where \fIMH\fR was configured with the BERK option,
-address parsing is not enabled.
-.En
--- a/doc/bbaka.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,27 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBAKA 8
-.NA
-bbaka \- generate an alias list for BBoards
-.SY
-/bbaka
-\%[system]
-.DE
-The \fIbbaka\fR program reads the BBoards database and produces on its
-standard output a file suitable for inclusion in either the \fIMMDF\-II\fR
-aliases file (if the argument `system' is given).
-If the argument is not given,
-then \fIbbaka\fR produces on its standard output a file suitable for becoming
-the /usr/local/mh/lib/BBoardsAliases file.
-.Fi
-^/BBoards~^BBoards database
-^/usr/local/mh/lib/BBoardsAliases~^BBoards aliases file for \fIMH\fR
-.Pr
-None
-.Sa
-bboards(5)
-.De
-None
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/bbc.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,150 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBC 1
-.NA
-bbc \- check on BBoards
-.SY
-bbc
-\%[bboards\ ...]
-\%[\-topics] \%[\-check] \%[\-read]
-\%[\-quiet] \%[\-verbose]
-\%[\-archive] \%[\-noarchive]
-\%[\-protocol] \%[\-noprotocol]
-\%[\-mshproc\ program]
-\%[switches\ for\ \fImshproc\fR]
-\%[\-rcfile rcfile] \%[\-norcfile]
-\%[\-file\ BBoardsfile] \%[\-user\ BBoardsuser]
-\%[\-host\ host]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIbbc\fR is a BBoard
-reading/checking program that interfaces to the BBoard
-channel.
-
-The \fIbbc\fR program has three action switches which direct its operation:
-
-The `\-read' switch invokes the \fImsh\fR program on the named
-\fIBBoards\fR.  If you also specify
-the `\-archive' switch, then  \fIbbc\fR will invoke the \fImsh\fR program on
-the archives of the named \fIBBoards\fR.  If no \fIBBoards\fR are given
-on the command line, and you specified `\-archive',
-\fIbbc\fR will not read your `bboards' profile entry, but will
-read the archives of the \*(lqsystem\*(rq \fIBBoard\fR instead.
-
-The `\-check' switch types out status information for the named \fIBBoards\fR.
-\fIbbc\fR
-can print one of several messages depending on the status of both the 
-BBoard
-and the user's reading habits.  
-As with each of these messages, the number
-given is the item number of the last item placed in the 
-BBoard.
-This number (which is marked in the messages as the \*(lqBBoard\-Id\*(rq) is
-ever increasing.  Hence, when \fIbbc\fR
-says \*(lqn items\*(rq, it really means that the highest BBoard\-Id is \*(lqn\*(rq.
-There may, or may not actually be \*(lqn\*(rq items in the BBoard.
-Some common messages are:
-.in +1i
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items unseen\fR
-.br
-This message tells how many items the user has not yet seen.  
-When invoked with the `\-quiet' switch,
-this is the only informative line that \fIbbc\fR will possibly print out.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- empty\fR
-.br
-The BBoard is empty.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items (none seen)\fR
-.br
-The BBoard has items in it, but the user hasn't seen any.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items (all seen)\fR
-.br
-The BBoard is non\-empty, and the user has seen everything in it.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items seen out of m\fR
-.br
-The BBoard has at most m\-n items that the user has not seen.
-.in -1i
-
-The `\-topics' switch directs \fIbbc\fR to print three items about the named
-\fIBBoards\fR:
-it's official name,
-the number of items present,
-and the date and time of the last update.
-If no \fIBBoards\fR
-are named, then all BBoards
-are listed.  If the `\-verbose' switch is given, more information is output.
-
-The `\-quiet' switch specifies that \fIbbc\fR should be silent if no
-\fIBBoards\fR are found with new information.
-The `\-verbose' switch specifies that \fIbbc\fR is to consider you to be 
-interested in \fIBBoards\fR that you've already seen everything in.
-
-To override the default \fImshproc\fR and the profile entry,
-use the `\-mshproc\ program' switch.
-Any arguments not understood by \fIbbc\fR are passed to this program.
-The `\-protocol' switch tells \fIbbc\fR that your \fImshproc\fR knows about
-the special \fIbbc\fR protocol for reporting back information.
-\fImsh\fR\0(1), the default \fImshproc\fR, knows all about this.
-
-The `\-file\ BBoardsfile' switch tells \fIbbc\fR to use a non\-standard
-\fIBBoards\fR file when performing its calculations.
-Similarly, the `\-user BBoardsuser' switch tells \fIbbc\fR to use a
-non\-standard username.
-Both of these switches are useful for debugging a new \fIBBoards\fR or
-\fIPOP\fR file.
-
-If the local host is configured as an NNTP BBoards client,
-or if the `\-host\ host' switch is given,
-then \fIbbc\fR will query the NNTP service host
-as to the status of the BBoards.
-For NNTP BBoards clients,
-the `\-user\ user' and the `\-rpop' switches are ignored.
-
-The \fI\&.bbrc\fR file in the 
-user's \fB$HOME\fR directory
-is used to keep track of what messages have been read.
-The `\-rcfile\ rcfile' switch overrides the use of \fI\&.bbrc\fR for
-this purpose.
-If the value given to the switch is not absolute,
-(i.e., does not begin with a \fB/\fR\0),
-it will be presumed to start from the current working directory.
-If this switch is not given (or the `\-norcfile' switch is given),
-then \fIbbc\fR consults the envariable \fBMHBBRC\fR,
-and honors it similarly.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^$HOME/\&.bbrc~^BBoard \*(lqcurrent\*(rq message information
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^bboards:~^To specify interesting BBoards
-.Ps
-^mshproc:~^Program to read a given BBoard
-.Sa
-bbl(1), bboards(1), msh(1)
-.De
-`\-read'
-.Ds
-`\-noarchive'
-.Ds
-`\-protocol'
-.Ds
-`bboards' defaults to \*(lqsystem\*(rq
-.Ds
-`\-file /BBoards'
-.Ds
-`\-user bboards'
-.Co
-None
-.Bu
-The `\-user' switch takes effect only if followed by the `\-file' switch.
-.En
--- a/doc/bbexp.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,30 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBEXP 8
-.NA
-bbexp \- expunge the BBoards area
-.SY
-/bbexp
-\%[\-\fIfirst\-metric\fR] \%[\-\fIsecond\-metric\fR]
-\%[bboards\ ...]
-.DE
-The \fIbbexp\fR program reads the BBoards database and calls \fImsh\fR to
-archive the named BBoards (or all BBoards if none are specified).
-
-The first\-metric (which defaults to 12) gives the age in days of the
-\*(lqBB\-Posted:\*(rq field for messages which should be expunged.
-The second\-metric (which defaults to 20) gives the age in days of the
-\*(lqDate:\*(rq field for messages which should be expunged.
-Any message which meets either metric will be either archived or removed,
-depending on what the \fIBBoards\fR\0(5) file says.
-.Fi
-^/BBoards~^BBoards database
-.Pr
-None
-.Sa
-msh(1), bboards(5)
-.De
-None
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/bbl.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,201 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBL 1
-.NA
-bbl \- manage a BBoard
-.SY
-bbl
-\%[+folder] 
-\%[\-shell\ program]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-bboard
-\%[\-help]
-.DE
-\fIbbl\fR allows a \fIBBleader\fR to manage a BBoard.
-The process is relatively simple:  a \fIBBleader\fR
-invokes the \fIbbl\fR program to set\-up an environment in which the messages
-contained in the BBoard
-may be accessed as if they were messages in an \fIMH\fR folder.
-
-To do this, \fIbbl\fR, \fIincs\fR the \fIBBoard\fR
-to the folder \*(lq+bbl\*(rq, and \fIincs\fR the archives for the \fIBBoard\fR
-to the folder \*(lq+bbl/arc\*(rq.  The \fIBBleader\fR
-then gets a new shell in which \fIMH\fR
-commands (among others) may be executed.  When the \fIBBleader\fR
-is done, CTRL\-D is typed, which terminates the shell.  \fIbbl\fR then
-asks the \fIBBleader\fR
-as to how the BBoard
-should be reconstructed.
-Usually, this results in zeroing the existing \fIBBoard\fR
-file, and  \fIpack\fRing the \*(lq+bbl\*(rq folder into the \fIBBoard\fR
-file.  Similar actions are taken for the archive.
-
-The `\-shell' switch specifies what process that \fIbbl\fR should invoke
-as your command interpreter.  This need not be a rooted filename.
-If this switch is not specified,
-\fIbbl\fR looks at the envariable \fB$SHELL\fR for a value.
-If this envariable is not set, then \fIbbl\fR uses your login shell.
-
-The `\-verbose' switch directs \fIbbl\fR to type the shell commands that it
-executes to get the job done (e.g., \fIchmod\fR\0s, \fIinc\fR\0s, etc.)
-
-As \fIbbl\fR processing is most likely not intuitively obvious to most
-prospective BBoard\-leaders, a short diatribe is in order.  As pointed out in
-\fIBBleader\fR(1),
-a BBoard\-leader (of the fictitious BBoard \*(lqhacks\*(rq)
-has three primary maintenance functions: 
-.in +.5i
-
-.ti -.5i
-\fBRead the BBoard\fR
-.br
-You don't need \fIbbl\fR
-to do this, use \fIbbc\fR instead.
-
-.ti -.5i
-\fBRemove inappropriate material\fR
-.br
-Do this by running \fIbbl\fR.
-An example of this might be:
-.sp
-.nf
-\01 % bbl hacks
-\02 [ Working folder is +bbl, Archive folder is +bbl/arc ]
-\03 [ Type CTRL\-D to finish ]
-\04 % scan
-.ta \w'\05  'u +\w'20 'u +\w'10/14 'u +\w'1345-PDT 'u +\w'Reasonable Person 'u
-\05	20	10/14	1345-PDT	Silly User	Nonsensical message
-\06	21	10/14	1707-PDT	Silly User	Another one
-\07	22	10/14	2144-PDT	Reasonable Person	Legit message
-.re
-\09 % rmm 20 21
-\10 % \^D
-\11 Incorporate changes? y
-\12 Remove +bbl? y
-\13 Update archives? n
-\14 Remove +bbl/arc? y
-\15 [+inbox now current]
-\16 %
-.fi
-.sp
-In item 1, the BBoard\-Leader invokes \fIbbl\fR
-on the BBoard called \*(lqhacks\*(rq.  The \fIbbl\fR
-program responds by typing items 2 and 3 which tell the user what \fIMH\fR
-folders are being used and that a sub\-shell is now in use (respectively).
-The user does a scan of the +bbl folder
-(\fIbbl\fR sets the current\-folder to be the one with the BBoard in it.)
-and finds two messages that should be removed (numbers 20 and 21).
-The user then removes these using the \fIrmm\fR
-program (item 9) and then types a CTRL\-D to return to
-\fIbbl\fR (item 10).
-At this point,
-\fIbbl\fR
-asks how the BBoard should be reconstructed.  Item 11 asks if the contents of
-the +bbl folder should OVERWRITE the contents of the BBoard.  The user 
-responds `yes',
-that it should (hence the two \fIrmm\fR'd messages disappear).
-Next on item 12,
-the user is asked if the +bbl folder should be killed, since the BBoards
-have been successfully updated, the user answers `yes'.
-On item 13, the user is
-asked if the archives should be updated.  Since the user made no changes, the
-answer `no' is made.  (The user could have answered `yes' with no disastrous 
-effects, but knew that nothing had been updated).  Finally, on item 14, the
-user indicates that the +bbl/arc subfolder should be killed, by answering
-`yes'.
-
-.ti -.5i
-\fBArchive non\-recent material\fR
-.br
-Do this by running \fIbbl\fR.
-An example of this might be:
-.sp
-.nf
-\01 % bbl hacks
-\02 [ Working folder is +bbl, Archive folder is +bbl/arc ]
-\03 [ Type CTRL\-D to finish ]
-\04 % scan
-.ta \w'\05  'u +\w'20 'u +\w'10/14 'u +\w'1345-PDT 'u +\w'GFISHER@UCI-20B 'u
-\05	11	10/12	1905-PST	Marshall Rose	New MMail/BBck
-\06	12	10/12	1916-PST	Stephen Willson	PATH, nfinger, and ls
-\07	13	10/12	2329-PDT	G@UCI-20A	833-5122 hours
-\08	14	10/13	1045-PDT	MELLON@UCI-20B	Reporting line
-\09	15	10/13	1112-PST	Tim Shimeall	Re: 833-5122 hours
-\10	16	10/13	1045-PDT	MELLON@UCI-20B	Reporting line
-\11	17	10/13	2042-PST	Dana Roode	Ucifinger
-\12	18	10/13	2045-PST	Dana Roode	Files in /usr/restores
-\13	19	10/14	1028-PDT	WILLSON@UCI-20B	Re: term no pause
-\14	20	10/14	1345-PDT	Martin Katz	Re: term no pause
-\15	21	10/14	1707-PDT	SCRIBE@UCI-20A	Scribe Use
-\16	22	10/14	2144-PDT	GFISHER@UCI-20B	New Twemacs
-\17	23	10/15	1227-PDT	Rob Rittenhouse	Re: New Twemacs
-.re
-\18 % file +bbl/arc \-src +bbl 11\-12 17\-20 21
-\19 % ^D
-\20 Incorporate changes? y
-\21 Remove +bbl? y
-\22 Update archives? y
-\23 Remove +bbl/arc? y
-\24 [+inbox now current]
-\25 %
-.fi
-.sp
-The important command given is in item 18, in which the user \fIfiles\fR
-some messages from +bbl into +bbl/arc.  When CTRL\-D is typed, the user
-directs \fIbbl\fR
-to update both the BBoard and its archives, which does the proper action.
-As an alternate to this scenario,
-some creative \fIBBleaders\fR might use the \fIpick\fR command to do all of
-the work:
-
-.in +.5i
-.nf
-pick \-sequence select \-before \-12 \-datefield BB-Posted \-zero
-pick \-sequence select \-before \-20 \-nozero
-scan select
-refile select +bbl/arc
-.fi
-.in -.5i
-
-In order to facilitate the use of automation shell scripts,
-if the standard input for \fIbbl\fR is \fInot\fR a tty,
-then \fIbbl\fR will not ask any questions and will proceed as if
-the user's answer was \*(lqyes\*(rq for all questions.
-Hence, \fIbbl\fR may be run under \fIcron\fR\0(8) to provide for
-automatic archiving.
-.in -.5i
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^incproc:~^Program to incorporate a mail drop into a folder
-.Ps
-^packproc:~^Program to pack a folder into a msgbox
-.Ps
-^rmfproc:~^Program to remove a folder
-.Sa
-bbc(1), bbleader(1), bboards(1)
-.De
-`+folder' defaults to \*(lqbbl\*(rq
-.Ds
-`\-nofile'
-.Ds
-`\-shell' defaults to \fB$SHELL\fR or your login shell
-.Co
-None
-.Hi
-In the early days of the UCI BBoards facility,
-\fIBBleaders\fR actually used to run this program by hand.
-Now, this \fIbbl\fR is often run automatically by the system to perform
-automatic archiving.
-.Bu
-Note that \fIbbl\fR executes a lot of \fIMH\fR 
-commands, and as such, each of these commands can and will read
-your \fI\&.mh\(ruprofile\fR for defaults.
-Please read the \fBBUGS\fR section of \fImh\-profile\fR\0(5)
-for some hints to help you avoid many silly problems.
-
-Also, \fIbbl\fR is unforgiving in doing exactly what it is told,
-so take special care in answering \fIbbl\fR's questions.
-.En
--- a/doc/bbleader.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,105 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBLEADER 1
-.NA
-BBleader \- responsiblities of an MH BBoard-leader
-.SY
-bbl
-bboard
-\%[+folder]
-\%[\-shell\ shell]
-\%[\-verbose]
-\%[\-help]
-.DE
-What follows is a description of the responsibilities of a BBleader.  
-This is a working collection of facts:
-there are no simple or elegant rules.
-In the discussion that follows, 
-substitute in the name of your BBoard wherever you see the ficticious
-name ``hacks''.
-
-.in +.5i
-.ti -.5i
-\fBPreliminary Maintenance\fR
-.br
-When you are appointed a BBleader by the person who is acting as the
-\fIPostMaster\fR you should first make sure that 
-the four addresses associated with your BBoard are correct
-(see \fIbboards\fR\0(1)).
-To check this, try \*(lqbbc -topics -verbose hacks\*(rq.
-You should be listed under local leader(s), and the BBoard addresses should
-be correct.
-
-.ti -.5i
-\fBPeriodic Maintenance\fR
-.br
-There are three functions that you should perform periodically:
-.in +.75i
-.br
-.ti -.5i
-\fBRead the BBoard\fR\0:
-If you're a BBoard leader you should be keeping up on what's going on.
-.br
-.ti -.5i
-\fBRemove inappropriate material\fR\0:
-If offsensive or otherwise non-sensical material shows up, 
-or if a duplicate message appears,
-use the \fIBBl\fR program, delete the offending messages from the folder.
-.br
-.ti -.5i
-\fBArchive non-recent material\fR\0:
-The archive facility has been upgraded to be almost fully automated.
-BBoards with the Auto-Archive flag set will have old material automatically
-placed in the archive area once a week.  You may also archive material
-yourself if you like, or if your BBoard is not set to Auto-Archive.
-Just file messages in the folder ``+bbl'' into the folder ``+bbl/arc''
-You should archive material whenever it takes a long time to read in a
-BBoard using \fIbbc\fR and \fImsh\fR.
-The only exception to this is (possibly) the \fBap-news\fR and
-\fBny-times\fR BBoards,
-in which case non-recent material is usually deleted,
-and an archive is not kept.
-.in -.75i
-
-.ti -.5i
-\fBSporadic Maintenance\fR
-.br
-As a BBoard leader 
-there are three groups of people that you will be required to deal with:
-.in +.75i
-.br
-.ti -.5i
-\fBBBoard users\fR\0:
-Correspondence from BBoard users is usually addressed to
-\fBlocal\-hacks\-request\fR.
-Although the nature of such correspondence varies, 
-the most usual topic is how to get access to archives for the BBoard.
-In such cases, if the archives are on-line in the ~bboards/archive/ area, 
-then you should refer the BBoard user to the appropriate files.
-If not, then you should contact the \fIPostMaster\fR and ask
-for archive retrieval.
-Archives may be accessed through the normal
-\fIbbc\fR and \fImsh\fR programs, using the `\-archive' switch to \fIbbc\fR.
-.br
-.ti -.5i
-\fBBBoard leaders\fR\0:
-You may have to correspond with the people who maintain the
-\fBInternet\fR mailing list for the BBoard.
-Their address is \fBhacks\-request\fR.
-.br
-.ti -.5i
-\fBPostOffice personnel\fR\0:
-You may need help or advice.  The address to turn to is \fIPostMaster\fR.
-.in -.75i
-.in -.5i
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Sa
-bboards(1), bbc(1), bbl(1), msh(1)
-.De
-The default bboard is \*(lqsystem\*(rq
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/bboards.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,90 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBOARDS 1
-.NA
-bboards \- the UCI BBoards facility
-.SY
-bbc
-\%[\-check]
-\%[\-read]
-bboards ...
-\%[\-help]
-.DE
-The home directory of \fIbboards\fR is where the BBoard system is kept.
-This documentation describes some of the nuances of the BBoard system.
-
-Note that if your system is configured to use the Network News
-Transfer Protocol (\fBNNTP\fP) to read BBoards,
-(your system does seem to be configured this way),
-then there is no local bboards setup; instead, \fIbbc\fP 
-opens an \fBNNTP\fP connection to the local server.
-
-.in +.5i
-.ti -.5i
-\fBBBoards, BBoard\-IDs\fR
-.br
-A BBoard is just a file containing a group of messages relating to the same
-topic.
-These files live in the ~bboards home directory.
-Each message in a BBoard file has in its header the line
-\*(lqBBoard-Id: n\*(rq,
-where \*(lqn\*(rq is an ascending decimal number.
-This id-number is unique for each message in a BBoards file.
-It should NOT be confused with the message number of a message,
-which can change as messages are removed from the BBoard.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard Handling\fR
-.br
-To read BBoards, use the \fIbbc\fR and \fImsh\fR programs.
-The \fImsh\fR command is a monolithic program which contains all the
-functionality of \fIMH\fR in a single program.
-The `\-check' switch to \fIbbc\fR lets you check on the status of BBoards,
-and the `\-read' switch tells \fIbbc\fR to invoke \fImsh\fR to read
-those BBoards.
-
-.ti -.5i
-\fBCreating a BBoard\fR
-.br
-Both public, and private BBoards are supported.
-Contact the mail address \fIPostMaster\fR if you'd like to have a BBoard
-created.
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard addresses\fR
-.br
-Each BBoard has associated with it 4 addresses,
-these are (for the ficticious BBoard called ``hacks''):
-.in +.75i
-.br
-.ti -.5i
-\fBhacks\fR\0: The Internet wide distribution list.
-.br
-.ti -.5i
-\fBdist-hacks\fR\0: The local BBoard.
-.br
-.ti -.5i
-\fBhacks-request\fR\0:
-The people responsible for the BBoard at the Internet level.
-.br
-.ti -.5i
-\fBlocal-hacks-request\fR\0:
-The people responsible for the BBoard locally.
-.in -.75i
-.in -.5i
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^$HOME/\&.bbrc~^BBoard information
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^bboards:~^To specify interesting BBoards
-.Ps
-^mshproc:~^Program to read a given BBoard
-.Sa
-bbc(1), bbl(1), bbleader(1), msh(1)
-.De
-The default bboard is \*(lqsystem\*(rq
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/bboards5.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,51 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBOARDS 5
-.NA
-BBoards \- BBoards database
-.SY
-/BBoards
-.DE
-The BBoards database
-contains for each BBoard the following information:
-
-.nf
-.ta \w'encrypted password  'u
-\fIfield\fR	\fIvalue\fR
-name	the name of the BBoard
-aliases	local aliases for the BBoard
-	(separated by commas)
-primary file	the .mbox file
-encrypted password	leadership password
-leaders	local list maintainers (separated by commas)
-	usernames from the \fIpasswd\fR\0(5) file,
-	or groupnames preceded by `=' from the
-	\fIgroup\fR\0(5) file
-network address	the list address
-request address	the list maintainer's address
-relay	the host acting as relay for the local domain
-distribution sites	(separated by commas)
-flags	special flags (see <bboards.h>)
-.re
-.fi
-
-This is an ASCII file.  Each field within each BBoard's entry
-is separated from the next by a colon.
-Each BBoard entry is separated from the next by a new-line.
-If the password field is null, no password is demanded;
-if it contains a single asterisk, then no password is valid.
-
-This file resides in the home directory of the login \*(lqbboards\*(rq.
-Because of the encrypted passwords,
-it can and does have general read permission.
-.Fi
-^/BBoards~^BBoards database
-.Sa
-bbaka(8), bbexp(8), bboards (8), bbtar(8)
-.Bu
-A binary indexed file format should be available for fast access.
-
-Appropriate precautions must be taken to lock the file against changes
-if it is to be edited with a text editor.
-A \fIvibb\fR program is needed.
-.En
--- a/doc/bboards8.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,46 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBOARDS 8
-.NA
-bboards \- BBoards channel/mailer
-.SY
-/usr/mmdf/chans/bboards
-fd1 fd2 \%[y]
-
-.ti .5i
-/usr/local/mh/lib/sbboards 
-bboard\ ...
-
-.ti .5i
-/usr/local/mh/lib/sbboards 
-file maildrop directory bboards.bboard
-.DE
-For \fIMMDF\fR, the BBoards channel delivers mail to the BBoards system.
-For \fISendMail\fR and stand\-alone \fIMH\fR, the SBBoards mailer performs
-this task.
-
-For each address given,
-these programs consult the \fIbboards\fR\0(5) file to ascertain information
-about the BBoard named by the address.
-The programs then perform local delivery, if appropriate.
-After that, 
-with the exception of \fIsbboards\fR running under stand\-alone \fIMH\fR,
-the programs perform redistribution, if appropriate.
-
-For redistribution,
-the return address is set to be the request address at the local host,
-so bad addresses down the line return to the nearest point of authority.
-If any failures occur during redistribution,
-a mail message is sent to the local request address.
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^tailor file
-^/BBoards~^BBoards database
-.Pr
-None
-.Sa
-bboards(5), bbaka(8)
-.De
-None
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/bbtar.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,46 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BBTAR 8
-.NA
-bbtar \- generate the names of archive files to be put to tape
-.SY
-/bbtar
-\%[private] \%[public]
-.DE
-The \fIbbtar\fR program reads the BBoards database and produces on its
-standard output the names of BBoards archives which should be put to tape,
-for direct use in a \fItar\fR\0(1) command.
-
-If the argument `private' is given,
-only private BBoards are considered.
-If the argument `public' is given,
-only public BBoards are considered.
-This lets the BBoards administrator write two tapes,
-one for general read\-access (the public BBoards),
-and one for restricted access.
-The default is all BBoards
-
-For example:
-
-.nf
-.in +.5i
-cd archive		# change to the archive directory
-tar cv `bbtar private` 	# save all private BBoard archives
-.in -.5i
-.fi
-
-After the archives have been saved to tape,
-they are usually removed.
-The archives are then filled again,
-usually automatically by cron jobs which run \fIbbexp\fR\0(8).
-.Fi
-^/BBoards~^BBoards database
-.Pr
-None
-.Sa
-bboards(5), bbexp(8)
-.De
-None
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/burst.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,101 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC BURST 1
-.NA
-burst \- explode digests into messages
-.SY
-burst
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-quiet] \%[\-noquiet]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIBurst\fR considers the specified messages in the named folder to be
-Internet digests, and explodes them in that folder.
-
-If `\-inplace' is given,
-each digest is replaced by the \*(lqtable of contents\*(rq for the digest
-(the original digest is removed).
-\fIBurst\fR then renumbers all of the messages following the digest in the
-folder to make room for each of the messages contained within the digest.
-These messages are placed immediately after the digest.
-
-If `\-noinplace' is given,
-each digest is preserved,
-no table of contents is produced,
-and the messages contained within the digest are placed at the end of
-the folder.
-Other messages are not tampered with in any way.
-
-The `\-quiet' switch directs \fIburst\fR to be silent about reporting
-messages that are not in digest format.
-
-The `\-verbose' switch directs \fIburst\fR to tell the user the general
-actions that it is taking to explode the digest.
-
-It turns out that \fIburst\fR works equally well on forwarded messages and
-blind\-carbon\-copies as on Internet digests,
-provided that the former two were generated by \fIforw\fR or \fIsend\fR.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Current\-Folder:~^To find the default current folder
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^To set mode when creating a new message
-.Sa
-\fIProposed Standard for Message Encapsulation\fR (aka RFC\-934),
-.br
-inc(1), msh(1), pack(1)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-.Ds
-`msgs' defaults to cur
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-noquiet'
-.Ds
-`\-noverbose'
-.Co
-If a folder is given, it will become the current folder.
-If `\-inplace' is given,
-then the first message burst becomes the current message.
-This leaves the context ready for a \fIshow\fR of the table of contents
-of the digest, and a \fInext\fR to see the first message of the digest.
-If `\-noinplace' is given,
-then the first message extracted from the first digest burst becomes the
-current message.
-This leaves the context in a similar, but not identical,
-state to the context achieved when using `\-inplace'.
-.Bu
-The \fIburst\fR program enforces a limit on the number of messages which may
-be \fIburst\fR from a single message.
-This number is on the order of 1000 messages.
-There is usually no limit on the number of messages which may reside in the
-folder after the \fIburst\fRing.
-
-Although \fIburst\fR uses a sophisticated algorithm to determine where one
-encapsulated message ends and another begins,
-not all digestifying programs use an encapsulation algorithm.
-In degenerate cases,
-this usually results in \fIburst\fR finding an encapsulation boundary
-prematurely and splitting a single encapsulated message into two or more
-messages.
-These erroneous digestifying programs should be fixed.
-
-Furthermore,
-any text which appears after the last encapsulated message is not placed
-in a seperate message by \fIburst\fR.
-In the case of digestified messages,
-this text is usally an \*(lqEnd of digest\*(rq string.
-As a result of this possibly un\-friendly behavior on the part of \fIburst\fR,
-note that when the `\-inplace' option is used,
-this trailing information is lost.
-In practice,
-this is not a problem since correspondents usually place remarks in text
-prior to the first encapsulated message,
-and this information is not lost.
-.En
--- a/doc/comp.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,116 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC COMP 1
-.NA
-comp \- compose a message
-.SY
-comp 
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-file\ file]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-use] \%[\-nouse]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIComp\fR is used to create a new message to be mailed.
-It copies a message form to
-the draft being composed and then invokes an editor on the draft
-(unless `\-noedit' is given, in which case the initial edit is suppressed).
-
-The default message form contains the following elements:
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/components
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-If the file named \*(lqcomponents\*(rq exists in the user's MH directory,
-it will be used instead of this form.
-The file specified by `\-form\ formfile' will be used if given.
-You may also start \fIcomp\fR using the contents of an existing
-message as the form.
-If you supply either a `+folder' or `msg' argument, that message will be used
-as the form.  You may not supply both a `\-form\ formfile' and a `+folder' or
-\&`msg' argument.
-The line of dashes
-or a blank line must be left between the header and the
-body of the message for the message to be identified properly when it is
-sent (see \fIsend\fR\0(1)).
-The switch `\-use' directs \fIcomp\fR to
-continue editing an already started message.
-That is, if a
-\fIcomp\fR (or \fIdist\fR, \fIrepl\fR, or \fIforw\fR\0) is terminated without
-sending the draft, the draft can be edited again via
-\*(lqcomp\ \-use\*(rq.
-
-If the draft already exists, \fIcomp\fR will ask
-you as to the disposition of the draft.
-A reply of \fBquit\fR will abort \fIcomp\fR, leaving the draft intact;
-\fBreplace\fR will replace the existing draft with the appropriate form;
-\fBlist\fR will display the draft;
-\fBuse\fR will use the draft for further composition;
-and \fBrefile\ +folder\fR will
-file the draft in the given folder, and give you a new draft with the
-appropriate form.
-(The `+folder' argument to \fBrefile\fR is required.)
-
-The `\-draftfolder\ +folder' and `\-draftmessage\ msg' switches invoke the
-\fIMH\fR draft folder facility.
-This is an advanced (and highly useful) feature.
-Consult the \fBAdvanced Features\fR section of the \fIMH\fR manual for more
-information.
-
-The `\-file\ file' switch says to use the named file as the message draft.
-
-The `\-editor\ editor' switch indicates the editor to
-use for the initial edit.
-Upon exiting from the editor,
-\fIcomp\fR will invoke the \fIwhatnow\fR program.
-See \fIwhatnow\fR\0(1) for a discussion of available options.
-The invocation of this program can be inhibited by using the `\-nowhatnowproc'
-switch.
-(In truth of fact,
-it is the \fIwhatnow\fR program which starts the initial edit.
-Hence, `\-nowhatnowproc' will prevent any edit from occurring.)
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/components~^The message skeleton
-^or <mh\-dir>/components~^Rather than the standard skeleton
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^<mh\-dir>/draft~^The draft file
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^To find the default draft\-folder
-.Ps
-^Editor:~^To override the default editor
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^To set mode when creating a new message (draft)
-.Ps
-^fileproc:~^Program to refile the message
-.Ps
-^whatnowproc:~^Program to ask the \*(lqWhat now?\*(rq questions
-.Sa
-dist(1), forw(1), repl(1), send(1), whatnow(1), mh-profile(5)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-.Ds
-`msg' defaults to the current message
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-nouse'
-.Co
-None
-.Bu
-If \fIwhatnowproc\fR is \fIwhatnow\fR,
-then \fIcomp\fR uses a built\-in \fIwhatnow\fR,
-it does not actually run the \fIwhatnow\fR program.
-Hence, if you define your own \fIwhatnowproc\fR,
-don't call it \fIwhatnow\fR since \fIcomp\fR won't run it.
-.En
--- a/doc/conflict.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,51 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC CONFLICT 8
-.NA
-conflict \- search for alias/password conflicts
-.SY
-/usr/local/mh/lib/conflict
-\%[\-mail\ name]
-\%[\-search\ directory]
-\%[aliasfiles...]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIConflict\fR is a program that checks to see if the interface between
-\fIMH\fR and transport system is in good shape
-
-\fIConflict\fR
-also checks for maildrops in /var/mail which do not belong
-to a valid user.
-It assumes that no user name will start with `.',
-and thus ignores files in /var/mail which begin with `.'.
-It also checks for entries in the \fIgroup\fR\0(5)
-file which do not belong to a valid user,
-and for users who do not have a valid group number.
-In addition duplicate users and groups are noted.
-
-If the `\-mail\ name' switch is used,
-then the results will be sent to the specified \fIname\fR.
-Otherwise, the results are sent to the standard output.
-
-The `\-search\ directory' switch can be used to search directories
-other than /var/mail and to report anomalies in those directories.
-The `\-search\ directory' switch can appear more than one time in an
-invocation to \fIconflict\fR.
-
-\fIConflict\fR should be run under  \fIcron\fR\0(8),
-or whenever system accounting takes place.
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^tailor file
-^/etc/passwd~^List of users
-^/etc/group~^List of groups
-^/usr/local/mh/bin/mhmail~^Program to send mail
-^/var/mail/~^Directory of mail drop
-.Pr
-None
-.Sa
-mh\-alias(5)
-.De
-`aliasfiles' defaults to /usr/local/mh/lib/MailAliases
-.Co
-None
-.En
--- a/doc/dist.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,147 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC DIST 1
-.NA
-dist \- redistribute a message to additional addresses
-.SY
-dist
-\%[+folder] \%[msg] 
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate] 
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-form\ formfile] 
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace] 
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIDist\fR is similar to \fIforw\fR.
-It prepares the specified
-message for redistribution to addresses that (presumably) are
-not on the original address list.
-
-The default message form contains the following elements:
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/distcomps
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-If the file named \*(lqdistcomps\*(rq exists in the user's MH directory,
-it will be used instead of this form.
-In either case, the file specified by `\-form\ formfile' will be
-used if given.
-The form used will be prepended to the message being resent.
-
-If the draft already exists,
-\fIdist\fR will ask you as to the disposition of the draft.
-A reply of \fBquit\fR will abort \fIdist\fR, leaving the draft intact;
-\fBreplace\fR will replace the existing draft with a blank skeleton;
-and \fBlist\fR will display the draft.
-
-Only those addresses in \*(lqResent\-To:\*(rq, \*(lqResent\-cc:\*(rq, and
-\*(lqResent\-Bcc:\*(rq will be sent.
-Also, a \*(lqResent\-Fcc:\ folder\*(rq will be honored (see \fIsend\fR\0(1)).
-Note that with \fIdist\fR, the draft should contain only 
-\*(lqResent\-xxx:\*(rq fields and no body.
-The headers and the body of the original message are copied to the draft when
-the message is sent.
-Use care in constructing the headers for the redistribution.
-
-If the `\-annotate' switch is given, the  message being
-distributed will be annotated with the lines:
-
-     Resent:\ date
-     Resent:\ addrs
-
-where each address list contains as many lines as required.
-This annotation
-will be done only if the message is sent directly from \fIdist\fR.
-If the message is not sent immediately from \fIdist\fR,
-\*(lqcomp \-use\*(rq may be used to re\-edit and send the constructed message,
-but the annotations won't take place.
-The '\-inplace' switch causes annotation to
-be done in place in order to preserve links to the annotated message.
-
-See \fIcomp\fR\0(1) for a description of the `\-editor' and `\-noedit'
-switches.
-Note that while in the editor,
-the message being resent is available through a link named \*(lq@\*(rq
-(assuming the default \fIwhatnowproc\fR\0).
-In addition, the actual pathname of the message is stored in the envariable
-\fB$editalt\fR,
-and the pathname of the folder containing the message is stored in the
-envariable \fB$mhfolder\fR.
-
-The `\-draftfolder\ +folder' and `\-draftmessage\ msg' switches invoke the
-\fIMH\fR draft folder facility.
-This is an advanced (and highly useful) feature.
-Consult the \fBAdvanced Features\fR section of the \fIMH\fR manual for more
-information.
-
-Upon exiting from the editor,
-\fIdist\fR will invoke the \fIwhatnow\fR program.
-See \fIwhatnow\fR\0(1) for a discussion of available options.
-The invocation of this program can be inhibited by using the `\-nowhatnowproc'
-switch.
-(In truth of fact,
-it is the \fIwhatnow\fR program which starts the initial edit.
-Hence, `\-nowhatnowproc' will prevent any edit from occurring.)
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/distcomps~^The message skeleton
-^or <mh\-dir>/distcomps~^Rather than the standard skeleton
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^<mh\-dir>/draft~^The draft file
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Current\-Folder:~^To find the default current folder
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^To find the default draft\-folder
-.Ps
-^Editor:~^To override the default editor
-.Ps
-^fileproc:~^Program to refile the message
-.Ps
-^whatnowproc:~^Program to ask the \*(lqWhat now?\*(rq questions
-.Sa
-comp(1), forw(1), repl(1), send(1), whatnow(1)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-.Ds
-`msg' defaults to cur
-.Ds
-`\-noannotate'
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Co
-If a folder is given, it will become the current folder.
-The message distributed will become the current message.
-.Hi
-\fIDist\fR originally used headers of the form \*(lqDistribute\-xxx:\*(rq
-instead of \*(lqResent\-xxx:\*(rq.  In order to conform with the
-ARPA Internet standard, RFC\-822,
-the \*(lqResent\-xxx:\*(rq form is now used.
-\fIDist\fR will recognize \*(lqDistribute\-xxx:\*(rq type headers and 
-automatically convert them to \*(lqResent\-xxx:\*(rq.
-.Bu
-\fIDist\fR does not \fIrigorously\fR check the message being
-distributed for adherence to the transport standard,
-but \fIpost\fR called by \fIsend\fR does.
-The \fIpost\fR program will balk (and rightly so) at poorly formatted messages,
-and \fIdist\fR won't correct things for you.
-
-If \fIwhatnowproc\fR is \fIwhatnow\fR,
-then \fIdist\fR uses a built\-in \fIwhatnow\fR,
-it does not actually run the \fIwhatnow\fR program.
-Hence, if you define your own \fIwhatnowproc\fR,
-don't call it \fIwhatnow\fR since \fIdist\fR won't run it.
-
-If your current working directory is not writable,
-the link named \*(lq@\*(rq is not available.
-.En
--- a/doc/dp.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,61 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC DP 8
-.NA
-dp \- parse dates 822-style
-.SY
-/usr/local/mh/lib/dp
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-width\ columns]
-dates\ ...
-\%[\-help]
-.DE
-\fIDp\fR is a program that parses dates according to the ARPA Internet
-standard.
-It also understands many non\-standard formats,
-such as those produced by TOPS\-20 sites and some UNIX sites using
-\fIctime\fR\0(3).
-It is useful for seeing how \fIMH\fR will interpret a date.
-
-The \fIdp\fR program treats each argument as a single date,
-and prints the date out in the official 822\-format.
-Hence, it is usually best to enclose each argument in double\-quotes for the
-shell.
-
-To override the output format used by \fIdp\fR,
-the `\-format\ string' or `\-format\ file' switches are used.
-This permits individual fields of the address to be extracted with ease.
-The string is simply a format stringand thefile is simply a format file.
-See \fImh\-format\fR\0(5) for the details.
-
-Here is the default format string used by \fIdp\fR:
-
-.nf
-.ti +.5i
-%<(nodate{text})error: %{text}%|%(putstr(pretty{text}))%>
-.fi
-
-which says that if an error was detected, print the error, a `:',
-and the date in error.
-Otherwise, output the 822\-proper format of the date.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-None
-.Sa
-ap(8)
-.br
-\fIStandard for the Format of ARPA Internet Text Messages\fR (aka RFC\-822)
-.De
-`\-format' default as described above
-.Ds
-`\-width' default to the width of the terminal
-.Co
-None
-.Bu
-The argument to the `\-format' switch must be interpreted as a single token
-by the shell that invokes \fIdp\fR.
-Therefore,
-one must usually place the argument to this switch inside double\-quotes.
-.En
--- a/doc/fmtdump.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,32 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC FMTDUMP 8
-.NA
-fmtdump \- decode MH format files
-.SY
-/usr/local/mh/lib/fmtdump
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIFmtdump\fR is a program that parses an \fIMH\fP format file
-and produces a pseudo-language listing of the how \fIMH\fP
-interprets the file.
-
-The `\-format\ string' and `\-form\ formatfile' switches may be used
-to specify a format string or format file to read.
-The string is simply a format string and the file is simply a format file.
-See \fImh-format\fR\|(5) for the details.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^/usr/local/mh/lib/scan.default~^The default format file
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Sa
-mh-format(5), mh-sequences(8)
-.Co
-None
-.Bu
-The output may not be useful unless you are familiar
-with the internals of the mh-format subroutines.
-.En
--- a/doc/folder.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,210 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC FOLDER 1
-.NA
-folder, folders \- set/list current folder/message
-.SY
-folder
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-all]
-\%[\-create] \%[\-nocreate]
-\%[\-print]
-.\" \%[\-noprint]
-\%[\-fast] \%[\-nofast]
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-recurse] \%[\-norecurse]
-\%[\-total] \%[\-nototal]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-push] \%[\-pop]
-\%[\-pack] \%[\-nopack]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-folders
-.DE
-Since the \fIMH\fR environment is the shell, it is easy to lose
-track of the current folder from day to day.
-When \fIfolder\fR is given the `\-print' switch (the default),
-\fIfolder\fR will
-list the current folder, the number of messages in it, the
-range of the messages (low\-high), and the current message within
-the folder, and will flag extra files if they exist.
-An example of this summary is:
-
-.nf
-.if t .in +.5i
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP 'u +\w'has ddd messages 'u +\w'(ddd\-ddd); 'u
-inbox+	has \016 messages	(\0\03\-\022);	cur=\0\05.
-.re
-.if t .in -.5i
-.fi
-
-If a `+folder' and/or `msg' are specified, they will
-become the current folder and/or message.
-By comparison,
-when a `+folder' argument is given,
-this corresponds to a \*(lqcd\*(rq operation in the \fIshell\fR;
-when no `+folder' argument is given,
-this corresponds roughly to a \*(lqpwd\*(rq operation in the \fIshell\fR.
-
-If the specified (or default) folder doesn't exist,
-the default action is to query the user
-as to whether the folder should be created;
-when standard input is not a tty, the answer to 
-the query is assumed to be \*(lqyes\*(rq.
-
-Specifying `\-create' will cause \fIfolder\fP to create
-new folders without any query.
-(This is the easy way to create an empty folder for use later.)
-Specifying `\-nocreate' will 
-cause \fIfolder\fP to exit without creating a non-existant folder.
-.\"
-.\" note - this doesn't work at present
-.\" If `\-noprint' is specified, 
-.\" a `+folder' and/or `msg' may still be specified
-.\" to set the current folder and/or message,
-.\" but the folder summary will not be printed.
-.Uh "Multiple Folders"
-Specifying `\-all'
-will produce a summary line for each top-level
-folder in the user's MH directory, sorted alphabetically.
-(If \fIfolder\fR
-is invoked by a name ending with \*(lqs\*(rq (e.g., \fIfolders\fR\0),
-`\-all' is assumed).
-Specifying `\-recurse' with `\-all' will also 
-produce a line for all sub-folders.
-These folders are all preceded by the read\-only folders,
-which occur as \*(lqatr\-cur\-\*(rq entries in the user's \fIMH\fR context.
-For example,
-
-.ne 9
-.nf
-.if t .in +.5i
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP 'u +\w'has ddd messages 'u +\w'(ddd\-ddd); 'u
-Folder	\0\0\0# of messages	(\0range\0)	cur msg (other files)
-/fsd/rs/m/tacc	has \035 messages	(\0\01\-\035);	cur=\023.
-/rnd/phyl/Mail/EP	has \082 messages	(\0\01\-108);	cur=\082.
-ff	has \0no messages.
-inbox+	has \016 messages	(\0\03\-\022);	cur=\0\05.
-mh	has \076 messages	(\0\01\-\076);	cur=\070.
-notes	has \0\02 messages	(\0\01\-\0\02);	cur=\0\01.
-ucom	has 124 messages	(\0\01\-124);	cur=\0\06; (others).
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP has 'u
-\0\0\0\0\0\0\0\0\0\0TOTAL=	339 messages in 7 folders
-.re
-.if t .in -.5i
-.fi
-
-The \*(lq+\*(rq after inbox indicates that it is the current folder.
-The \*(lq(others)\*(rq indicates that the folder `ucom' has files
-which aren't messages.
-These files may either be sub\-folders,
-or files that don't belong under the MH file naming scheme.
-
-The header is output if either a `\-all' or a `\-header' switch
-is specified; it is suppressed by `\-noheader'.
-A `\-total' switch will produce only the
-summary line.
-
-If `\-fast' is given, only the folder name (or names in the
-case of `\-all') will be listed.
-(This is faster because the
-folders need not be read.)
-
-If a `+folder' 
-is given along with the `\-all' switch,
-\fIfolder\fR will,
-in addition to setting the current folder,
-list the top\-level folders for the current folder (with `\-norecurse')
-or list all sub-folders under the current folder recursively (with `\-recurse').
-In this case, if a `msg' is also supplied,
-it will become the current message of `+folder'.
-
-The `\-recurse' switch lists each folder recursively, so
-use of this option effectively defeats the speed enhancement of the `\-fast'
-option,
-since each folder must be searched for subfolders.
-Nevertheless, the combination of these options is useful.
-
-.Uh "Compacting a Folder"
-The `\-pack' switch will compress the message names in the
-designated folders, removing holes in message numbering.
-The `\-verbose' switch directs \fIfolder\fR to tell the user the general
-actions that it is taking to compress the folder.
-
-.Uh "The Folder Stack"
-The `\-push' switch directs \fIfolder\fR to push the current folder onto the
-\fIfolder\-stack\fR,
-and make the `+folder' argument the current folder.
-If `+folder' is not given,
-the current folder and the top of the \fIfolder\-stack\fR are exchanged.
-This corresponds to the \*(lqpushd\*(rq operation in the \fICShell\fR.
-
-The `\-pop' switch directs \fIfolder\fR to discard the top of the
-\fIfolder\-stack\fR,
-after setting the current folder to that value.
-No `+folder' argument is allowed.
-This corresponds to the \*(lqpopd\*(rq operation in the \fICShell\fR.
-The `\-push' switch and the `\-pop' switch are mutually exclusive:
-the last occurrence of either one overrides any previous occurrence of the
-other.  Both of these switches also set `\-list' by default.
-
-The `\-list' switch directs \fIfolder\fR to list the contents of the
-\fIfolder\-stack\fR.
-No `+folder' argument is allowed.
-After a successful `\-push' or `\-pop', the `\-list' action is taken,
-unless a `\-nolist' switch follows them on the command line.
-This corresponds to the \*(lqdirs\*(rq operation in the \fICShell\fR.
-The `\-push', `\-pop', and `\-list' switches turn
-off `\-print'.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Current\-Folder:~^To find the default current folder
-.Ps
-^Folder\-Protect:~^To set mode when creating a new folder
-.Ps
-^Folder\-Stack:~^To determine the folder stack
-.\" .Ps
-.\" ^lsproc:~^Program to list the contents of a folder
-.Sa
-refile(1), mhpath(1)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-.Ds
-`msg' defaults to none
-.Ds
-`\-nofast'
-.Ds
-`\-noheader'
-.Ds
-`\-nototal'
-.Ds
-`\-nopack'
-.Ds
-`\-norecurse'
-.Ds
-`\-noverbose'
-.Ds
-`\-print' is the default if no `\-list', `\-push', or `\-pop' is specified
-.Ds
-`\-list' is the default if `\-push', or `\-pop' is specified
-.Co
-If `+folder' and/or `msg' are given, they will become the
-current folder and/or message.
-.Hi
-In previous versions of \fIMH\fR,
-the `\-fast' switch prevented context changes from
-occurring for the current folder.
-This is no longer the case: if `+folder' is given,
-then \fIfolder\fR will always change the current folder to that.
-.Bu
-`\-all' forces `\-header' and `\-total'.
-.sp
-There is no way to restore the default behavior 
-(to ask the user whether to create a non-existant folder)
-after `\-create' or `\-nocreate' is given.
-.En
--- a/doc/forw.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,271 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC FORW 1
-.NA
-forw \- forward messages
-.SY
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-filter\ filterfile]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-digest\ list] \%[\-issue\ number] \%[\-volume\ number]
-\%[other\ switches\ for\ \fIforw\fR]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIForw\fR may be used to prepare a message containing other
-messages.
-It constructs the new message from the components file
-or `\-form\ formfile' (see \fIcomp\fR\0), with a body composed of the
-message(s) to be forwarded.
-An editor is invoked as in \fIcomp\fR,
-and after editing is complete, the user is prompted before the message
-is sent.
-
-The default message form contains the following elements:
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/forwcomps
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-If the file named \*(lqforwcomps\*(rq exists in the user's MH directory,
-it will be used instead of this form.
-In either case, the file specified by `\-form\ formfile' will be
-used if given.
-
-If the draft already exists,
-\fIforw\fR will ask you as to the disposition of the draft.
-A reply of \fBquit\fR will abort \fIforw\fR, leaving the draft intact;
-\fBreplace\fR will replace the existing draft with a blank skeleton;
-and \fBlist\fR will display the draft.
-
-If the `\-annotate' switch is given, each message being
-forwarded will be annotated with the lines
-
-     Forwarded:\ date
-     Forwarded:\ addrs
-
-where each address list contains as many lines as required.
-This annotation
-will be done only if the message is sent directly from \fIforw\fR.
-If the message is not sent immediately from \fIforw\fR,
-\*(lqcomp\ \-use\*(rq may be used to re\-edit and send the constructed message,
-but
-the annotations won't take place.
-The '\-inplace' switch causes annotation to
-be done in place in order to preserve links to the annotated message.
-
-See \fIcomp\fR\0(1) for a description of the `\-editor' and `\-noedit'
-switches.
-
-Although \fIforw\fR uses the `\-form\ formfile' switch to direct it how to
-construct the beginning of the draft, the `\-filter\ filterfile',
-`\-format', and `\-noformat'
-switches direct \fIforw\fR as to how each forwarded message should be
-formatted in the body of the draft.
-If `\-noformat' is specified,
-then each forwarded message is output exactly as it appears.
-If `\-format' or `\-filter\ filterfile' is specified,
-then each forwarded message is filtered (re\-formatted) prior to being
-output to the body of the draft.
-The filter file for \fIforw\fR should be a standard form file for
-\fImhl\fR,
-as \fIforw\fR will invoke \fImhl\fR to format the forwarded messages.
-The default message filter (what you get with `\-format') is:
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/mhl.forward
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-If the file named \*(lqmhl.forward\*(rq exists in the user's MH directory,
-it will be used instead of this form.
-In either case, the file specified by `\-filter\ filterfile' will be
-used if given.
-To summarize:
-`\-noformat' will reproduce each forwarded message exactly,
-`\-format' will use \fImhl\fR and a default filterfile, \*(lqmhl.forward\*(rq,
-to format each forwarded message, and
-`\-filter\ filterfile' will use the named filterfile to format each
-forwarded message with \fImhl\fR.
-
-Each forwarded message is separated with an encapsulation delimiter 
-and
-dashes in the first column of the forwarded messages will be prepended
-with `\-\ ' so that
-when received, the message is suitable for bursting by \fIburst\fR\0(1).
-This follows the Internet RFC\-934 guidelines.
-
-For users of \fIprompter\fR\0(1), by specifying prompter's `-prepend'
-switch in the \&.mh\(ruprofile file, any commentary text is entered before
-the forwarded messages.  (A major win!)
-
-To use the MIME rules for encapsulation,
-specify the `\-mime' switch.
-This directs \fIforw\fR to generate an \fImhn\fR composition file.
-Note that MH will not invoke \fImhn\fR automatically,
-unless you  add this line to your \&.mh\(ruprofile file:
-.sp
-.in +.5i
-automhnproc: mhn
-.in -.5i
-.sp
-Otherwise,
-you must specifically give the command
-.sp
-.in +.5i
-What now? edit mhn
-.in -.5i
-.sp
-prior to sending the draft.
-
-To automate this somewhat,
-create a link to \fIprompter\fR called \fIrapid\fR
-and put these lines in your \&.mh\(ruprofile file:
-.sp
-.in +.5i
-.nf
-forw: -editor rapid -mime
-rapid: -rapid
-rapid-next: mhn
-.fi
-.in -.5i
-.sp
-Then,
-you can simply do:
-.sp
-.in +.5i
-.nf
-\fIforw msgs\fR
-To: \fImailbox\fR
-cc:
-Subject: \fIwhatever\fR
-
---------Enter initial text
-
-\fIblah, blah, blah.\fR
-<CTRL-D>
---------
-
-What now? \fIedit\fR
-What now? \fIsend\fR
-...
-.fi
-.in -.5i
-.sp
-The \fIedit\fR command invokes \fImhn\fR automatically.
-
-The `\-draftfolder\ +folder' and `\-draftmessage\ msg' switches invoke the
-\fIMH\fR draft folder facility.
-This is an advanced (and highly useful) feature.
-Consult the \fBAdvanced Features\fR section of the \fIMH\fR manual for more
-information.
-
-Upon exiting from the editor,
-\fIforw\fR will invoke the \fIwhatnow\fR program.
-See \fIwhatnow\fR\0(1) for a discussion of available options.
-The invocation of this program can be inhibited by using the `\-nowhatnowproc'
-switch.
-(In truth of fact,
-it is the \fIwhatnow\fR program which starts the initial edit.
-Hence, `\-nowhatnowproc' will prevent any edit from occurring.)
-
-The `\-digest\ list', `\-issue\ number', and `\-volume\ number' switches
-implement a digest facility for \fIMH\fR.  Specifying these switches
-enables and/or overloads the following escapes:
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'Component  'u +\w'Escape  'u +\w'Returns  'u
-\fIType\fR	\fIEscape\fR	\fIReturns\fR	\fIDescription\fR
-\fIcomponent\fR	\fIdigest\fR	string	Argument to `\-digest'
-\fIfunction\fR	\fIcur\fR	integer	Argument to `\-volume'
-\fIfunction\fR	\fImsg\fR	integer	Argument to `\-issue'
-.re
-.fi
-
-Consult the \fBAdvanced Features\fR section of 
-the \fIMH\fR User's Manual for more information on making digests.
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/forwcomps~^The message skeleton
-^or <mh\-dir>/forwcomps~^Rather than the standard skeleton
-^/usr/local/mh/lib/digestcomps~^The message skeleton if `\-digest' is given
-^or <mh\-dir>/digestcomps~^Rather than the standard skeleton
-^/usr/local/mh/lib/mhl.forward~^The message filter
-^or <mh\-dir>/mhl.forward~^Rather than the standard filter
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^<mh\-dir>/draft~^The draft file
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Current\-Folder:~^To find the default current folder
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^To find the default draft\-folder
-.Ps
-^Editor:~^To override the default editor
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^To set mode when creating a new message (draft)
-.Ps
-^fileproc:~^Program to refile the message
-.Ps
-^mhlproc:~^Program to filter messages being forwarded
-.Ps
-^whatnowproc:~^Program to ask the \*(lqWhat now?\*(rq questions
-.Sa
-\fIProposed Standard for Message Encapsulation\fR (aka RFC\-934),
-.br
-comp(1), dist(1), repl(1), send(1), whatnow(1), mh\-format(5)
-.De
-`+folder' defaults to the current folder
-`msgs' defaults to cur
-.Ds
-`\-noannotate'
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-noformat'
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-nomime'
-.Co
-If a folder is given, it will become the current folder.
-The first message forwarded will become the current message.
-.Bu
-If \fIwhatnowproc\fR is \fIwhatnow\fR,
-then \fIforw\fR uses a built\-in \fIwhatnow\fR,
-it does not actually run the \fIwhatnow\fR program.
-Hence, if you define your own \fIwhatnowproc\fR,
-don't call it \fIwhatnow\fR since \fIforw\fR won't run it.
-
-When \fIforw\fR is told to annotate the messages it forwards,
-it doesn't actually annotate them until the draft is successfully sent.
-If from the \fIwhatnowproc\fR,
-you \fIpush\fR instead of \fIsend\fR,
-it's possible to confuse \fIforw\fR by re\-ordering the file
-(e.g., by using `folder\0\-pack') before the message is successfully sent.
-\fIDist\fR and \fIrepl\fR don't have this problem.
-
-To avoid prepending the leading dash characters in forwarded messages,
-there is a `\-nodashmunging' option.  See the \*(lqHidden Features\*(rq
-section of the \fIMH Administrator's Guide\fR for more details.
-.En
--- a/doc/inc.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,184 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC INC 1
-.NA
-inc \- incorporate new mail
-.SY
-inc
-\%[+folder]
-\%[\-audit\ audit\-file] \%[\-noaudit]
-\%[\-changecur] \%[\-nochangecur]
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-file\ name]
-\%[\-silent] \%[\-nosilent]
-\%[\-truncate] \%[\-notruncate]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-host\ host] \%[\-user\ user]
-\%[\-apop] \%[\-noapop]
-\%[\-rpop] \%[\-norpop]
-\%[\-pack\ file] \%[\-nopack]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIInc\fR incorporates mail from the user's incoming mail drop
-into an \fIMH\fR folder.
-If `+folder' isn't specified,
-a folder in the user's \fIMH\fR directory will be used, either that
-specified by the \*(lqInbox:\*(rq entry in the user's profile, or
-the folder named \*(lqinbox\*(rq.
-The
-new messages being incorporated are assigned numbers starting
-with the next highest number in the folder.
-If the specified (or default) folder doesn't exist,
-the user will be queried prior to its creation.
-As the messages are processed,
-a \fIscan\fR listing of the new mail is produced.
-
-If the user's profile contains a \*(lqMsg\-Protect: nnn\*(rq entry, it
-will be used as the protection on the newly created messages,
-otherwise the \fIMH\fR default of 0644 will be used.
-During all operations on messages,
-this initially assigned protection will
-be preserved for each message, so \fIchmod\fR(1) may be used to set a
-protection on an individual message, and its protection will be
-preserved thereafter.
-
-If the switch `\-audit\ audit\-file' is specified (usually as a
-default switch in the profile), then \fIinc\fR will append a header
-line and a line per message to the end of the specified
-audit\-file with the format:
-
-.nf
-.ti 1i
-\*(<<inc\*(>> date
-.ti 1.5i
-<scan line for first message>
-.ti 1.5i
-<scan line for second message>
-.ti 2.5i
-<etc.>
-.fi
-
-This is useful for keeping track of volume and source of incoming
-mail.
-Eventually, \fIrepl\fR, \fIforw\fR, \fIcomp\fR, and \fIdist\fR may also
-produce audits to this (or another) file, perhaps with
-\*(lqMessage\-Id:\*(rq information to keep an exact correspondence history.
-\*(lqAudit\-file\*(rq will be in the user's MH directory unless a full
-path is specified.
-
-\fIInc\fR will incorporate even improperly formatted messages into the
-user's MH folder, inserting a blank line prior to the offending
-component and printing a comment identifying the bad message.
-
-In all cases, the user's mail drop will be zeroed,
-unless the `\-notruncate' switch is given.
-
-If the profile entry \*(lqUnseen\-Sequence\*(rq is present and non\-empty,
-then \fIinc\fR will add each of the newly incorporated messages to each
-sequence named by the profile entry.
-This is similar to the \*(lqPrevious\-Sequence\*(rq profile entry supported
-by all \fIMH\fR commands which take `msgs' or `msg' arguments.
-Note that \fIinc\fR will not zero each sequence prior to adding messages.
-
-The interpretation of the `\-form\ formatfile', `\-format\ string',
-and `\-width\ columns' switches is the same as in \fIscan\fR\0(1).
-
-By using the `\-file\ name' switch, one can direct \fIinc\fR to incorporate
-messages from a file other than the user's maildrop.
-Note that the name file will NOT be zeroed,
-unless the `\-truncate' switch is given.
-
-If the envariable \fB$MAILDROP\fR is set,
-then \fIinc\fR uses it as the location of the user's maildrop instead of the
-default (the `-file\ name' switch still overrides this, however).
-If this envariable is not set,
-then \fIinc\fR will consult the profile entry \*(lqMailDrop\*(rq for this
-information.
-If the value found is not absolute,
-then it is interpreted relative to the user's \fIMH\fR directory.
-If the value is not found,
-then \fIinc\fR will look in the standard system location for the user's
-maildrop.
-
-The `\-silent' switch directs \fIinc\fR to be quiet and not ask any questions
-at all.
-This is useful for putting \fIinc\fR in the background and going on to other
-things.
-
-If the local host is configured as a POP client,
-or if the `\-host\ host' switch is given,
-then \fIinc\fR will query the POP service host as to the status of mail
-waiting.
-If the `\-user\ user' switch is not given,
-then the current username is used.
-Normally,
-\fIinc\fR will prompt for a password to use.
-However,
-if the `\-apop' switch is given,
-\fIinc\fR will generate authentication credentials to provide
-for origin authentication and replay protection,
-but which do not involve sending a password in the clear over the network.
-Otherwise,
-if the `\-rpop' switch is given,
-then \fIinc\fR will try to use a \*(lqtrusted\*(rq connection
-(ala the BSD r-commands).
-
-If \fIinc\fR uses POP,
-then the `\-pack\ file' switch is considered.
-If given,
-then \fIinc\fR simply uses the POP to \fIpackf\fR\0(1) the user's maildrop
-from the POP service host to the named file.
-This switch is provided for those users who prefer to use \fImsh\fR to
-read their maildrops.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^tailor file
-^/var/mail/$USER~^Location of mail drop
-.Pr
-^Path:~^To determine the user's MH directory
-.Ps
-^Alternate\-Mailboxes:~^To determine the user's mailboxes
-.Ps
-^Inbox:~^To determine the inbox, default \*(lqinbox\*(rq
-.Ps
-^Folder\-Protect:~^To set mode when creating a new folder
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^To set mode when creating a new message and audit\-file
-.Ps
-^Unseen\-Sequence:~^To name sequences denoting unseen messages
-.Sa
-\fIPost Office Protocol - version 3\fR (aka RFC\-1081),
-.br
-mhmail(1), scan(1), mh\-mail(5), post(8)
-.De
-`+folder' defaulted by \*(lqInbox\*(rq above
-.Ds
-`\-noaudit'
-.Ds
-`\-changecur'
-.Ds
-`\-format' defaulted as described above
-.Ds
-`\-nosilent'
-.Ds
-`\-truncate' if `\-file\ name' not given, `\-notruncate' otherwise
-.Ds
-`\-width' defaulted to the width of the terminal
-.Ds
-`\-nopack'
-.Ds
-`\-rpop'
-.Co
-The folder into which messages are being incorporated will become the
-current folder.
-The first message incorporated will become the current message,
-unless the `\-nochangecur' option is specified.
-This leaves the context ready for a \fIshow\fR
-of the first new message.
-.Bu
-The argument to the `\-format' switch must be interpreted as a single token
-by the shell that invokes \fIinc\fR.
-Therefore,
-one must usually place the argument to this switch inside double\-quotes.
-.En
--- a/doc/install-mh.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,39 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\" @(#)$Id$
-.SC INSTALL-MH 8
-.NA
-install-mh \- initialize the MH environment
-.SY
-/usr/local/mh/lib/install\-mh
-\%[\-auto]
-\%[\-compat]
-.DE
-When a user runs any \fIMH\fR program for the first time,
-the program will invoke \fIinstall\-mh\fR (with the `\-auto' switch)
-to query the user for the initial \fIMH\fR environment.
-The user does \fBNOT\fR invoke this program directly.
-The user is asked for the name of the directory that will be designated
-as the user's \fIMH\fR directory.
-If this directory does not exist, the user is asked if it should be
-created.
-Normally, this directory should be under the user's home directory, 
-and has the default name of Mail/.
-After \fIinstall\-mh\fR has written the initial \&.mh\(ruprofile for
-the user,
-control returns to the original \fIMH\fR program.
-
-As with all \fIMH\fR commands,
-\fIinstall\-mh\fR first consults the \fB$HOME\fR envariable to
-determine the user's home directory.
-If \fB$HOME\fR is not set,
-then the \fI/etc/passwd\fR file is consulted.
-
-When converting from \fImh.3\fR to \fImh.4\fR,
-\fIinstall\-mh\fR is automatically invoked with the `\-compat' switch.
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^The user profile
-.Pr
-^Path:~^To set the user's MH directory
-.Co
-With `\-auto', the current folder is changed to \*(lqinbox\*(rq.
-.En
--- a/doc/ja-ali.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,56 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC ALI 1
-.NA
-ali \- メールのエイリアスを表示する
-.SY
-ali
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-user] \%[\-nouser]
-aliases\ ...
-\%[\-help] 
-.DE
-\fIali\fR
-は \fIaliases\fR で与えられる全てのメールエイリアス・ファイルを検索します。
-それら \fIaliases\fR に対して、アドレスのリストを作り、それを標準出力に
-書き出します。
-もし、`\-list' オプションが指定されると、それぞれのアドレスが一行ごとに
-分割して表示されます。
-そうでない場合には、アドレスはコンマで区切られ、
-出来る限り行数が少なくなるよう表示されます。
-
-`\-user' オプションにより、\fIali\fR は逆の処理をするようになります。つまり、
-与えられたエイリアスに対してそれを展開したアドレス群を表示するのではなく、
-与えられたアドレスへと展開されるエイリアスが表示されます。
-もし `\-normalize' オプションが指定されると、
-\fIali\fR はアドレスの公式ホスト名を引き出そうとします。
-
-プロファイルの \*(lqAliasfile:\*(rq エントリで指定されたファイルと
-`\-alias aliasfile' オプションで指定された全てのファイルが読まれます。
-それぞれのエイリアスは \fImh\-alias\fR\0(5) に書いてあるように処理されます。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^/etc/passwd~^ユーザーの一覧
-^/etc/group~^グループの一覧
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Aliasfile:~^デフォルトのエイリアス・ファイル
-.Sa
-mh\-alias(5)
-.De
-`\-alias /usr/local/mh/lib/MailAliases'
-.Ds
-`\-nolist'
-.Ds
-`\-nonormalize'
-.Ds
-`\-nouser'
-.Co
-無し。
-.Bu
-`\-user' オプションと `\-nonormalize' オプションを同時に指定した場合、
-完全には正しくならず、ホストのニックネームは公式ホスト名へは変換されません。
-.En
--- a/doc/ja-anno.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,58 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC ANNO 1
-.NA
-anno \- メッセージに注釈を付ける
-.SY
-anno
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-component\ field]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-date] \%[\-nodate]
-\%[\-text\ body]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIanno\fR は、与えられた field と body を使って、
-指定のメッセージ(のヘッダー部分に)に注釈を付けます。
-注釈付けは、メッセージの再配布、転送、返信の痕跡を残すために \fIdist\fR、
-\fIforw\fR、\fIrepl\fR の実行時にも行なわれる事があります。
-\fIanno\fR を使って、任意の注釈を付けることが出来ます。
-
-選択されたそれぞれのメッセージは次のように注釈が付けられます。
-
-    field:\ 日付
-    field:\ body
-
-`\-nodate' オプションは日付の注釈を抑制し、body の注釈付けだけにします。
-`\-inplace' オプションが指定されると、
-注釈が付けられるメッセージのハードリンクを保持するために、
-移動・コピー等せずに、そのファイル自身に注釈付けが行なわれます。
-そうでない場合は、注釈付きの一時コピーファイルを作った後、リネームされます。
-
-指定された field は、正しく RFC\-822 形式のメッセージ field 名であるべきです。
-つまり、英数字(またはダッシュ)だけで成り立っているべきだという事です。
-指定される body は任意のテキストです。
-
-\fIanno\fR が起動した際に、
-もし `\-component\ field' が指定されなかった場合は、
-\fIanno\fR はユーザーに、注釈を付ける field 名は何かを聞きます。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Sa
-dist (1), forw (1), repl (1)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`msgs'	デフォルトは cur
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-date'
-.Co
-もしフォルダが指定されると、それがカレント・フォルダになります。
-注釈を付けた最初のメッセージがカレント・メッセージとなります。
-.En
--- a/doc/ja-ap.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,77 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC AP 8
-.NA
-ap \- RFC\-822 形式でアドレスを解析する
-.SY
-/usr/local/mh/lib/ap
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-width\ columns]
-addrs\ ...
-\%[\-help] 
-.DE
-\fIap\fR は、ARPA Internet 標準に従ったアドレス解析を行なうプログラムです。
-多くの非標準フォーマットをも理解します。
-これは、\fIMH\fR がどのようにアドレスを解釈しているかを理解するのに、
-役立ちます。
-
-\fIap\fR は、引数を一つもしくはそれ以上のアドレスとして扱い、
-RFC\-822 フォーマットでこれらのアドレスを表示します。
-それゆえシェルでは、ダブル・クォートでそれぞれの引数を囲むことが、
-通常最も望ましいです。
-
-\fIap\fR で使われる出力形式を置き換えるためには、
-`\-format\ string' か `\-format\ file' オプションを使います。
-この方法でアドレスの個々のヘッダー行を簡単に取り出す事が出来ます。
-string はフォーマット文字列で、file はフォーマット・ファイルです。
-詳しくは \fImh\-format\fR\0(5) を参照して下さい。
-
-標準エスケープに加えて、
-\fIap\fR は次の付加的エスケープをも認識します。
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'Escape  'u +\w'Returns  'u
-\fIエスケープ\fR	\fI戻り値\fR	\fI説明\fR
-error	string	解析が失敗した時の診断
-.re
-.fi
-
-もし `\-normalize' オプションが指定されると、
-\fIap\fR はアドレスの公式ホスト名を追跡しようとします。
-
-\fIap\fR で使われるデフォルトのフォーマット文字列は次の通りです。
-
-.ti +.5i
-%<{error}%{error}: %{text}%|%(putstr(proper{text}))%>
-
-これは、もしエラーが発見された時、そのエラーと、`:' とエラーの起きた
-アドレスを返します。
-そうでなければ、アドレスの RFC\-822 準拠形式を出力します。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^テイラー・ファイル
-.Pr
-無し。
-.Sa
-dp(8),
-.br
-\fIStandard for the Format of ARPA Internet Text Messages\fR (RFC\-822)
-.De
-`\-format'	デフォルトは上述の通り
-.Ds
-`\-normalize'
-.Ds
-`\-width'	デフォルトは端末の幅
-.Co
-無し。
-.Bu
-`\-format' に対する引数は、\fIap\fR を呼び出すシェルにとって
-一語として解釈される形でなければなりません。
-従って、
-通常、このオプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければなりません。
-
-\fIMH\fR を BERK オプション付で構築したホストでは、
-アドレスの解析は出来ません。
-.En
--- a/doc/ja-bbc.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,149 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC BBC 1
-.NA
-bbc \- 電子掲示板をチェックする
-.SY
-bbc
-\%[bboards\ ...]
-\%[\-topics] \%[\-check] \%[\-read]
-\%[\-quiet] \%[\-verbose]
-\%[\-archive] \%[\-noarchive]
-\%[\-protocol] \%[\-noprotocol]
-\%[\-mshproc\ program]
-\%[switches\ for\ \fImshproc\fR]
-\%[\-rcfile rcfile] \%[\-norcfile]
-\%[\-file\ BBoardsfile] \%[\-user\ BBoardsuser]
-\%[\-host\ host]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIbbc\fR は電子掲示板を
-読んだりチェックしたりするプログラムです。
-(なお、BBoards システムではなく、NetNews システムを使用している場合は、
-以下の「電子掲示板」は全て「ニュース・グループ」と読み換え下さい。)
-
-\fIbbc\fR プログラムには、その行動に応じて三つのオプションがあります。
-
-`\-read' オプションは、指定の電子掲示板に対して、
-\fImsh\fR プログラムを呼び出します。
-もし、`\-archive' オプションも同時に指定した場合、
-\fIbbc\fR は指定の電子掲示板のアーカイヴに対して \fImsh\fR プログラムを
-呼び出します。
-もし、電子掲示板が指定されておらず、`\-archive' が指定された場合、
-\fIbbc\fR はプロファイルの `bboards' エントリは読まずに、
-代わりに電子掲示板 \*(lqsystem\*(rq のアーカイヴを読みます。
-
-`\-check' オプションは指定の電子掲示板の状態を調べます。
-\fIbbc\fR は、電子掲示板と、
-ユーザーがどの電子掲示板を読むように設定しているかの状態に依存して、
-いくつかの報告のうちの一つを表示します。
-これらの報告それぞれについて、
-表示される数字は電子掲示板での最後の記事の記事番号です。
-この番号(メッセージ内に \*(lqBBoard\-Id\*(rq という形式で記されている)は
-絶えず増加しています。従って、\fIbbc\fR が \*(lqn items\*(rq といった場合、
-それは最大の BBoard\-Id が \*(lqn\*(rq である事を意味します。
-電子掲示板内には実際には \*(lqn\*(rq 個の記事があるかも知れないし、
-ないかも知れません。
-いくつかの共通の報告は次の通りです。
-.in +1i
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items unseen\fR
-.br
-これは、ユーザーがいくつの記事をまだ見ていないかを示しています。
-`\-quiet' オプションを付けて起動された場合、
-\fIbbc\fR が表示する唯一の報告です。
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- empty\fR
-.br
-電子掲示板は空です。
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items (none seen)\fR
-.br
-電子掲示板には記事がありますが、ユーザーはまだ何も見ていません。
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items (all seen)\fR
-.br
-電子掲示板には記事があり、ユーザーはその全てを見ています。
-
-.ti -.5i
-\fBBBoard \-\- n items seen out of m\fR
-.br
-電子掲示板には、ユーザーが見ていない記事が、多くとも m\-n 個あります。
-
-.in -1i
-
-`\-topics' オプションは、指定の電子掲示板に関する三つの情報を表示します。
-すなわち、その正式名(official name)、いくつの記事が存在するか、
-そして最終更新日時です。
-もし、電子掲示板が全く指定されなかった場合、
-全ての電子掲示板に関して表示されます。
-もし、`\-verbose' オプションが指定されれば、もっと多くの情報が表示されます。
-
-`\-quiet' オプションをつけると、\fIbbc\fR は新しい記事がある電子掲示板が
-ない場合は何も表示しません。
-`\-verbose' オプションをつけると、\fIbbc\fR は、あなたが
-既に全記事を見た電子掲示板に対しても興味を示している、
-と考えます。
-
-デフォルトの \fImshproc\fR とプロファイル・エントリを置き換えるためには
-`\-mshproc\ program' オプションが使えます。
-\fIbbc\fR が認識できない引数は全てこのプログラムに引き渡されます。
-`\-protocol' オプションをつけると、\fIbbc\fR は、\fImshproc\fR が、
-\fIbbc\fR に情報を送り返して来るための特別なプロトコルを知っている、
-とみなします。
-標準の \fImshproc\fR である \fImsh\fR\0(1) はこのプロトコルは全て知っています。
-
-`\-file\ BBoardsfile' オプションをつけると、\fIbbc\fR はその処理をする際に、
-非標準の電子掲示板ファイルを使います。
-同様に、`\-user BBoardsuser' オプションをつけると、
-\fIbbc\fR は非標準のユーザー名を使います。
-これら両方のオプションは新しい電子掲示板や
-\fIPOP\fR ファイルをデバッグする際に有用です。
-
-もし、ローカルホストが NNTP クライアントとして設定されている場合、
-もしくは `\-host\ host' オプションが指定された場合、
-\fIbbc\fR は電子掲示板の状態を NNTP サーバーに聞きに行きます。
-NNTP クライアントの場合、
-`\-user\ user' や `\-rpop' オプションは無視されます。
-
-ユーザーの \fB$HOME\fR ディレクトリにある \fI\&.bbrc\fR ファイルは
-どの記事を読んだかの形跡を保存するために使われます。
-`\-rcfile\ rcfile' オプションでこの目的に使う \fI\&.bbrc\fR を置き換えます。
-もし、オプションで指定された値が絶対パスでない場合
-(すなわち、\fB/\fR で始まってない場合)、
-それはカレント・ディレクトリからの相対パスと考えられます。
-もし、このオプションが指定されない場合
-(あるいは `\-norcfile' オプションが指定された場合)、
-\fIbbc\fR は環境変数 \fBMHBBRC\fR を見て、それを尊重します。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^$HOME/\&.bbrc~^電子掲示板のカレント・メッセージ情報
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^bboards:~^興味のある電子掲示板を指定する
-.Ps
-^mshproc:~^与えられた電子掲示板を読むためのプログラム
-.Sa
-bbl(1), bboards(1), msh(1)
-.De
-`\-read'
-.Ds
-`\-noarchive'
-.Ds
-`\-protocol'
-.Ds
-`bboards'	デフォルトは \*(lqsystem\*(rq
-.Ds
-`\-file /BBoards'
-.Ds
-`\-user bboards'
-.Co
-無し。
-.Bu
-`\-user' オプションは `\-file' オプションに続く場合だけ機能します。
-.En
--- a/doc/ja-burst.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,102 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC BURST 1
-.NA
-burst \- ダイジェストをメッセージに展開する
-.SY
-burst
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-quiet] \%[\-noquiet]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIburst\fR は、フォルダ内の指定されたメッセージを Internet ダイジェスト
-(複数のメッセージをまとめて一つのメッセージにしたもの。RFC\-1153 も参照)
-だと考え、それらをフォルダ内に展開します。
-
-`\-inplace' オプションをつけると、
-ダイジェストは、ダイジェストの目次に置き換わります
-(元のダイジェストは削除されます)。
-\fIburst\fR は
-ダイジェスト内に含まれるそれぞれのメッセージの格納領域を作るために、
-フォルダ内の、そのダイジェスト以降の全てのメッセージ番号を付け替えます。
-これらのメッセージは展開されたダイジェストのすぐ後に来ます。
-
-`\-noinplace' をつけると、
-ダイジェストはそのまま保存され、目次は作られません。
-また、ダイジェストに含まれるメッセージはそのフォルダの最後の位置に来ます。
-他のメッセージ番号はこれにより影響を受けません。
-
-`\-quiet' オプションをつけると、
-\fIburst\fR はダイジェスト形式でないメッセージに関しての報告をしません。
-
-`\-verbose' オプションをつけると、
-\fIburst\fR はダイジェスト展開中の動作を逐一報告します。
-
-\fIburst\fR は、Internet ダイジェストに対して同様に、
-\fIforw\fR や \fIsend\fR によって作成された転送メッセージや
-ブラインド・カーボン・コピーに対しても
-同じようにうまく働く事が分かります。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^新しいメッセージを作る際にセットされるモード
-.Sa
-\fIProposed Standard for Message Encapsulation\fR (RFC\-934),
-.br
-inc(1), msh(1), pack(1)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`msgs'	デフォルトは cur
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-noquiet'
-.Ds
-`\-noverbose'
-.Co
-もしフォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダになります。
-もし `\-inplace' が指定されれば、
-展開される最初のメッセージがカレント・メッセージとなります。
-これにより、\fIshow\fR でダイジェストの目次が、
-\fInext\fR でダイジェストの最初のメッセージが読めるようになります。
-もし `\-noinplace' が指定されれば、
-最初のダイジェストから展開された最初のメッセージが
-カレント・メッセージとなります。
-これは `\-inplace' を指定した場合と似た背景ですが、同じ状況ではありません。
-.Bu
-\fIburst\fR プログラムは一つのメッセージから \fIburst\fR されるメッセージの
-数に制限があります。
-この数は 1000 メッセージのオーダーです。
-\fIburst\fR された後のフォルダ内に存在できるメッセージ数には
-通常、制限はありません。
-
-\fIburst\fR はまとめられたメッセージの内の一つがどこで終って、
-次のがどこから始まるのかを決めるのに、
-洗練されたアルゴリズムを使っていますが、
-全てのダイジェスト作成プログラムが
-このアルゴリズムを使っている訳ではありません。
-悪い場合だと、
-通常、\fIburst\fR はまとめメッセージの境界を早く見つけ過ぎて、
-一つのメッセージを二つやそれ以上にも分割してしまう事になります。
-こういう間違ったダイジェストを作るようなプログラムは修正されるべきです。
-
-さらに、
-最後のまとめメッセージの後の部分に現れるテキストは \fIburst\fR で分割
-されたメッセージの中には現れません。
-ダイジェスト形式のメッセージの場合だと、このテキストは通常
-\*(lqEnd of digest\*(rq という文字列です。
-\fIburst\fR に関しての、この、たぶん不親切なふるまいの結果、
-`\-inplace' オプションを使う際には、
-この最後にくっついた情報は無くなってしまうという点に注意して下さい。
-でも実際問題としては、これは問題ではありません。
-通常、通信相手は、
-注釈は、最初のまとめメッセージの前のテキスト部分に置くだろうし、
-この前の部分の情報は無くならないからです。
-.En
--- a/doc/ja-comp.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,114 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC COMP 1
-.NA
-comp \- メッセージを作成する
-.SY
-comp 
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-file\ file]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-use] \%[\-nouse]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIcomp\fR はメールを出すための新しいメッセージを作るのに使われます。
-メッセージ・フォームをドラフトへとコピーし、
-そのドラフトを指定してエディタを呼び出します
-(`\-noedit' オプションが指定された場合を除きます。
-この場合、最初の編集は抑制されます)。
-
-デフォルトのメッセージ・フォームは次の通りです。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/components
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-もし、ユーザーの MH ディレクトリの中に \*(lqcomponents\*(rq という名前の
-ファイルがある場合、このフォームに代わって、それが使われます。
-`\-form\ formfile' でファイルが指定されると、それが使われます。
-既にあるメッセージの内容をフォームとして使って、\fIcomp\fR を起動させて
-もかまいません。
-`+folder' か `msg' が引数で指定された場合、そのメッセージがフォームとして
-使われます。`\-form\ formfile' オプションと `+folder' または \&`msg' 引数を
-同時に指定してはいけません。
-そのメッセージが送られる時(\fIsend\fR\0(1) 参照)に正しく認識されるために、
-ダッシュの行または空行は、ヘッダとボディの間に残しておかなければなりません。
-`\-use' オプションは、
-\fIcomp\fR に既に編集を始めたメッセージの編集を続行することを指示します。
-つまり、
-もし \fIcomp\fR (あるいは \fIdist\fR や \fIrepl\fR や \fIforw\fR\0)を
-ドラフトの送信をせずに終了させた場合、
-そのドラフトは \*(lqcomp\ \-use\*(rq で再編集する事が出来ます。
-
-もし、ドラフトが既に存在する場合、
-\fIcomp\fR はそのドラフトをどうするのかを聞いて来ます。
-\fBquit\fR と答えると、ドラフトをそのまま残して、\fIcomp\fR を終了します。
-\fBreplace\fR は存在するドラフトを適切なフォームで置き換えます。
-\fBlist\fR はドラフトを表示します。
-\fBuse\fR はドラフトをさらに編集するためにそのドラフトを使います。
-そして、\fBrefile\ +folder\fR はそのドラフトを指定されたフォルダに移動して、
-適切なフォームで新しいドラフトを作ります
-(\fBrefile\fR には `+folder' 引数が必要です)。
-
-`\-draftfolder\ +folder' と `\-draftmessage\ msg' オプションは
-\fIMH\fR のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。
-これは進んだ(そして極めて有用な)仕様です。
-詳しくは \fImh-profile\fR\0(5) の \fIDraft-Folder\fR 部分などを参照して下さい。
-
-`\-file\ file' オプションは指定されたファイルをドラフトとして使うことを
-指示します。
-
-`\-editor\ editor' オプションは最初の編集で使うエディタを指定します。
-エディタを終了する際、\fIcomp\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを呼び出します。
-使えるオプションに関しては \fIwhatnow\fR\0(1) を見て下さい。
-このプログラムを呼び出す事は `\-nowhatnowproc' オプションで抑制出来ます
-(本当を言うと、
-最初の編集を開始するプログラムが \fIwhatnow\fR です。
-従って、`\-nowhatnowproc' は全ての編集を抑制します)。
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/components~^メッセージの雛型
-^あるいは <mh\-dir>/components~^が標準の雛型に置き換わる
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^<mh\-dir>/draft~^デフォルトのドラフト・ファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^デフォルトのドラフト・フォルダを決める
-.Ps
-^Editor:~^デフォルトのエディタを置き換える
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^新しいメッセージ(ドラフト)を作る際に
-.br
-^~^セットされるモード
-.Ps
-^fileproc:~^メッセージを refile するプログラム
-.Ps
-^whatnowproc:~^\*(lqWhat now?\*(rq と聞いてくるプログラム
-.Sa
-dist(1), forw(1), repl(1), send(1), whatnow(1), mh-profile(5)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`msg'	デフォルトは cur
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-nouse'
-.Co
-無し。
-.Bu
-もし \fIwhatnowproc\fR が \fIwhatnow\fR の場合、
-\fIcomp\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを実際に走らせずに、
-内蔵の \fIwhatnow\fR ルーチンを使います。
-従って、もし自分で独自の \fIwhatnowproc\fR を設定する場合に、
-それに \fIwhatnow\fR という名前をつけてはなりません。
-\fIcomp\fR はそれを起動しないからです。
-.En
--- a/doc/ja-conflict.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,54 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC CONFLICT 8
-.NA
-conflict \- エイリアス/パスワードの不一致を探す
-.SY
-/usr/local/mh/lib/conflict
-\%[\-mail\ name]
-\%[\-search\ directory]
-\%[aliasfiles...]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIconflict\fR は、\fIMH\fR と配送システムとの間のインターフェイスが
-うまくいくかをチェックするプログラムです。
-
-\fIconflict\fR は
-正当なユーザーに属していない /var/mail にある
-メールドロップもチェックします。
-どのユーザー名も `.' で始まらないと仮定していて、
-/var/mail にある `.' で始まるファイルは無視します。
-
-正当なユーザーが属していない
-\fIgroup\fR\0(5) ファイルのエントリーや、
-正当なグループ番号をもたないユーザをも調べます。
-加えて、二重ユーザと二重グループは注意されます。
-
-`\-mail\ name' オプションが与えられると、
-特定の \fIname\fR (のユーザーに)結果が送られます。
-そうでなければ、結果は標準出力に送られます。
-
-`\-search\ directory' オプションは、
-/var/mail 以外のディレクトリを探し、それらの中にある異常を報告する
-のに使われます。
-\fIconflict\fR を呼び出すのに、`\-search\ directory' オプションを
-複数指定することが可能です。
-
-\fIconflict\fR は \fIcron\fR\0(8) で実行するか、
-もしくはシステムのアカウンティングが行なわれた時には
-いつでも実行するべきです。
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^テイラー・ファイル
-^/etc/passwd~^ユーザーのリスト
-^/etc/group~^グループのリスト
-^/usr/local/mh/bin/mhmail~^メールを送るプログラム
-^/var/mail/~^メール・ドロップのディレクトリ
-.Pr
-無し。
-.Sa
-mh\-alias(5)
-.De
-`aliasfiles'	デフォルトは /usr/local/mh/lib/MailAliases
-.Co
-無し。
-.En
--- a/doc/ja-dist.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,142 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC DIST 1
-.NA
-dist \- メッセージを追加アドレスに再配布する
-.SY
-dist
-\%[+folder] \%[msg] 
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate] 
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-form\ formfile] 
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace] 
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIdist\fR は \fIforw\fR に似ています。
-指定されたメッセージを、(たぶん)元のアドレス・リストに無かったアドレスに
-再配布するものです。
-
-デフォルトのメッセージ・フォームは次の通りです。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/distcomps
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-もし、ユーザーの MH ディレクトリに \*(lqdistcomps\*(rq という名前のファイルが
-あった場合、このフォームに代わってそれが使われます。
-いずれの場合も、`\-form\ formfile' が指定された場合はそのファイルが使われます。
-使われるフォームは再送されるメッセージに適用されます。
-
-もし、ドラフトが既に存在する場合、
-\fIdist\fR はそのドラフトをどうするのかを聞いて来ます。
-\fBquit\fR と答えると、ドラフトをそのまま残して、\fIdist\fR を終了します。
-\fBreplace\fR は存在するドラフトを空の雛型で置き換えます。
-\fBlist\fR はドラフトを表示します。
-
-\*(lqResent\-To:\*(rq、\*(lqResent\-cc:\*(rq、そして、\*(lqResent\-Bcc:\*(rq
-にあるアドレスにだけ配送されます。
-また、\*(lqResent\-Fcc:\ folder\*(rq は尊重されます(\fIsend\fR\0(1) を参照)。
-\fIdist\fR の場合、ドラフトは \*(lqResent\-xxx:\*(rq 行だけを含んでいて、
-ボディを含んでいるべきでない事に注意して下さい。
-メッセージが送られる際に、
-元のメッセージのヘッダーとボディがドラフトに追加コピーされます。
-再配布の際のヘッダーは注意をして作成して下さい。
-
-もし、`\-annotate' オプションが指定されると、再配布されるメッセージには
-次に示すような注釈が付けられます。
-
-     Resent:\ 日付
-     Resent:\ アドレス
-
-アドレスリストは要求されただけ多くの行になり得ます。
-この注釈は、
-メッセージが \fIdist\fR から直接送られた時にだけ付けられます。
-もし、メッセージが \fIdist\fR からすぐには送られずに、
-後に \*(lqcomp \-use\*(rq などで再編集してから送られた場合、
-この注釈付けは行なわれません。
-`\-inplace' オプションが指定されると、
-注釈が付けられるメッセージのハードリンクを保持するために、
-移動・コピー等せずに、そのファイル自身に注釈付けが行なわれます。
-
-`\-editor' や `\-noedit' オプションに関しては
-\fIcomp\fR\0(1) を参照して下さい。
-エディタにいる間だけは、
-再送されるメッセージは \*(lq@\*(rq というリンク名で参照できます
-(デフォルトの \fIwhatnowproc\fR の場合)。
-加えて、メッセージの実際のパス名は環境変数 \fB$editalt\fR に、
-そのメッセージが入っているフォルダのパス名は環境変数 \fB$mhfolder\fR に
-格納されています。
-
-`\-draftfolder\ +folder' と `\-draftmessage\ msg' オプションは
-\fIMH\fR のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。
-これは進んだ(そして極めて有用な)仕様です。
-詳しくは \fImh-profile\fR\0(5) の \fIDraft-Folder\fR 部分などを参照して下さい。
-
-エディタを終了する際、\fIdist\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを呼び出します。
-使えるオプションに関しては \fIwhatnow\fR\0(1) を見て下さい。
-このプログラムを呼び出す事は `\-nowhatnowproc' オプションで抑制出来ます
-(本当を言うと、
-最初の編集を開始するプログラムが \fIwhatnow\fR です。
-従って、`\-nowhatnowproc' は全ての編集を抑制します)。
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/distcomps~^メッセージの雛型
-^あるいは <mh\-dir>/distcomps~^が標準の雛型に代わる
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^<mh\-dir>/draft~^デフォルトのドラフト・ファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^デフォルトのドラフト・フォルダを示す
-.Ps
-^Editor:~^デフォルトのエディタを置き換える
-.Ps
-^fileproc:~^メッセージを refile するプログラム
-.Ps
-^whatnowproc:~^\*(lqWhat now?\*(rq と聞いてくるプログラム
-.Sa
-comp(1), forw(1), repl(1), send(1), whatnow(1)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`msg'	デフォルトは cur
-.Ds
-`\-noannotate'
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Co
-もし、フォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダとなります。
-再配布されたメッセージがカレント・メッセージになります。
-.Hi
-\fIdist\fR は元々、\*(lqResent\-xxx:\*(rq ではなく、
-\*(lqDistribute\-xxx:\*(rq という形のヘッダーを使っていました。
-現在は、Internet の標準である RFC\-822 を満たすために
-\*(lqResent\-xxx:\*(rq 形式が使われています。
-しかし、\fIdist\fR は \*(lqDistribute\-xxx:\*(rq 形式のヘッダーも認識し、
-自動的に \*(lqResent\-xxx:\*(rq 形式に直します。
-.Bu
-\fIdist\fR は、配布されるメッセージが配送規格に合ってるかどうかを厳しく
-チェックしたりはしませんが、\fIsend\fR から呼ばれる \fIpost\fR はします。
-\fIpost\fR プログラムは正しくない形式のメッセージを弾きますが、
-\fIdist\fR はそれを直そうとはしません。
-
-もし \fIwhatnowproc\fR が \fIwhatnow\fR の場合、
-\fIdist\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを実際に走らせずに、
-内蔵の \fIwhatnow\fR ルーチンを使います。
-従って、もし自分で独自の \fIwhatnowproc\fR を設定する場合に、
-それに \fIwhatnow\fR という名前をつけてはなりません。
-\fIdist\fR はそれを起動しないからです。
-
-もしカレント・ディレクトリが書き込み禁止の場合、
-リンク名 \*(lq@\*(rq は使用出来ません。
-.En
--- a/doc/ja-dp.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,61 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC DP 8
-.NA
-dp \- RFC\-822 形式で日付を解析する
-.SY
-/usr/local/mh/lib/dp
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-width\ columns]
-dates\ ...
-\%[\-help]
-.DE
-\fI\dp\fR は、ARPA Internet 標準に従った日付解析を行なうプログラムです。
-TOPS\-20 サイトと \fIctime\fR\0(3) を使ういくつかの UNIX サイトによって
-付けられている様な、
-多くの非標準フォーマットも理解します。
-これは、\fIMH\fR がどのように日付を解釈しているかを理解するのに、
-役立ちます。
-
-\fIdp\fR は、引数を一つの日付として扱い、
-RFC\-822 フォーマットでこの日付を表示します。
-それゆえシェルでは、ダブル・クォートでそれぞれの引数を囲むことが、
-通常最も望ましいです。
-
-\fIdp\fR で使われる出力形式を置き換えるためには、
-`\-format\ string' か `\-format\ file' オプションを使います。
-この方法で日付の個々のヘッダー行を簡単に取り出す事が出来ます。
-string はフォーマット文字列で、file はフォーマット・ファイルです。
-詳しくは \fImh\-format\fR\0(5) を参照して下さい。
-
-\fIdp\fR で使われるデフォルトのフォーマット文字列は次の通りです。
-
-.nf
-.ti +.5i
-%<(nodate{text})error: %{text}%|%(putstr(pretty{text}))%>
-.fi
-
-これは、もしエラーが発見された時、そのエラーと、`:' とエラーの起きた
-日付を返します。
-そうでなければ、日付の RFC\-822 準拠形式を出力します。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-無し。
-.Sa
-ap(8)
-.br
-\fIStandard for the Format of ARPA Internet Text Messages\fR (RFC\-822)
-.De
-`\-format'	デフォルトは上述の通り
-.Ds
-`\-width'	デフォルトは端末の幅
-.Co
-無し。
-.Bu
-`\-format' に対する引数は、\fIdp\fR を呼び出すシェルにとって
-一語として解釈される形でなければなりません。
-従って、
-通常、このオプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければなりません。
-.En
--- a/doc/ja-fmtdump.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,33 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC FMTDUMP 8
-.NA
-fmtdump \- MH フォーマットファイルのデコード
-.SY
-/usr/local/mh/lib/fmtdump
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIfmtdump\fR は、\fIMH\fP フォーマット・ファイルを解析し、
-そのファイルを \fIMH\fP がどう解釈しているかを仮想言語でのリストを
-作成するプログラムです。
-
-`\-format\ string' と `\-form\ formatfile' オプションは、
-読み込むフォーマット文字列もしくはフォーマット・ファイルを特定するのに
-使われます。
-string はフォーマット文字列で、file はフォーマット・ファイルです。
-詳しくは \fImh-format\fR\|(5) を参照して下さい。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^/usr/local/mh/lib/scan.default~^デフォルトのフォーマット・ファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Sa
-mh-format(5), mh-sequences(8)
-.Co
-無し。
-.Bu
-mh-format サブルーチン内部の仕組みに詳しくないなら、
-この出力は役に立たないかもしれません。
-.En
--- a/doc/ja-folder.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,221 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC FOLDER 1
-.NA
-folder, folders \- カレント・フォルダ、カレント・メッセージを設定/表示する
-.SY
-folder
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-all]
-\%[\-create] \%[\-nocreate]
-\%[\-print]
-.\" \%[\-noprint]
-\%[\-fast] \%[\-nofast]
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-recurse] \%[\-norecurse]
-\%[\-total] \%[\-nototal]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-push] \%[\-pop]
-\%[\-pack] \%[\-nopack]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-folders
-.DE
-\fIMH\fR 環境はシェルなので、
-カレント・フォルダの形跡は日に日に失われやすいものです。
-\fIfolder\fR は `\-print' オプションと共に実行されると(デフォルト)、
-カレント・フォルダ、その中にあるメッセージ数、メッセージの範囲(最小\-最大)、
-そして、そのフォルダのカレントメッセージを表示し、
-特別なファイルが存在する場合にはそれを知らせます。
-例えば次のような感じです。
-
-.nf
-.if t .in +.5i
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP 'u +\w'has ddd messages 'u +\w'(ddd\-ddd); 'u
-inbox+	has \016 messages	(\0\03\-\022);	cur=\0\05.
-.re
-.if t .in -.5i
-.fi
-
-もし、`+folder' と `msg' の両方、あるいは片方が指定されると、
-それらはそれぞれカレント・フォルダ、カレント・メッセージになります。
-対応させて言うなら、
-`+folder' 引数が指定された場合は、
-シェルでいう \*(lqcd\*(rq の処理に相当し、
-`+folder' 引数が指定されない場合は、大雑把に言うと、
-シェルでいう \*(lqpwd\*(rq の処理に相当する訳です。
-
-指定の(あるいはデフォルトの)フォルダが存在しない場合のデフォルトの処理は、
-ユーザーにそのフォルダを作るべきかどうかを尋ねる事です。
-もし、標準入力が端末でない場合、
-この質問へは \*(lqyes\*(rq が答えられたと見なされます。
-
-`\-create' オプションが指定されると、
-\fIfolder\fP は何も聞かずに新しいフォルダを作ります
-(これは後で使う空フォルダを作る簡単な方法です)。
-`\-nocreate' オプションが指定されると、
-\fIfolder\fP は存在しないフォルダは作らずに終了します。
-.\"
-.\" 注意 - これは今は動きません。
-.\" もし `\-noprint' が指定されると、
-.\" `+folder' や `msg' は、カレント・フォルダまたは
-.\" カレント・メッセージになりますが、
-.\" フォルダの摘要は表示されません。
-.Uh "複数のフォルダ"
-`\-all' を指定すると、ユーザーの MH ディレクトリ内のトップレベルの
-フォルダそれぞれについて、アルファベット順に並べた摘要の行が作られます
-(もし \fIfolder\fR が \*(lqs\*(rq で終わる名前で呼ばれた場合
-(例えば \fIfolders\fR\0)には、`\-all' が想定されます)。
-もし、`\-recurse' を `\-all' と共に指定すると、
-全てのサブ・フォルダに対しても表示されます。
-これらのフォルダは全て、
-ユーザーの \fIMH\fR コンテクストに \*(lqatr\-cur\-\*(rq エントリがあり
-(つまり、中のメッセージに \fIMH\fR でアクセスした事がある)、
-そのユーザーに書き込み権限が無いフォルダが先に表示されます。
-例えば、次の通りです。
-
-.ne 9
-.nf
-.if t .in +.5i
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP 'u +\w'has ddd messages 'u +\w'(ddd\-ddd); 'u
-Folder	\0\0\0# of messages	(\0range\0)	cur msg (other files)
-/fsd/rs/m/tacc	has \035 messages	(\0\01\-\035);	cur=\023.
-/rnd/phyl/Mail/EP	has \082 messages	(\0\01\-108);	cur=\082.
-ff	has \0no messages.
-inbox+	has \016 messages	(\0\03\-\022);	cur=\0\05.
-mh	has \076 messages	(\0\01\-\076);	cur=\070.
-notes	has \0\02 messages	(\0\01\-\0\02);	cur=\0\01.
-ucom	has 124 messages	(\0\01\-124);	cur=\0\06; (others).
-.ta \w'/rnd/phyl/Mail/EP has 'u
-\0\0\0\0\0\0\0\0\0\0TOTAL=	339 messages in 7 folders
-.re
-.if t .in -.5i
-.fi
-
-ここでは、例えば最初の `+/fsd/rs/m/tacc' フォルダを見て下さい。
-\fIMH\fR では、フォルダは通常、ユーザーの MH ディレクトリの下にありますが、
-フォルダ名がスラッシュ(`/')で始まるものは UNIX ファイル・システム
-に於いてその絶対パスで表される場所にあると考えられます。
-つまり、\fIMH\fR では他人のフォルダを含め、任意のディレクトリをフォルダと
-して扱え、そこをカレント・フォルダにする事も出来ます。
-もちろん、それらのディレクトリにアクセス出来る権限(モード等)は必要です。
-
-inbox の後の \*(lq+\*(rq はこれがカレント・フォルダである事を示します。
-\*(lq(others)\*(rq はフォルダ `ucom' にメッセージでないファイル(または
-ディレクトリ)が存在する事を示します。
-これらはサブ・フォルダかも知れないし、
-MH のファイル名称体系に合わない(数字でない)名前のファイルかも知れません。
-
-`\-all' または `\-header' オプションが指定されると、見出し行が出力されます。
-これは `\-noheader' で抑制できます。
-`\-total' オプションは、摘要行だけを作ります。
-
-`\-fast' が指定されると、フォルダ名だけが表示されます
-(これはフォルダを読む必要がないので、より速いです)。
-
-`+folder' が `\-all' オプションと共に指定された場合、
-\fIfolder\fR は
-カレント・フォルダを設定する事に加えて、
-カレント・フォルダのトップレベルのフォルダを表示します (`\-norecurse' の場合)。
-あるいは、カレント・フォルダの下にある全てのサブ・フォルダを表示します
-(`\-recurse' の場合)。
-この場合、もし、`msg' も指定された場合、
-それは `+folder' のカレント・メッセージになります。
-
-`\-recurse' オプションはそれぞれのフォルダを再帰的に表示します。
-このオプションを使うと、それぞれのフォルダについて、
-サブ・フォルダを探さなければならなので、
-`\-fast' オプションによるスピードアップは望めません。
-しかし、表示内容の面から見れば、
-これらのオプションを組み合わせるのは有用です。
-
-.Uh "メッセージ番号の抜けを取り除く"
-`\-pack' オプションは、指定のフォルダ内のメッセージ番号の抜けを取り除き、
-番号を1から付け直します。
-`\-verbose' オプションをつけると、
-\fIfolder\fR はフォルダ内のメッセージ番号変更の際、
-実行中の動作を逐一報告します。
-
-.Uh "フォルダ・スタック"
-`\-push' オプションを付けると、
-\fIfolder\fR はカレント・フォルダをフォルダ・スタックの上に積み、
-`+folder' 引数をカレント・フォルダにします。
-もし、`+folder' が指定されてない場合は、
-カレント・フォルダとフォルダ・スタックの一番上を交換します。
-これは \fICShell\fR に於ける \*(lqpushd\*(rq 処理に相当します。
-
-`\-pop' オプションを付けると、
-\fIfolder\fR はフォルダ・スタックの一番上を取り除き、
-その値をカレント・フォルダにします。
-`+folder' 引数は許されません。
-これは \fICShell\fR に於ける \*(lqpopd\*(rq 処理に相当します。
-`\-push' オプションと `\-pop' オプションは相互排他的であり、
-二つのうち最後に現れたものが、その前に現れたものを打ち消します。
-これら二つのオプションは、デフォルトで `\-list' が指定されます。
-
-`\-list' オプションを付けると、
-\fIfolder\fR はフォルダ・スタックの内容を表示します。
-`+folder' 引数は許されません。
-`\-push' や `\-pop' が成功した場合も、
-それらのオプションの後に `\-nolist' オプションが指定されている場合を除いて、
-`\-list' 処理が行なわれます。
-これは \fICShell\fR に於ける \*(lqdirs\*(rq 処理に相当します。
-`\-push'、`\-pop'、そして `\-list' オプションは
-`\-print' オプションを抑制します。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Ps
-^Folder\-Protect:~^新しいフォルダを作る際にセットされるモード
-.Ps
-^Folder\-Stack:~^フォルダ・スタックを決める
-.\" .Ps
-.\" ^lsproc:~^フォルダの内容を表示するプログラム
-.Sa
-refile(1), mhpath(1)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`msg'	デフォルトは無し。
-.Ds
-`\-nofast'
-.Ds
-`\-noheader'
-.Ds
-`\-nototal'
-.Ds
-`\-nopack'
-.Ds
-`\-norecurse'
-.Ds
-`\-noverbose'
-.Ds
-`\-print'	`\-list'、`\-push'、または `\-pop' が指定された場合
-.Ds
-`\-list'	`\-push' または `\-pop' が指定された場合
-.Co
-もし `+folder' と `msg' の片方または両方が指定された場合、
-それらはそれぞれカレント・フォルダ、カレント・メッセージになります。
-.Hi
-以前のバージョンの \fIMH\fR では、
-`\-fast' オプションを付けた場合には、カレント・フォルダは変更されませんでした。
-しかし現在はそうではありません。`+folder' が与えられると、
-\fIfolder\fR は常にカレント・フォルダをそれに変えます。
-.Bu
-`\-all' を付けると、`\-header' と `\-total' になります。
-.sp
-`\-create' または `\-nocreate' が指定されると、
-もはや、その後のオプションで、
-(存在しないフォルダに関してはユーザーに聞くという)デフォルトの動作に
-戻す方法がありません。
-.sp
-数字だけから成るような(メッセージと見なせるような)名前の
-サブフォルダ等があると、
-`-pack' 時に、システムに依って、そのフォルダの名前まで番号が変わるか、
-意味のないエラーメッセージと共にコマンド実行が失敗します。
-.En
--- a/doc/ja-forw.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,279 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC FORW 1
-.NA
-forw \- メッセージを転送する
-.SY
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-filter\ filterfile]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-digest\ list] \%[\-issue\ number] \%[\-volume\ number]
-\%[other\ switches\ for\ \fIforw\fR]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIforw\fR は、
-他のメッセージを含んだメッセージを作るために使われます。
-メッセージ・フォーム(\fIcomp\fR 参照)から、
-新しいメッセージを作り、
-転送されるメッセージをボディ部分に含めます。
-\fIcomp\fR 同様にエディタが呼び出され、編集が終わると、メッセージが送られる
-前にユーザーに質問をしてきます。
-
-転送されるメッセージを含む場合の、
-デフォルトのメッセージ・フォームは次の通りです。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/forwcomps
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-もし、ユーザーの MH ディレクトリの中に \*(lqforwcomps\*(rq という名前の
-ファイルがある場合には、このフォームに代わって、それが使われます。
-いずれの場合も、`\-form\ formfile' が指定された場合はそのファイルが使われます。
-
-もし、ドラフトが既に存在する場合、
-\fIforw\fR はそのドラフトをどうするのかを聞いて来ます。
-\fBquit\fR と答えると、ドラフトをそのまま残して、\fIforw\fR を終了し、
-\fBreplace\fR では存在するドラフトを空の雛型で置き換え、
-\fBlist\fR ではドラフトを表示します。
-
-もし、`\-annotate' オプションが指定されると、転送されるメッセージには
-次に示すような注釈が付けられます。
-
-     Forwarded:\ 日付
-     Forwarded:\ アドレス
-
-アドレスリストは要求されるだけ多くの行になり得ます。
-この注釈は
-メッセージが \fIforw\fR から直接送られた時にだけ付けられます。
-もし、メッセージが \fIforw\fR からすぐには送られずに、
-後に \*(lqcomp \-use\*(rq などで再編集してから送られた場合、
-この注釈付けは行なわれません。
-`\-inplace' オプションが指定されると、
-注釈が付けられるメッセージのハードリンクを保持するために、
-移動・コピー等せずに、そのファイル自身に注釈付けが行なわれます。
-
-`\-editor' や `\-noedit' オプションに関しては
-\fIcomp\fR\0(1) を参照して下さい。
-
-\fIforw\fR では、`\-form\ formfile' オプションを、
-ドラフトの最初の状態を作るために使いますが、
-`\-filter\ filterfile'、`\-format'、そして `\-noformat' オプションは、
-ドラフトのボディ部分に含まれる
-転送されるそれぞれのメッセージを整形する際に使います。
-`\-noformat' オプションが指定されると、
-それぞれの転送されるメッセージはまさにそのままボディ部分に出力されます。
-もし `\-format' または `\-filter\ filterfile' が指定されると、
-転送されるそれぞれのメッセージは、ドラフトのボディへと出力される前に
-フィルタ(再整形)にかけられます。
-\fIforw\fR は転送されるメッセージを整形する際に \fImhl\fR を呼び出すので、
-\fIforw\fR に対するフィルタ・ファイルは \fImhl\fR の標準フォーマットで
-あるべきです。
-デフォルトのメッセージ・フィルタ(`\-format' 指定時)は次の通りです。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/mhl.forward
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-もし、ユーザーの MH ディレクトリに \*(lqmhl.forward\*(rq という名前のファイルが
-ある場合、このフォームに代わってそれが使われます。
-いずれの場合も、`\-filter\ filterfile' が指定された場合はそのファイルが
-使われます。
-まとめると次のようになります。
-`\-noformat' は転送されるそれぞれのメッセージをそのまま使い、
-`\-format' は \fImhl\fR と
-デフォルトのフィルタ・ファイル、つまり \*(lqmhl.forward\*(rq を使い、
-`\-filter\ filterfile' は転送されるそれぞれのメッセージ を
-\fImhl\fR で整形する際に指定のフィルタ・ファイルを使います。
-
-転送されるそれぞれのメッセージは、取り込み区切りで分割され、
-転送されるメッセージの各行の最初の文字がダッシュ(`\-')である場合、
-その前に `\-\ ' が付けられます。
-これは受けとった際に、
-メッセージを \fIburst\fR\0(1) で分割するのに適しています。
-これは RFC\-934 に従った方式です。
-
-\fIprompter\fR\0(1) のユーザーは、
-\&.mh\(ruprofile ファイル内で prompter に `-prepend' オプションを指定すると、
-任意の注釈テキストを転送されるメッセージの前に挿入出来ます。
-
-メッセージの包含に MIME ルールを使う場合には、
-`\-mime' オプションを使います。
-これにより \fIforw\fR は \fImhn\fR 処理を行なうためのファイルを作ります。
-このファイルは送り出す前に \fImhn\fR で処理する必要があります。
-
-\&.mh\(ruprofile に以下の行を追加しない限り、
-MH は、自動的には \fImhn\fR は呼び出さない事に注意して下さい。
-.sp
-.in +.5i
-automhnproc: mhn
-.in -.5i
-.sp
-これをしない時は、
-ドラフトを送る前に明示的に以下のコマンドを使わなければなりません。
-.sp
-.in +.5i
-What now? edit mhn
-.in -.5i
-.sp
-
-この幾つかの作業を自動で行なわせるためには、
-\fIprompter\fR に対する \fIrapid\fR という名前のリンクを作り、
-以下の行を \&.mh\(ruprofile に追加します。
-.sp
-.in +.5i
-.nf
-forw: -editor rapid -mime
-rapid: -rapid
-rapid-next: mhn
-.fi
-.in -.5i
-.sp
-この時、単に以下のように出来ます。
-.sp
-.in +.5i
-.nf
-\fIforw msgs\fR
-To: \fImailbox\fR
-cc:
-Subject: \fIwhatever\fR
-
---------Enter initial text
-
-\fIblah, blah, blah.\fR
-<CTRL-D>
---------
-
-What now? \fIedit\fR
-What now? \fIsend\fR
-...
-.fi
-.in -.5i
-.sp
-\fIedit\fR コマンドは自動的に \fImhn\fR を呼び出します。
-
-`\-draftfolder\ +folder' と `\-draftmessage\ msg' オプションは
-\fIMH\fR のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。
-これは進んだ(そして極めて有用な)仕様です。
-詳しくは \fImh-profile\fR\0(5) の \fIDraft-Folder\fR 部分などを参照して下さい。
-
-エディタを終了する際、\fIforw\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを呼び出します。
-使えるオプションに関しては \fIwhatnow\fR\0(1) を見て下さい。
-このプログラムを呼び出す事は `\-nowhatnowproc' オプションで抑制出来ます
-(本当のことを言うと、
-最初の編集を開始するプログラムが \fIwhatnow\fR です。
-従って、`\-nowhatnowproc' は全ての編集を抑制します)。
-
-`\-digest\ list'、`\-issue\ number'、そして `\-volume\ number' オプションは、
-\fIMH\fR のダイジェスト機能のために設計されています。これにより、
-メーリングリスト `list' のダイジェスト(まとめ送り)を作成する事が出来ます。
-`\-issue\ number' や `\-volume\ number' オプションが指定されない場合に
-関しては \fImh-profile\fR\0(5) も参照して下さい。
-これらのオプションを指定すると、以下のエスケープが可能になります。
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'コンポーネント  'u +\w'エスケープ  'u +\w'integer  'u
-\fIタイプ\fR	\fIエスケープ\fR	\fI戻り値\fR	\fI説明\fR
-\fIコンポーネント\fR	\fIdigest\fR	string	`\-digest' への引数
-\fI関数\fR	\fIcur\fR	integer	`\-volume' への引数
-\fI関数\fR	\fImsg\fR	integer	`\-issue' への引数
-.re
-.fi
-
-\fIforw\fR は `\-digest\ list' が指定された時は、
-デフォルトのメッセージ・フォームは \*(lqforwcomps\*(rq に代わって
-\*(lqdigestcomps\*(rq が、
-デフォルトのフォーマット・ファイルは \*(lqmhl.forward\*(rq に代わって
-\*(lqmhl.digest\*(rq が使われます。
-ダイジェスト形式に関しては \fIburst\fR\0(1) も参照して下さい。
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/forwcomps~^メッセージの雛型
-^あるいは <mh\-dir>/forwcomps~^が標準の雛型に代わる
-^/usr/local/mh/lib/digestcomps~^`\-digest' が指定された時のメッセージの雛型
-^あるいは <mh\-dir>/digestcomps~^が標準の雛型に代わる
-^/usr/local/mh/lib/mhl.forward~^メッセージのフィルタ
-^あるいは <mh\-dir>/mhl.forward~^が標準のフィルタに代わる
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^<mh\-dir>/draft~^デフォルトのドラフト・ファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Ps
-^Draft\-Folder:~^デフォルトのドラフト・フォルダを示す
-.Ps
-^Editor:~^デフォルトのエディタを置き換える
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^新しいメッセージ(ドラフト)を作る際に
-.br
-^~^セットされるモード
-.Ps
-^fileproc:~^メッセージを refile するプログラム
-.Ps
-^mhlproc:~^転送されるメッセージにフィルターをかけるプログラム
-.Ps
-^whatnowproc:~^\*(lqWhat now?\*(rq と聞いてくるプログラム
-.Sa
-\fIProposed Standard for Message Encapsulation\fR (RFC\-934),
-.br
-comp(1), dist(1), repl(1), send(1), whatnow(1), mh\-format(5)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-`msgs'	デフォルトは cur
-.Ds
-`\-noannotate'
-.Ds
-`\-nodraftfolder'
-.Ds
-`\-noformat'
-.Ds
-`\-noinplace'
-.Ds
-`\-nomime'
-.Co
-もしフォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダになります。
-転送された最初のメッセージがカレント・メッセージになります。
-.Bu
-もし \fIwhatnowproc\fR が \fIwhatnow\fR の場合、
-\fIforw\fR は \fIwhatnow\fR プログラムを実際に走らせずに、
-内蔵の \fIwhatnow\fR ルーチンを使います。
-従って、もし自分で独自の \fIwhatnowproc\fR を設定する場合に、
-それに \fIwhatnow\fR という名前をつけてはなりません。
-\fIforw\fR はそれを起動しないからです。
-
-\fIforw\fR は、メッセージが転送されたと注釈付けをするよう指示された時に、
-そのドラフトが配送に成功するまでは、実際に注釈付けを行ないません。
-もし、\fIwhatnowproc\fR から、
-\fIsend\fR ではなく \fIpush\fR された場合、
-\fIforw\fR はそのメッセージが配送に成功する前に
-ファイルの順序が変わったりする(例えば、`folder\0\-pack' する)と、
-混乱する可能性があります。
-\fIdist\fR や \fIrepl\fR にはこの問題はありません。
-
-転送されるメッセージの行頭のダッシュ(`\-\ ')をつけるのを避けたい場合には、
-`\-nodashmunging' オプションがあります。
-詳しくは \fIMH Administrator's Guide\fR の \*(lqHidden Features\*(rq の
-章を参照して下さい。
-.En
--- a/doc/ja-inc.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,176 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC INC 1
-.NA
-inc \- 新しいメールを取り込む(INCorporate)
-.SY
-inc
-\%[+folder]
-\%[\-audit\ audit\-file] \%[\-noaudit]
-\%[\-changecur] \%[\-nochangecur]
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-file\ name]
-\%[\-silent] \%[\-nosilent]
-\%[\-truncate] \%[\-notruncate]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-host\ host] \%[\-user\ user]
-\%[\-apop] \%[\-noapop]
-\%[\-rpop] \%[\-norpop]
-\%[\-pack\ file] \%[\-nopack]
-\%[\-help]
-.DE
-\fIinc\fR は、ユーザのメールドロップにある到着メールを \fIMH\fR フォルダへと
-取り込みます。
-もし `+folder' が指定されていない場合は、
-ユーザのプロファイルの中で
-\*(lqInbox:\*(rq エントリで指定されているフォルダか、
-それがなければ、\*(lqinbox\*(rq という名前のフォルダが使われます。
-新しく取り込まれたメッセージは、
-そのフォルダ内で最も大きな番号の次の番号から始まる番号が割り当てられます。
-もし、指定の(あるいはデフォルトの)フォルダが存在しない場合、
-それが作成される前に確認の質問がされます。
-メッセージが処理されるに従い、新しいメールの一覧リストが表示されます。
-
-もしユーザのプロファイルに \*(lqMsg\-Protect: nnn\*(rq というエントリが
-含まれる場合、それが新しく作られるメッセージのファイルモードとして使われます。
-なければ、\fIMH\fR のデフォルトである 0644 か、
-そのサイト固有の値(MSGPROT オプションの値)が使われます。
-
-メッセージに関するあらゆる処理を行なっても、それぞれのメッセージ毎に、
-この最初に付けられたファイルモードは保存されます。個々のメッセージの
-ファイルモードを変更するために、\fIchmod\fR(1) が使われるかもしれませんが、
-その変更後のモードも保存されます (勝手に Msg\-Protect の値に変わったりは
-しません)。
-
-もし、`\-audit\ audit\-file' オプションが指定された場合(通常、プロファイルの
-中でデフォルトのオプションとして指定されます)、\fIinc\fR は指定された
-audit\-file の最後にヘッダー行とメッセージ毎の行を次の形式で追加します。
-
-.nf
-.ti 1i
-\*(<<inc\*(>> 日付
-.ti 1.5i
-<最初のメッセージの scan 行>
-.ti 1.5i
-<二番目のメッセージの scan 行>
-.ti 2.5i
-<以下同様>
-.fi
-
-これは届いたメールの量や発信源の形跡を保存するのに有効です。
-いずれは、正確な通信歴を保存するために、\fIrepl\fR、\fIforw\fR、
-\fIcomp\fR、\fIdist\fR 等も、たぶん \*(lqMessage\-Id:\*(rq 情報と共に、
-この(あるいは別の)ファイルに、記録するようにするかも知れません。
-\*(lqAudit\-file\*(rq はフルパスで指定されない限り、
-ユーザの MH ディレクトリの中に存在すると考えられます。
-
-\fIinc\fR は不正な形式のメッセージであっても、不正なコンポーネントの前に
-空行を挿入し (不正のヘッダーはボディになる)、
-悪いメッセージである事を示す報告を表示した上で、
-ユーザの MH フォルダに取り込みます。
-
-全ての場合において、`\-notruncate' オプションが指定されない限り、
-ユーザのメールドロップは空にされます。
-
-もしプロファイルに \*(lqUnseen\-Sequence\*(rq エントリが存在し、
-それが空でない場合、
-\fIinc\fR は、新しく取り込まれたメッセージをそれぞれ、
-そのプロファイル・エントリで示される名前のシーケンスに追加します。
-これは `msgs' や `msg' という引数を取る全ての \fIMH\fR コマンドが
-サポートする \*(lqPrevious\-Sequence\*(rq エントリに似ています。
-\fIinc\fR は、シーケンスにメッセージを追加する前に、シーケンスを空にしたり
-はしないので、注意して下さい。
-
-`\-form\ formatfile'、`\-format\ string'、`\-width\ columns' の各オプション
-の意味は \fIscan\fR\0(1) コマンドと同じです。
-
-`\-file\ name' オプションを使うことによって、\fIinc\fR に、
-ユーザのメールドロップではなく、
-ファイルからメッセージを取り込むことを指示する事が出来ます。
-指定ファイルは `\-truncate' オプションをつけない限り、
-空にされる事はないので注意して下さい。
-
-もし環境変数 \fB$MAILDROP\fR がセットされてる場合、
-\fIinc\fR  はそれをデフォルト(しかし、`-file\ name' オプションで上書き可能)
-の代わりに、ユーザのメールドロップの場所として使います。
-もし、この環境変数がセットされてない場合、
-\fIinc\fR は、プロファイルの \*(lqMailDrop\*(rq エントリを調べます。
-もし、見つかった値が絶対パスでない場合、
-それはユーザの \fIMH\fR ディレクトリからの相対パスであると解釈します。
-もし、値が見つからなかった場合、\fIinc\fR はユーザのメールドロップとして、
-システム標準の場所を見ます。
-
-`\-silent' オプションは、\fIinc\fR に黙って何の質問もせずに実行するよう
-指示します。
-これは \fIinc\fR をバックグラウンドにして、別の事をする場合に便利です。
-
-もしローカルホストが POP クライアントとして設定されている場合、
-もしくは `\-host\ host' オプションが与えられた場合は、
-\fIinc\fR は、たまったメールの状態に関して POP サーバーに聞きに行きます。
-もし `\-user\ user' オプションが指定されてない場合は、
-現在のユーザー名が使われます。
-通常、\fIinc\fR は使用するパスワードを聞いてくるでしょう。
-もし `\-apop' オプションが指定された場合、
-\fIinc\fR は元となる認証に対し、認証クリデンシャルを作成します。
-これにより、パスワードをネットワーク上に平文で流しません。
-そうでなく、`\-rpop' オプションが指定された場合、
-\fIinc\fR は信頼される接続を使おうと試みます (BSD の r\-コマンド風)。
-
-もし \fIinc\fR が POP を使うなら、`\-pack\ file' オプションが考えられます。
-もし指定されれば、\fIinc\fR は取り込んだユーザのメールドロップを
-\fIpackf\fR\0(1) して、POP サーバーから指定のファイルへと POP を使います。
-このオプションはメールを読むのに \fImsh\fR を使う事を好む人達のために
-用意されています。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^テイラー・ファイル
-^/var/mail/$USER~^メールドロップの位置
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Alternate\-Mailboxes:~^ユーザーのメールボックスを決める
-.Ps
-^Inbox:~^inbox を決める。デフォルトは \*(lqinbox\*(rq
-.Ps
-^Folder\-Protect:~^新しいフォルダを作る際にセットされるモード
-.Ps
-^Msg\-Protect:~^新しいメッセージと audit\-file を作る際に
-.br
-^~^セットされるモード
-.Ps
-^Unseen\-Sequence:~^未読メッセージを示すシーケンス名
-.Sa
-\fIPost Office Protocol - Version 3\fR (RFC\-1939),
-.br
-mhmail(1), scan(1), mh\-mail(5), post(8)
-.De
-`+folder'	デフォルトは上述の \*(lqInbox\*(rq
-.Ds
-`\-noaudit'
-.Ds
-`\-changecur'
-.Ds
-`\-format'	デフォルトは上述の通り
-.Ds
-`\-nosilent'
-.Ds
-`\-truncate'	もし `\-file\ name' 指定がない場合
-		ある場合は `\-notruncate'
-.Ds
-`\-width'	デフォルトは端末の幅
-.Ds
-`\-nopack'
-.Ds
-`\-rpop'
-.Co
-メッセージが取り込まれたフォルダがカレント・フォルダになります。
-`\-nochangecur' オプションが指定されない限り、
-取り込まれた最初のメッセージがカレント・メッセージになります。
-これで、最初の新しいメッセージが \fIshow\fR で読めるよう準備されます。
-.Bu
-`\-format' に対する引数は、\fIinc\fR を呼び出すシェルにとって
-一語として解釈される形でなければなりません。
-従って、
-通常、このオプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければなりません。
-.En
--- a/doc/ja-install-mh.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,36 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC INSTALL-MH 8
-.NA
-install-mh \- MH の環境を初期化する
-.SY
-/usr/local/mh/lib/install\-mh
-\%[\-auto]
-\%[\-compat]
-.DE
-ユーザーが \fIMH\fR プログラムのどれかを最初に実行した時、
-そのプログラムはユーザーに \fIMH\fR 環境の初期状態に関しての質問をするために、
-\fIinstall\-mh\fR を(`\-auto' オプション付で)呼び出します。
-ユーザーがこのプログラムを直接呼び出す事はしません。
-ユーザーは、自分の \fIMH\fR ディレクトリの名前を聞かれます。
-もし、そのディレクトリが存在しないなら、作るべきかどうかを聞かれます。
-通常、このディレクトリはユーザーのホーム・ディレクトリの下に作られるべきで、
-デフォルトは Mail/ です。
-\fIinstall\-mh\fR はユーザーのために、初期状態の \&.mh\(ruprofile を作った後、
-それを呼び出した元の \fIMH\fR プログラムに戻ります。
-
-全ての \fIMH\fR コマンドと同じように、
-\fIinstall\-mh\fR はまず、ユーザーのホーム・ディレクトリを決めるために
-環境変数 \fB$HOME\fR を調べます。
-もし、\fB$HOME\fR が設定されていない場合は、
-\fI/etc/passwd\fR ファイルが見られます。
-
-\fImh.3\fR から \fImh.4\fR にバージョンアップした時には、
-\fIinstall\-mh\fR は自動的に `\-compat' オプションを付けて呼び出されます。
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリが書き込まれる
-.Co
-`\-auto' オプションを付けると、カレント・フォルダは \*(lqinbox\*(rq に変わる。
-.En
--- a/doc/ja-mark.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,131 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MARK 1
-.NA
-mark \- メッセージに印をつける
-.SY
-mark
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-sequence\ name\ ...]
-\%[\-add] \%[\-delete] \%[\-list] 
-\%[\-public] \%[\-nopublic]
-\%[\-zero] \%[\-nozero]
-\%[\-help]
-.DE
-\fImark\fR コマンドは、各フォルダ特有のメッセージ・シーケンスに
-メッセージ番号を追加したり削除したり、
-またそれらのシーケンスやメッセージを表示したりします。
-メッセージ・シーケンスは \*(lqfirst\*(rq や \*(lqnext\*(rq といった
-予約メッセージ名のようなキーワードです。
-ただ、フォルダ毎に固定した意味を持つ予約メッセージ名とは違って、
-メッセージ・シーケンスの意味はユーザーによって定義され、変更され、
-削除されます。
-
-メッセージ・シーケンスは各フォルダ特有です。
-例えば、\*(lq+inbox\*(rq フォルダに於けるシーケンス名 \*(lqseen\*(rq は、
-異なる名前のフォルダ内の同じ名前のシーケンスとはいかなる関係も持っていません。
-
-\fImark\fR の動作は三つのオプションの一つによって指定されます。
-三つのオプションは相互排他的であり、
-これらのうち最後に現れたものが、それ以前に現れた他の二つを無効にします。
-
-`\-add' オプションは \fImark\fR に、メッセージをシーケンスに追加する、
-あるいは新しいシーケンスを作る事を指示します。
-`\-sequence\ name' 引数によって指定されたそれぞれのシーケンス名
-(少なくとも一つは指定しなければならない)に対して、
-`msgs' で指定されたメッセージ
-(もし `msgs' が指定されない場合、デフォルトは \*(lqcur\*(rq)が
-そのシーケンスに追加されます。
-追加されるメッセージはシーケンスに未だ存在しないものでなければならない
-という事はありません。
-もし、`\-zero' オプションが指定されると、
-メッセージが追加される前に、そのシーケンスは空にされます。
-故に、
-`\-add\ \-zero' はそれぞれのシーケンスを指定のメッセージで初期化しますし、
-`\-add\ \-nozero' はそれぞれのシーケンスに指定のメッセージが追加されます
-(これらは、シーケンス自体やシーケンスの内容が追加されるのであり、
-シーケンスで表されるメッセージ自体(ファイル)が追加される訳ではありません)。
-
-`\-delete' オプションは \fImark\fR に、
-メッセージをシーケンスから削除する事を指示し、以下 `\-add' と同文です。
-指定のシーケンスそれぞれについて、
-指定のメッセージがそのシーケンスから削除されます。
-これらのメッセージはそのシーケンス内に既に存在するものでなければならない
-という事はありません。
-もし、`\-zero' オプションが指定されると、
-メッセージをシーケンスから削除する前に、
-そのフォルダ内にある全てのメッセージがそのシーケンスに追加されます。
-故に、
-`\-delete\ \-zero' はそれぞれのシーケンスを
-指定のメッセージ以外の全てのメッセージで初期化しますし、
-`\-delete\ \-nozero' はそれぞれのシーケンスから指定のメッセージだけが
-削除されます。
-期待されるように、`mark\0\-sequence\0seen\0\-delete\0all' コマンドは
-カレント・フォルダからシーケンス \*(lqseen\*(rq を削除します
-(これらは、シーケンス自体やシーケンスの内容が削除されるのであり、
-シーケンスで表されるメッセージ自体(ファイル)が削除される訳ではありません)。
-
-シーケンスを作成(または変更)する際に、
-`\-public' オプションをつけると、
-そのシーケンスは他の \fIMH\fR ユーザーからも読める
-パブリック・シーケンスになります。
-逆に、`\-nopublic' オプションをつけると、
-シーケンスはそのユーザーの \fIMH\fR 環境だけで使える
-プライベート・シーケンスになります。
-パブリック・シーケンスとプライベート・シーケンスの違いについては、
-\fImh-sequence\fR\0(5) を参照して下さい。
-
-`\-list' オプションは \fImark\fR に、
-そのフォルダに対して定義されたシーケンスと
-それらのシーケンスに含まれるメッセージの一覧を表示するよう指示します。
-\fImark\fR は
-`\-sequence\ name' オプションで指定されたそれぞれのシーケンスの名前と、
-それに含まれるメッセージを一覧表示します。
-もし、`\-sequence' が指定されなかった場合、全てのシーケンスが表示され、
-プライベート・シーケンスはその旨(private と)表示されます。
-`\-zero' オプションは `\-list' オプションには何の影響も与えません。
-
-現在のシーケンスに対する制限は次の通りです。
-
-.in +.25i
-メッセージ・シーケンスを表す名前は英字から始まり、
-ゼロ個以上の英数字が続く文字列です。
-また、予約メッセージ名 \*(lqnew\*(rq、\*(lqfirst\*(rq、
-\*(lqlast\*(rq、\*(lqall\*(rq、\*(lqnext\*(rq、そして \*(lqprev\*(rq の
-どれかと同じであってはなりません。
-
-一つのフォルダにはある数以上のシーケンスを作ることが出来ません。
-この数は通常 26個(小さなシステムでは 10個)に制限されています
-(mh.h を参照して下さい)。
-
-ユーザー定義のシーケンス名でメッセージの範囲を表す場合は、
-\*(lqname:n\*(rq または \*(lqname:-n\*(rq という形に限られます。
-これはそれぞれシーケンス `name' の最初または最後の `n' 個のメッセージを
-意味します。
-\*(lqname1\-name2\*(rq という形式は禁止されています。
-.in -.25i
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-.Pr
-^Path:~^ユーザーの MH ディレクトリを決める
-.Ps
-^Current\-Folder:~^デフォルトのカレント・フォルダを示す
-.Sa
-pick (1), mh-sequence (5)
-.De
-`+folder'	デフォルトはカレント・フォルダ
-.Ds
-`\-add'	`\-sequence' が指定された場合。さもなくば `\-list'
-.Ds
-`msgs'	デフォルトは cur
-		(あるいは `\-list' が指定された場合は all)
-.Ds
-`\-nopublic'	フォルダが書き込み禁止の場合。さもなくば `\-public'
-.Ds
-`\-nozero'
-.Co
-フォルダが指定されると、それがカレント・フォルダとなります。
-.Hh
-シーケンス内のメッセージを列挙するためには(シェルスクリプトで使う時など)、
-\*(lqpick sequence \-list\*(rq を使うといいでしょう。
-.En
--- a/doc/ja-mh-alias.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,218 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-ALIAS 5
-.NA
-mh-alias \- MH エイリアス(別名)ファイル
-.SY
-ほとんどの \fIMH\fR コマンド
-.DE
-これは \fIMH\fR の個人エイリアス・ファイルと、
-
-	/usr/local/mh/lib/MailAliases
-
-という(第一)エイリアス・ファイルの両方について述べたものです。
-メッセージ転送システムで使われるエイリアス・ファイルについて述べたものでは
-ありません。
-エイリアスファイルのそれぞれの行は以下の形式をしています。
-
-	alias : address\-group
-.br
-または
-.br
-	alias ; address\-group
-.br
-または
-.br
-	< alias\-file
-.br
-または
-.br
-	; comment
-.br
-
-上記のキーワードの意味は以下の通りです。
-
-	address\-group  :=  address\-list
-.br
-		       |   \*(lq<\*(rq file
-.br
-		       |   \*(lq=\*(rq UNIX\-group
-.br
-		       |   \*(lq+\*(rq UNIX\-group
-.br
-		       |   \*(lq*\*(rq
-
-.br
-	address\-list   :=  address
-.br
-		       |   address\-list, address
-.br
-
-エイリアス・ファイル中で、次の行に継続する行は、
-直後に改行文字がある `\\' で終ります。
-
-上記で、alias\-file と file は UNIX のファイル名です。
-UNIX\-group は \fI/etc/group\fR で記述のあるグループ名(または番号)です。
-address は単に Internet 形式のアドレスです。
-このファイルの中では、ファイル名を除いて、大文字小文字は区別されません。
-
-`<' で始まる行は、`<' の後に書かれている名前のファイルが、
-さらにエイリアス・ファイルとして読まれます。
-このファイル読み込みは再帰的に行なわれますので、`<' は、
-エイリアス・ファイルの最初に書いておけば期待される結果を得ます。
-
-もし、address\-group が `<' で始まる場合、
-`<' の後に書かれている名前のファイルが読まれ、
-その内容がそのエイリアスに対する address\-list に追加されます。
-
-もし address\-group が `=' で始まる場合、
-\fI/etc/group\fR ファイルが参照され、
-`=' の後に書かれているグループ名が決められます。
-そして、そのグループのメンバーに属している全てのログイン名が、
-そのエイリアスに対する address\-list に追加されます。
-
-それに対して、もし address\-group が `+' で始まる場合、
-\fI/etc/group\fR ファイルが参照され、
-`+' の後に書かれているグループ名のグループ番号が決められます。
-そして、\fI/etc/passwd\fR ファイルの所属グループ番号が、
-そのグループ番号と同じである全てのログイン名が、
-そのエイリアスに対する address\-list に追加されます。
-
-もし address\-group が単に `*' である場合、
-\fI/etc/passwd\fR が参照され、
-ユーザー番号がある特別な番号(通常 200)より大きな全てのログイン名が
-そのエイリアスに対する address\-list に追加されます。
-\fImh-tailor\fR\0(5) の everyone の項も参照して下さい。
-
-エイリアスについて、* が後ろに付いているものは、適切なものにマッチします。
-(後述する例を参照)
-
-配送の際のエイリアスの展開方法はだいたい次のような感じです
-(実際には完全にこの通りなのではありません)。
-
-.in +.5i
-1) メッセージから配送されるべき全てのアドレスのリストを作り、
-重複したアドレスを除きます。
-
-2) もし、このドラフトがローカルホストで出来たものなら、
-メッセージ中のこれらのアドレスで、
-ホストが指定されてないものに関してエイリアス解決をします。
-
-3) エイリアス・ファイルのそれぞれの行について、
-\*(lqalias\*(rq が、全ての存在するアドレスと比較されます。
-比較した際に、\*(lqalias\*(rq に一致したものはアドレス・リストから除かれます。
-そして、その address\-group のそれぞれのアドレスを、
-それがまだリストにない場合は、追加します。
-通常、alias 自身は出力されず、
-その alias が指し示す address\-group が代わりに出力されます。
-しかし、もし \*(lqalias\*(rq が `:' の代わりに `;' で終わっている場合は、
-\*(lqalias\*(rq とアドレスの両方が正しい形式で出力されます。
-(\fIMH\fR エイリアスや個人エイリアスはメール転送システムに
-知られていないので、これによって返送が可能になります。)
-.in -.5i
-
-エイリアス・ファイルは一行ずつ順番に読まれるので、前方参照は可能ですが、
-後方参照は認識されません。つまり再帰的ではありません。
-エイリアスの定義にエイリアスを使う場合、
-そのエイリアスは後から定義されなければならないという事です。
-
-.ne 10
-\fB例:\fR
-.nf
-.in +.5i
-</usr/local/mh/lib/BBoardAliases
-sgroup: fred, fear, freida
-b-people: Blind List: bill, betty;
-fred: frated@UCI
-UNIX\-committee: <unix.aliases
-staff: =staff
-wheels: +wheel
-everyone: *
-news.*: news
-.in -.5i
-.fi
-
-最初の行はすぐに、さらなるエイリアスが \fI/usr/local/mh/lib/BBoardAliases\fR から
-読まれるべきである事を意味します。
-次の行は、\*(lqfred\*(rq は後に \*(lqfrated@UCI\*(rq へのエイリアスとして
-定義されていますので、\*(lqsgroup\*(rq は、\*(lqfrated@UCI\*(rq、
-\*(rqfear\*(rq、そして \*(rqfreida\*(rq の三つの名前へのエイリアスです。
-.sp
-エイリアス \*(lqb-people\*(rq は \*(lqbill\*(rq と \*(lqbetty\*(rq への
-隠しリストです。
-このメッセージはこれらのアドレスには送られますが、メッセージ・ヘッダーは
-単に \*(lqBlind List: ;\*(rq となります (アドレスは書かれません)。
-.sp
-次に、\*(lqUNIX\-committee\*(rq の定義はユーザーの \fIMH\fR ディレクトリに
-ある \fIunix.aliases\fR というファイルを読むように指定されています。
-\*(lqstaff\*(rq は \fI/etc/group\fR ファイルで \*(lqstaff\*(rq グループの
-メンバーとして並べられている全てのユーザーと定義されてます。
-そして、\*(lqwheels\*(rq は \fI/etc/passwd\fR のグループ番号が
-\*(lqwheel\*(rq グループと同じである全てのユーザーと定義されています。
-.sp
-最後に、\*(lqeveryone\*(rq は \fI/etc/passwd\fR でユーザー番号が 200 より
-大きい全てのユーザーと定義されています。
-そして、\*(lqnews.<なんでもいい>\*(rq という形式の全てのエイリアスは
-\*(lqnews\*(rq と定義されています。
-
-\fIMH\fR のエイリアスを理解するための鍵は、\fIMH\fR エイリアス・ファイルに
-書かれているエイリアスが、配送されるメッセージのヘッダーへと展開されるという
-事です。
-このエイリアス展開は配送時の最初に、
-メッセージ転送システムについて何も知らずに起こります。
-これに対して、
-一旦、メッセージ転送システムが、配送すべきメッセージを受けとると、
-ローカルに見える全てのアドレスはシステムのエイリアス・ファイルが参照されます。
-これらのエイリアスは配送されるメッセージのヘッダー自体は展開しません
-(エンベロープだけが展開されるという意味です)。
-.Hh
-\fIMH\fR でエイリアス展開を速くするためには次のようにします。
-
-.in +.5i
-まず、\fI\&.mh\(ruprofile\fR で、
-エイリアスファイル名を選びます。例えば \*(lqaliases\*(rq なら、
-次のような行を追加します。
-
-.nf
-.in +.5i
-Aliasfile: aliases
-.\" ali: \-alias aliases
-.\" send: \-alias aliases
-.\" whom: \-alias ailases
-.in -.5i
-.fi
-
-次に、\fIMH\fR ディレクトリ内に \*(lqaliases\*(rq というファイルを作ります。
-
-最後に、\*(lqaliases\*(rq ファイルに適切なエイリアスを追加します。
-.in -.5i
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/MailAliases~^第一エイリアス・ファイル
-.Pr
-^Aliasfile:~^デフォルトのエイリアス・ファイル
-.Sa
-ali(1), send(1), whom(1), group(5), passwd(5), conflict(8), post(8)
-.De
-無し。
-.Co
-無し。
-.Hi
-\fIMH\fR の以前のバージョンでは、
-ただ一つのシステム・ワイドの mh\-alias ファイルのみが使えました。
-これは、システム管理者だけがエイリアスを定義出来るという点で、
-多くの問題がありました。
-従って、mh\-alias の意味は、
-複数の個人エイリアス・ファイルのサポートへと拡張されたのです。
-\fIMH\fR のユーザーはもはや、システム・ワイドのエイリアス・ファイルの
-情報保守のためにシステム管理者を煩わせる必要がなくなったのです。
-何故なら、全ての \fIMH\fR ユーザーは、自分の意志で、
-任意の数の個人エイリアス・ファイルを作成/更新/削除出来るのですから。
-.Bu
-\fImh\-alias\fR は前方参照で再帰的ではないのですが、
-\*(lq<\ alias\-file\*(rq によって、これを克服できるかも知れません。
-しかし、使えるファイル記述子の数は有限(しかもかなり少ない)なので、
-無限再帰をすると、全てのファイル記述子を使い切った時、
-意味のないエラーを出して止まってしまいます。
-.sp
-隠しリストに於いては、前方参照はうまく働きません。
-.En
--- a/doc/ja-mh-chart.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,516 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.if '\*(ZZ'-man' \{\
-.SC MH-CHART 1
-.NA
-mh-chart \- MH コマンド一覧
-.SY
-.\}
-.in 1i
-.na
-.ti .5i
-.ne 7
-ali
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-user] \%[\-nouser]
-aliases\ ...
-\%[\-help] 
-
-.ti .5i
-.ne 6
-anno
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-component\ field]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-date] \%[\-nodate]
-\%[\-text\ body]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 6
-burst
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-quiet] \%[\-noquiet]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 9
-comp
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-file\ file]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-use] \%[\-nouse]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 9
-dist
-\%[+folder] \%[msg] 
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate] 
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-form\ formfile] 
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace] 
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 4
-/usr/local/mh/lib/fmtdump
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 12
-folder
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-all]
-\%[\-create] \%[\-nocreate]
-\%[\-print]
-.\" \%[\-noprint]
-\%[\-fast] \%[\-nofast]
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-recurse] \%[\-norecurse]
-\%[\-total] \%[\-nototal]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-push] \%[\-pop]
-\%[\-pack] \%[\-nopack]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-folders
-
-.ti .5i
-.ne 11
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-filter\ filterfile]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-forw
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-digest\ list] \%[\-issue\ number] \%[\-volume\ number]
-\%[other\ switches\ for\ \fIforw\fR]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 11
-.ne 13
-inc
-\%[+folder]
-\%[\-audit\ audit\-file] \%[\-noaudit]
-\%[\-changecur] \%[\-nochangecur]
-\%[\-file\ name]
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-silent] \%[\-nosilent]
-\%[\-truncate] \%[\-notruncate]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-host\ host] \%[\-user\ user]
-\%[\-apop] \%[\-noapop]
-\%[\-rpop] \%[\-norpop]
-\%[\-pack\ file] \%[\-nopack]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-mark
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-sequence\ name\ ...]
-\%[\-add] \%[\-delete] \%[\-list] 
-\%[\-public] \%[\-nopublic]
-\%[\-zero] \%[\-nozero]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 9
-/usr/local/mh/lib/mhl 
-\%[\-bell] \%[\-nobell]
-\%[\-clear] \%[\-noclear]
-\%[\-folder\ +folder]
-\%[\-form\ formfile]
-\%[\-length\ lines] \%[\-width\ columns] 
-\%[\-moreproc\ program] \%[\-nomoreproc]
-\%[files\ ...]
-\%[\-help] 
-
-.ti .5i
-.ne 8
-mhmail
-\%[
-addrs\ ... 
-\%[\-body\ text]
-\%[\-cc\ addrs\ ...]
-\%[\-from\ addr]
-\%[\-subject subject]]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 9
-mhn
-\%[\%[+folder] \%[msgs] | \%[\-file\0file]]
-.br
-\%[\-part\0number]... \%[\-type\0content]...
-.br
-\%[\-list\0\%[\-headers]\0\%[\-noheaders]
-.br
-       \%[\-realsize]\0\%[\-norealsize]] \%[-nolist]
-.br
-\%[\-show\0\%[\-serialonly]\0\%[\-noserialonly]
-.br
-       \%[\-form\0formfile]\0\%[\-pause]\0\%[\-nopause]] \%[\-noshow]
-.br
-\%[\-store\0\%[\-auto]\0\%[\-noauto]] \%[\-nostore]
-.br
-\%[\-cache] \%[\-nocache] \%[\-rcache\0policy] \%[\-wcache\0policy]
-.br
-\%[\-check]\0\%[\-nocheck]
-.br
-\%[\-ebcdicsafe]\0\%[\-noebcdicsafe]
-.br
-\%[\-rfc934mode]\0\%[\-norfc934mode]
-.br
-\%[\-verbose]\0\%[\-noverbose]
-.br
-\%[\-junet]\0\%[\-nojunet]
-.br
-\%[\-8bit]\0\%[\-no8bit]
-.br
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-mhparam
-\%[profile-components]
-\%[\-components] \%[\-nocomponents]
-\%[\-all]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 3
-mhpath
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-.ne 7
-msgchk
-\%[\-date] \%[\-nodate]
-\%[\-notify\ all/mail/nomail] \%[\-nonotify\ all/mail/nomail]
-\%[\-host\ host] \%[\-user\ user]
-\%[\-apop] \%[\-noapop]
-\%[\-rpop] \%[\-norpop]
-\%[users\ ...]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-msh
-\%[\-prompt\ string]
-\%[\-scan] \%[\-noscan]
-\%[\-topcur] \%[\-notopcur]
-\%[file]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 6
-next 
-\%[+folder] 
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-showproc\ program] \%[\-noshowproc]
-\%[switches\ for\ \fIshowproc\fR]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 4
-packf
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[-file\ name]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 8
-pgped
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-mhnproc\ program]
-\%[\-sign] \%[\-nosign]
-\%[\-encrypt] \%[\-noencrypt]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-file
-\%[\-help]
-
-.ie t \{\
-.ta .4i 1.8i
-.nf
-.in .5i
-.ne 7
-^pick~^^\0\-cc~^ \%[+folder] \%[msgs] \%[\-help]
-^^^\0\-date~^ \%[\-before\ date] \%[\-after\ date] \%[\-datefield\ field]
-^^^\0\-from~^
-^^^\s+2\b'\(lt\(bv\(bv\(lk\(bv\(bv\(lb'\s0\-search~\s+2\b'\(rt\(bv\(bv\(rk\(bv\(bv\(rb'\s0^ pattern \%[\-and\ ...] \%[\-or\ ...] \%[\-not\ ...] \%[\-lbrace\ ...\ \-rbrace]
-^^^\0\-subject~^
-^^^\0\-to~^ \%[\-sequence\ name\ ...] \%[\-public] \%[\-nopublic] \%[\-zero] \%[\-nozero]
-^^^\0\-\|\-component~^ \%[\-list] \%[\-nolist]
-.fi
-.re
-.in 1i
-.\}
-.el \{\
-.ti .5i
-.ne 10
-pick
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-and\ ...] \%[\-or\ ...] \%[\-not\ ...] \%[\-lbrace\ ...\ \-rbrace]
-\%[\-\|\-component\ pattern]
-\%[\-after\ date] \%[\-before\ date] \%[\-datefield\ field]
-\%[\-sequence\ name\ ...]
-\%[\-public] \%[\-nopublic]
-\%[\-zero] \%[\-nozero]
-\%[\-list] \%[\-nolist]
-\%[\-help]
-.\}
-
-
-.ti .5i
-.ne 6
-prev 
-\%[+folder] 
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-showproc\ program] \%[\-noshowproc]
-\%[switches\ for\ \fIshowproc\fR]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-prompter
-\%[\-erase\ chr]
-\%[\-kill\ chr]
-\%[\-prepend] \%[\-noprepend]
-\%[\-rapid] \%[\-norapid]
-\%[\-doteof] \%[\-nodoteof]
-file
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-/usr/local/mh/lib/rcvstore
-\%[+folder]
-\%[\-create] \%[\-nocreate]
-\%[\-sequence\ name\ ...]
-\%[\-public] \%[\-nopublic]
-\%[\-zero] \%[\-nozero]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 9
-refile 
-\%[msgs] 
-\%[\-draft]
-\%[\-link] \%[\-nolink] 
-\%[\-preserve] \%[\-nopreserve]
-\%[\-src\ +folder] 
-\%[\-file\ file] 
-+folder ...
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 15
-repl
-\%[+folder] \%[msg]
-\%[\-annotate] \%[\-noannotate]
-\%[\-cc\ all/to/cc/me] \%[\-nocc\ all/to/cc/me]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-fcc\ +folder]
-\%[\-filter\ filterfile]
-\%[\-form\ formfile]
-.\" \%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-inplace] \%[\-noinplace]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-query] \%[\-noquery]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-whatnowproc\ program] \%[\-nowhatnowproc]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 4
-rmf 
-\%[+folder]
-\%[\-interactive] \%[\-nointeractive]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 3
-rmm
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 8
-scan
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-clear] \%[\-noclear]
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-reverse] \%[\-noreverse]
-\%[\-file filename]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 15
-send
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-draft]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-filter\ filterfile] \%[\-nofilter]
-\%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-forward] \%[\-noforward]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-msgid] \%[\-nomsgid]
-\%[\-push] \%[\-nopush]
-\%[\-split\ seconds]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-watch] \%[\-nowatch]
-\%[\-width\ columns]
-\%[file\ ...] 
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-show
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-draft]
-\%[\-header] \%[\-noheader]
-\%[\-showproc\ program] \%[\-noshowproc]
-\%[switches\ for\ \fIshowproc\fR]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-sortm
-\%[+folder] \%[msgs]
-\%[\-datefield\ field]
-\%[\-textfield\ field] \%[\-notextfield]
-\%[\-limit days] \%[\-nolimit]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-vmh
-\%[\-prompt\ string]
-\%[\-vmhproc\ program] \%[\-novmhproc]
-\%[switches\ for\ \fIvmhproc\fR]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 6
-whatnow
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[\-editor\ editor] \%[\-noedit]
-\%[\-prompt\ string]
-\%[file]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-whom
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-check] \%[\-nocheck]
-\%[\-draft]
-\%[\-draftfolder\ +folder] \%[\-draftmessage\ msg] \%[\-nodraftfolder]
-\%[file]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 7
-/usr/local/mh/lib/ap
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-normalize] \%[\-nonormalize]
-\%[\-width\ columns]
-addrs\ ...
-\%[\-help] 
-
-.ti .5i
-.ne 5
-/usr/local/mh/lib/conflict
-\%[\-mail\ name]
-\%[\-search\ directory]
-\%[aliasfiles\ ...]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 5
-/usr/local/mh/lib/dp
-\%[\-form\ formatfile]
-\%[\-format\ string]
-\%[\-width\ columns]
-dates\ ...
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 3
-/usr/local/mh/lib/install\-mh
-\%[\-auto]
-\%[\-compat]
-
-.ti .5i
-.ne 3
-popauth
-\%[\-init] \%[\-list] \%[\-user\ name]
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 11
-/usr/local/mh/lib/post 
-\%[\-alias\ aliasfile]
-\%[\-filter\ filterfile] \%[\-nofilter]
-\%[\-format] \%[\-noformat]
-\%[\-mime] \%[\-nomime]
-\%[\-msgid] \%[\-nomsgid]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-watch] \%[\-nowatch]
-\%[\-width\ columns]
-\%[\-hencode] \%[\-nohencode]
-file
-\%[\-help]
-
-.ti .5i
-.ne 10
-/usr/local/mh/lib/slocal \%[address\ info\ sender]
-\%[\-addr\ address]
-\%[\-info\ data]
-\%[\-sender\ sender]
-\%[\-user\ username]
-\%[\-mailbox\ mbox]
-\%[\-file\ file]
-.\" \%[\-home\ homedir]
-\%[\-maildelivery\ deliveryfile]
-\%[\-verbose] \%[\-noverbose]
-\%[\-debug]
-\%[\-help]
-.ad
-.in 0
--- a/doc/ja-mh-format.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,521 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-FORMAT 5
-.NA
-mh-format \- MH システムのフォーマット・ファイル
-.SY
-いくつかの \fIMH\fR コマンド
-.DE
-いくつかの \fIMH\fR コマンドは、実行中に
-フォーマット文字列またはフォーマット・ファイルを利用します。
-例えば、
-\fIscan\fR\0(1) はそれぞれのメッセージの一覧表示をどのように作成するかを
-示すためにフォーマット文字列を使いますし、
-\fIrepl\fR\0(1) はメッセージの返信をどのように作成するかを示すために
-フォーマット・ファイルを使います。
-
-フォーマット文字列は \fIMH\fR によって能率的に解析されるよう設計されて
-いるので、必ずしも書いたり理解したりしやすいとは言えません。
-したがって、初心者は、あるいは \fIMH\fR の上級ユーザーでさえも、
-これを是非とも扱わなければならないというようなものではありません。
-いくつかの scan フォーマットが
-/usr/local/mh/lib/scan.time、/usr/local/mh/lib/scan.size、そして
-/usr/local/mh/lib/scan.timely として用意されています。
-他の \fIscan\fR 及び \fIrepl\fR フォーマット・ファイルに関しては、
-/usr/local/mh/lib ディレクトリを見て下さい。
-あるいは、それはあなたのサイトで書かれたものかも知れませんが。
-
-実際に新しいフォーマットを書いたり、既存のものを編集したりする
-\fIMH\fR 熟練者があなたのサイトにいれば、
-あなた自身が出来なくてもそれで充分です。
-このマニュアルはそれをどうやるかについて説明しています。
-なお、C 言語の \fIprintf\fR ルーチンについて熟知している事を前提にしています。
-
-フォーマット文字列は通常のテキストと、`%' で始まる特別な複数文字の
-エスケープ・シーケンスから成り立っています。
-フォーマット文字列では、
-通常の C でのバックスラッシュ文字が使えます。
-すなわち、`\\b'、`\\f'、`\\n'、`\\r'、そして `\\t' の事です。
-フォーマットファイルでの継続行は `\\' の直後に改行文字が来ます。
-文字 `%' または `\\' 自身をフォーマット文字列に置く際には、
-それぞれ `%%' と `\\\\' を用います。
-.\" 文法を先に述べ、意味を後で述べます。
-エスケープ・シーケンスには三つの種類があります。
-ヘッダーの \fIコンポーネント\fR、組み込みの \fI関数\fR、
-そして流れの \fI制御\fR です。
-
-コンポーネント・エスケープは `%{\fIcomponent\fR\^}' と指定し、
-メッセージで見つかったそれぞれのヘッダーが処理されます。
-例えば、`%{date}' はメッセージの \*(lqDate:\*(rq 行の内容を意味します。
-全てのコンポーネント・エスケープは文字列の値を持ちます。
-通常、コンポーネントの値は任意のコントロール文字(タブや改行を含む)を
-スペースに変換し、先行する、あるいは連なっているスペースは省かれます。
-しかし、
-コマンドによっては、
-いくつかのコンポーネント・エスケープに違った解釈を与えるかもしれません。
-詳細はそれぞれのコマンドのマニュアルを参照して下さい。
-
-関数エスケープは `%(\fIfunction\fR\^)' と指定します。
-全ての関数は組み込みで、たいていは文字列か数字の値を持ちます。
-
-.ne 12
-.Uh "制御エスケープ"
-制御エスケープは `%<'、`%?'、`%|'、`%>'
-.\" `%['、`%]'
-のどれかです。
-これらは組合わさって条件文を構成します。
-.sp
-.nf
-	%<条件
-		\fIフォーマット・テキスト 1\fP
-	%?条件2
-		\fIフォーマット・テキスト 2\fP
-	%?条件3
-		\fIフォーマット・テキスト 3\fP
-	\.\.\.
-	%|
-		\fIフォーマット・テキスト N\fP
-	%>
-.fi
-.sp
-ここで余分なスペースは分かりやすくするために付けただけのものです。
-これらの構造は明瞭に入れ子にする事が出来ます。
-これらのフォームは一般的な \fBif\-elseif\-else\-endif\fP ブロックで、
-このうちの一つの \fIフォーマット・テキスト\fP 部分だけが実行される形式です。
-
-`%<' と `%?' の制御エスケープは条件を評価します。
-この条件はたぶん、コンポーネントまたは関数のどちらかでしょう。
-文法上、次の4つの構造があります。
-.sp 1
-.nf
-	%<{component}
-	%<(function)
-	%?{component}
-	%?(function)
-.fi
-.sp
-これらの制御エスケープは、関数またはコンポーネントの値がゼロでない
-(整数値のエスケープの場合)か空でない(文字列値のエスケープの場合)かを
-調べます。
-
-もしこのテストが真と評価されれば
-次の対応する制御エスケープ(`%|'、`%?'、`%>' のうちの一つ)までの
-フォーマット・テキストが普通に解釈されます。
-次に、
-対応する `%>' 制御エスケープまでの全てのフォーマット・テキスト(あれば)
-が飛ばされます。
-`%>' 制御エスケープは解釈されません。
-通常、
-解釈は `%>' エスケープの後から再開されます。
-
-しかし、もしこのテストが偽と評価されれば、
-次の対応する制御エスケープ(再び `%|'、`%?'、`%>' のうちの一つ)までの
-フォーマット・テキストが飛ばされます。
-もし出会った制御エスケープが `%?' ならば、
-その制御エスケープに対応する条件が評価され、解釈はその評価の後から
-前の段落に書かれているように続けられます。
-もし出あった制御エスケープが `%|' ならば、
-対応する `%>' エスケープまでのフォーマット・テキストが普通に解釈されます。
-先述のように、
-`%>' 制御エスケープは解釈されません。
-通常、
-解釈は `%>' エスケープの後から再開されます。
-
-`%?' 制御エスケープとそれに続くフォーマット・テキストは
-なくても構いません。そして、たぶんゼロ回またはそれ以上含まれているでしょう。
-`%|' 制御エスケープとそれに続くフォーマット・テキストは
-なくても構いません。そして、たぶんゼロ回または一回含まれているでしょう。
-
-.\" '%[' と '%]' のエスケープはループ構造を作ります。
-.\" 繰り返し実行されるフォーマット文字列に於いて
-.\" (\fIscan\fP のように)、これらのエスケープは実行のメイン・ボディを
-.\" 区切ります。'%[' の前に現われるフォーマット・テキストは
-.\" 最初のメッセージを処理する前に一回だけ実行され、
-.\" '%]' エスケープの後に現われるフォーマット・テキストは無視されます
-.\" (これらのエスケープは入れ子にする事は出来ません)。
-.\" 
-.Uh "関数エスケープ"
-.ne 10
-たいていの関数は次のような特定の型の引数を期待します。
-.sp 1
-.nf
-.ta +\w'引数の型 'u +\w'アドレスのコンポーネント 'u
-\fI引数の型\fR	\fI説明\fR	\fI使用例\fR
-literal	文字通りの数字、	%(\fIfunc\fR 1234)
-	または文字列	%(\fIfunc\fR text string)
-comp	任意のコンポーネント	%(\fIfunc\fR\^{\fIin-reply-to\fR\^})
-date	日付のコンポーネント	%(\fIfunc\fR\^{\fIdate\fR\^})
-addr	アドレスのコンポーネント	%(\fIfunc\fR\^{\fIfrom\fR\^})
-expr	関数、	%(\fIfunc\fR\^(\fIfunc2\fR\^))
-	コンポーネント、制御、	%(\fIfunc\fR %<{\fIreply-to\fR\^}%|%{\fIfrom\fR\^}%>)
-	または、それらの入れ子	%(\fIfunc\fR\^(\fIfunc2\fR\^{\fIcomp\fR\^}))
-.re
-.fi
-
-\fIdate\fR 型と \fIaddr\fR 型は \fIcomp\fR 型と同じ文法ですが、
-要求するヘッダー・コンポーネントがそれぞれ、
-日付の文字列であるか、アドレスの文字列であるかが違います。
-
-\fIexpr\fR 型の引数を除いて、その他の引数は必須です。
-\fIexpr\fR 型の引数に於いては、
-先行する `%' はコンポーネント・エスケープと関数エスケープの場合は
-必ず省略しなければなりません。
-また制御エスケープの場合は必ず付けなければなりません
-(関数名と最初の制御エスケープの間にはスペースも必要)。
-
-フォーマット文字列の評価は、
-整数レジスタ \fInum\fR と文字列レジスタ \fIstr\fR を持った単純なマシンを
-想定して行ないます。
-関数エスケープが処理される時、
-もし、\fIexpr\fR 型の引数を取る場合に、引数がなかった場合は、
-適切に \fInum\fR または \fIstr\fR の現在の値が使われます。
-
-.\" 戻り値
-.Uh "戻り値"
-コンポーネント・エスケープはそのメッセージ・ヘッダーの値を \fIstr\fR に
-書き出します。
-\fIinteger\fR 型または \fIboolean\fR 型の戻り値を返す関数は \fInum\fR に、
-\fIstring\fR 型の戻り値を返す関数は \fIstr\fR にそれぞれ書き込みます
-(\fIboolean\fR 型は \fIinteger\fR 型の部分集合で、値 0=偽 と 1=真 を取ります)。
-制御エスケープは \fIboolean\fP 型の値を返し、\fInum\fP に書き出します。
-
-全てのコンポーネント・エスケープと、
-\fIinteger\fR 型または \fIstring\fR 型を返す関数は、
-レジスタ \fIstr\fR または \fInum\fR に値を書き出す事に加えて、
-その値を呼び出し元に返します。
-これらのエスケープは
-他のエスケープの引数として呼ばれた場合を除いて
-(トップレベルから呼ばれた場合は)、
-その値を表示します。
-\fIboolean\fR 型を返すエスケープは \fInum\fP に書き出した値を
-呼び出し元にも返しますが、その値は表示されません。
-
-.nf
-.ta \w'Formataddr 'u +\w'Argument 'u +\w'Rboolean 'u
-\fI関数\fR	\fI引数の型\fR	\fI戻り値\fR	\fI説明\fR
-msg		integer	メッセージ番号
-cur		integer	メッセージはカレント・メッセージか
-.\" unseen		integer	メッセージは未読か
-size		integer	メッセージのサイズ
-strlen		integer	\fIstr\fR の長さ
-width		integer	出力バッファの大きさ(バイト単位)
-charleft		integer	出力バッファに残っているバイト数
-timenow		integer	現在の UNIX 時刻(秒単位)
-me		string	ユーザーのメールボックス
-eq	literal	boolean	\fInum\fR == \fIarg\fR
-ne	literal	boolean	\fInum\fR != \fIarg\fR
-gt	literal	boolean	\fInum\fR > \fIarg\fR
-match	literal	boolean	\fIstr\fR が \fIarg\fR を含むか
-amatch	literal	boolean	\fIstr\fR が \fIarg\fR で始まるか
-plus	literal	integer	\fIarg\fR + \fInum\fR
-minus	literal	integer	\fIarg\fR \- \fInum\fR
-divide	literal	integer	\fInum\fR ÷ \fIarg\fR
-modulo	literal	integer	\fInum\fR を \fIarg\fR で割った余り
-num	literal	integer	\fIarg\fR を \fInum\fR に書き出す
-lit 	literal	string	\fIarg\fR を \fIstr\fR に書き出す
-getenv 	literal	string	環境変数 \fIarg\fR の値を \fIstr\fR に
-profile	literal	string	プロファイル・コンポーネント \fIarg\fR を \fIstr\fR に
-.\" dat	literal	int	dat[arg] の返り値
-nonzero	expr	boolean	\fInum\fR がゼロでない
-zero	expr	boolean	\fInum\fR がゼロ
-null	expr	boolean	\fIstr\fR が空
-nonnull	expr	boolean	\fIstr\fR が空でない
-void	expr		\fIstr\fR または \fInum\fR を設定
-comp	comp	string	コンポーネントのテキストを \fIstr\fR に設定
-compval	comp	integer	\*(lq\fBatoi\fR(\fIcomp\fR\^)\*(rq を \fInum\fR に
-.\" compflag	comp	integer	コンポーネント・フラグ(内部表現)を \fInum\fR に
-trim	expr		\fIstr\fR の後ろに付いたスペースを取り除く
-putstr	expr		\fIstr\fR を表示する
-putstrf	expr		\fIstr\fR を決まった長さで表示する
-putnum	expr		\fInum\fR を表示する
-putnumf	expr		\fInum\fR を決まった長さで表示する
-.\" addtoseq literal    メッセージをシーケンスに入れる (LBL オプション時)
-hencode	expr	string	\fIstr\fR を RFC\-2047 エンコードする
-hdecode	expr	string	\fIstr\fR を RFC\-2047 デコードする
-.re	
-.fi
-
-以下の関数は引数として日付のコンポーネントを必要とします。
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'Formataddr 'u +\w'Argument 'u +\w'Rboolean 'u
-\fI関数\fR	\fI引数の型\fR	\fI戻り値\fR	\fI説明\fR
-sec	date	integer	秒
-min	date	integer	分
-hour	date	integer	時 (0-23)
-wday	date	integer	曜日 (日曜=0)
-day	date	string	曜日 (略号)
-weekday	date	string	曜日 (英語表記)
-sday	date	integer	曜日が明示されているか?
-			(1=明示,0=暗示される,\-1=分からない)
-mday	date	integer	日
-yday	date	integer	一年の最初から何日目か
-mon	date	integer	月
-month	date	string	月 (略号)
-lmonth	date	string	月 (英語表記)
-year	date	integer	年 (たぶん > 100)
-zone	date	integer	タイムゾーン
-tzone	date	string	タイムゾーン文字列
-szone	date	integer	タイムゾーンは明示されているか?
-			(1=明示,0=暗示される,\-1=分からない)
-date2local	date		日付を現地時刻に変える
-date2gmt	date		日付をグリニッジ時刻に変える
-dst	date	integer	サマータイムになっているか?
-clock	date	integer	UNIX 時刻(秒単位)
-rclock	date	integer	現在より何秒前か
-tws	date	string	正式な RFC\-822 表記
-pretty	date	string	ユーザーに分かりやすい表記
-nodate	date	integer	\fIstr\fR が日付文字列でない
-.re	
-.fi
-
-.ne 12
-以下の関数は引数として、アドレスのコンポーネントを必要とします。
-`*' と書かれている関数は、
-戻り値として
-ヘッダー・コンポーネントの中の最初に書かれているアドレスだけを保持します。
-.sp 1
-.nf
-.ta \w'Formataddr 'u +\w'Argument 'u +\w'Rboolean 'u
-\fI関数\fR	\fI引数の型\fR	\fI戻り値\fR	\fI説明\fR
-proper	addr	string	正式な RFC\-822 表記
-friendly	addr	string	ユーザーに分かりやすい表記
-addr	addr	string	mbox@host または host!mbox 表記*
-pers	addr	string	個人名*
-note	addr	string	コメント文*
-mbox	addr	string	ローカル・メールボックス*
-mymbox	addr	integer	ユーザーのアドレスか? (0=no,1=yes)
-host	addr	string	ホスト・ドメイン*
-nohost	addr	integer	ホスト名が書かれてない*
-type	addr	integer	ホストの形式* (0=ローカル,1=ネットワーク,
-			\-1=UUCP,2=分からない)
-path	addr	string	ホストの経路指定*
-ingrp	addr	integer	アドレスがグループに入っているか*
-gname	addr	string	グループ名*
-formataddr	expr		\fIarg\fR を \fIstr\fR に(コンマで区切った)
-			アドレス・リストとして追加
-putaddr	literal		アドレス・リスト \fIstr\fR を表示する。
-			引数がラベル(コンポーネント名)になる。
-			行の幅は \fInum\fR から得る。
-.re	
-.fi
-
-エスケープが入れ子になった場合、
-最も内側のものから最も外側のものへと評価されていきます。
-最も外側のエスケープは `%' が必要ですが、内側のエスケープは要りません。
-例えば、
-
-.ti +.5i
-%<(mymbox{from}) To: %{to}%>
-
-はヘッダー・コンポーネント \*(lqFrom:\*(rq の値を \fIstr\fR に書き出します。
-それから (\fImymbox\fR\^) は \fIstr\fR を読み、
-その結果を \fInum\fR に書き出します。
-そして制御エスケープが \fInum\fR を評価します。もし \fInum\fR がゼロで
-ない場合は、文字列 \*(lqTo: \*(rq とそれに続けてヘッダー・コンポーネント
-\*(lqTo:\*(rq の値が表示されます。
-
-(\fImymbox\fR\^{\fIcomp\fR\^}) について、補足説明をしておきましょう。
-一般に、これはヘッダー・コンポーネント \*(lq\fIcomp\fR\*(rq にある
-全てのアドレスを、ユーザーのメールボックス名及び全ての
-\fIAlternate-Mailboxes\fR と比較します。
-これは、どれかのアドレスと一致すれば、真を返しますが、
-もし \*(lq\fIcomp\fR\*(rq ヘッダーがメッセージに存在しない場合も
-真を返します。必要なら、この場合には (\fInull\fR\^) 関数で明示的に
-調べておきましょう。
-\fIAlternate-Mailboxes\fR に関しては \fImh-profile\fR\0(5) も参照して下さい。
-
-関数エスケープまたはコンポーネント・エスケープが解釈され、
-結果が直ちに表示される時には、
-表示幅を指定する事が出来、与えられた文字数内にきっちりと表示されます。
-例えば、%4(\fIsize\fR\^) というような数値のエスケープはメッセージのサイズを
-多くとも 4桁で表示します。もし、桁あふれをした場合は、最初の位置に
-`?' が出力されます(例えば `?234')。
-%4(\fIme\fR\^) というような文字列のエスケープは最初の 4文字を表示し、
-それ以降は切り捨てます。
-表示幅より短い場合は、右側に指定の幅まで文字(通常、空白)を埋めます。
-もし、表示幅指定がゼロから始まってる場合は、この埋める文字はゼロになります。
-
-上述のように、
-関数 (\fIputnumf\fR\^) と (\fIputstrf\fR\^) は、その結果を
-先行する表示幅指定で指定された文字数で表示します。
-例えば、
-%06(\fIputnumf\fR\^(\fIsize\fR\^)) はメッセージのサイズを
-6文字の幅で表示し、頭はゼロで埋められます。
-%14(\fIputstrf\^\fR{\fIfrom\^\fR}) は
-\*(lqFrom:\*(rq ヘッダー・コンポーネントを 14文字の幅で表示し、
-後ろはスペースで埋められます。
-\fIputstrf\fR に対して、
-表示幅として、負の数を与えると、その文字列はその幅の中に右寄せで表示され、
-埋められる文字は左側におかれます。
-なお、関数 (\fIputnum\fR\^) と (\fIputstr\fR\^) は結果を必要最小限の文字数で
-表示し、表示幅指定は無視します。
-
-出力可能な表示幅は内部レジスタに保存されていて、
-その幅を越える出力は全て捨てられます。
-
-コメントは関数の引数が期待される場所を除いて、たいていの場所に置く事が
-出来ます。コメントは `%;' で始まり、(エスケープされてない)改行で終ります。
-
-これを全て頭に置いた上で、
-ここに \fIscan\fR のデフォルトのフォーマット文字列があります。
-これを読みやすくするために、いくつかの部分に分けます。
-最初の部分は次の通りです。
-
-.ti +.5i
-%4(msg)%<(cur)+%| %>%<{replied}\-%?{encrypted}E%| %>
-
-これはまず、メッセージ番号を 4桁で表示する事を表しています。
-次に、メッセージがカレント・メッセージである場合は `+'、そうでない場合は
-スペースを出力する事を表しています。
-次に、もし \*(lqReplied:\*(rq 行が存在するなら `\-'、
-存在しない場合は \*(lqEncrypted:\*(rq を調べ、
-存在するなら `E'、そうでない場合はスペースを表示します。
-次、
-
-.ti +.5i
-%02(mon{date})/%02(mday{date})
-
-月と日をそれぞれ 2桁(一桁の場合は頭に 0 が付く)で、
-スラッシュで区切って表示します。
-そして、
-
-.ti +.5i
-%<{date} %|*%>
-
-\*(lqDate:\*(rq 行が存在すればスペース、さもなくば `*'。
-次、
-
-.ti +.5i
-%<(mymbox{from})%<{to}To:%14(friendly{to})%>%>
-
-もしメッセージが自分が出したものであり、且つ \*(lqTo:\*(rq ヘッダーがあるなら、
-`To:' と \*(lqTo:\*(rq 行の最初のアドレスをユーザーに分かりやすい表記で
-表示します。
-続いて、
-
-.ti +.5i
-%<(zero)%17(friendly{from})%>
-
-もし、上記二つの条件判断のどちらかに失敗した場合、
-\*(lqFrom:\*(rq 行がユーザーに分かりやすい表記で表示されます。
-制御エスケープの条件判断は \fInum\fR レジスタに値を設定するので、
-後でそれを利用する事によって、AND や OR の処理をさせる事が出来ます。
-最後に、
-
-.ti +.5i
-%{subject}%<{body}<<%{body}%>
-
-\*(lqSubject:\*(rq 行と ボディの最初の部分(あれば)を表示します。
-
-もっと複雑な例として、
-次はデフォルトの \fIreplcomps\fR フォーマット・ファイルを考えてみましょう。
-
-.ti +.5i
-%(lit)%(formataddr %<{reply-to}
-
-まず \fIstr\fR レジスタを空にし、\*(lqReply-To:\*(rq ヘッダーが存在するなら
-それを整形します。もし存在しないなら、以下の else-if 部分が実行されます。
-
-.ti +.5i
-%?{from}%?{sender}%?{return-path}%>)\\
-
-\*(lqFrom:\*(rq、\*(lqSender:\*(rq、そして \*(lqReturn-Path:\*(rq
-ヘッダーのうち一つが存在した時点で止まります。で、
-
-.ti +.5i
-%<(nonnull)%(void(width))%(putaddr To: )\\n%>\\
-
-もし \fIformataddr\fR の結果が空でなかった場合、
-それがアドレスとして \fIwidth\fR の幅で (必要なら行を折り返して)、
-頭に \*(lqTo: \*(rq をつけて表示します。
-
-.ti +.5i
-%(lit)%(formataddr{to})%(formataddr{cc})%(formataddr(me))\\
-
-\fIstr\fR を空にし、
-\*(lqTo:\*(rq と \*(lqCc:\*(rq ヘッダー、そしてユーザーのアドレス
-(\fIrepl\fR の \*(lq\-cc\*(rq オプションで何を指定したかに依る)が
-整形されます。
-
-.ti +.5i
-%<(nonnull)%(void(width))%(putaddr cc: )\\n%>\\
-
-結果が空でない場合は、上と同じように \*(lqcc: \*(rq を付けて表示します。
-
-.ti +.5i
-%<{fcc}Fcc: %{fcc}\\n%>\\
-
-もし \fIrepl\fR に \*(lq\-fcc\ folder\*(rq オプションが指定された場合
-(%{\fIfcc\fR\^} に関する詳細は \fIrepl\fR\0(1) を参照)、
-\*(lqFcc:\*(rq ヘッダーが出力されます。
-
-.ti +.5i
-%<{subject}Subject: Re: %{subject}\\n%>\\
-
-\*(lqSubject:\*(rq コンポーネントが存在する時は、
-適切な返信サブジェクトが出力されます。
-
-.nf
-.ti +.5i
-%<{date}In-reply-to: Your message of "\\
-.ti +.5i
-%<(nodate{date})%{date}%|%(pretty{date})%>."%<{message-id}
-.ti +.5i
-             %{message-id}%>\\n%>\\
-.ti +.5i
-\-\-\-\-\-\-\-\-
-.fi
-
-もし \*(lqDate:\*(rq コンポーネントが存在するなら、
-\*(lqIn-Reply-To:\*(rq ヘッダーが \*(lqYour message of \*(rq を付けて
-表示します。
-もし、日付が解析可能なら、ユーザーに分かりやすい形式で出力されます。
-さもなくば、そのまま出力します。
-\*(lqMessage-ID:\*(rq があれば、それも含めます。
-ダッシュ(`\-')の列は生のテキストなので、そのまま出力されます。
-
-この最後の部分はもうちょっと詳しく述べるのに良い例です。
-ここにその部分を再び仮想的なコードで書いてみましょう。
-.sp 1
-.nf
-.in +.5i
-.ta .5i 1i 1.5i 2i
-if (comp_exists(date)) then
-	print (\*(lqIn-reply-to: Your message of \\\*(lq\*(rq)
-	if (not_date_string(date.value)) then
-		print (date.value)
-	else
-		print (pretty(date.value))
-	endif
-	print (\*(lq\\\*(rq\*(rq)
-	if (comp_exists(message-id)) then
-		print (\*(lq\\n\\t\*(rq)
-		print (message-id.value)
-	endif
-	print (\*(lq\\n\*(rq)
-endif
-.re
-.in -.5i
-.fi
-.sp 1
-これは複雑に見えますが、実際上、
-この方法は個々のヘッダー行を取り出し、
-ユーザーが好む任意の形式で出力するのに充分に柔軟性のあるものです。
-.Fi
-無し。
-.Pr
-無し。
-.Sa
-scan(1), repl(1), ap(8), dp(8)
-.De
-無し。
-.Co
-無し。
-.Hi
-このソフトは MH 6.3 のために寄贈されました。その前までは、
-出力形式の指定はもっと書き易いものでしたが、極めて柔軟性に欠けるものでした。
-.Bu
-\fIMH\fR を BERK オプション付で構築したホストでは、
-アドレスの解析は出来ません。
-.En
--- a/doc/ja-mh-hack.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,63 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-HACK 8
-.NA
-mh-hack \- MH をハックする方法
-.SY
-big hack attack
-.DE
-これは、\fIMH\fR システムをどのように変更できるかを書いたものです。
-\fIMH\fR は非常に複雑な相互関係があるので、コードに手を加える前に、
-これを読んで何がどうなるかを理解すべきでしょう。
-
-.in +.5i
-.ti -.5i
-新しいプログラムの追加
-.br
-例えば、\*(lqpickle\*(rq という新しい \fIMH\fR command を作りたいとします。
-まず最初に、\fBuip/\fR ディレクトリに \*(lqpickle.c\*(rq を作り、編集します。
-次に、\fBconf/makefiles/uip\fR を \*(lqpickle\*(rq が含まれるように編集します。
-どのように修正すれば良いかについて、このファイル内に指示があります。
-次に、ドキュメントを更新します(詳細は下に)。
-この時点で、 \fIMH\fR の再コンフィグが出来ます。
-どのようにやるかの説明については、\fImh\-gen(8)\fR を参照して下さい
-(基本的に、 \*(lqmhconfig MH\*(rq することになるでしょう)。
-
-.ti -.5i
-新しいサブルーチンの追加
-.br
-例えば、\*(lqpickle\*(rq という新しい \fIMH\fR ルーチンを作りたいとします。
-まず最初に、\fBsbr/\fR ディレクトリに \*(lqpickle.c\*(rq を作り、編集します。
-次に、 \fBconf/makefiles/sbr\fR が \*(lqpickle\*(rq を含むように編集します。
-どのように修正すれば良いかについて、このファイル内に指示があります。
-\*(lqpickle ();\*(rq の定義のために、\fBconfig/mh.h\fR を修正しなくては
-なりません。また同様に \fIlint\fR のために、\fBsbr/llib\-lsbr\fR を修正
-しなくてはなりません。
-この時点で、 \fIMH\fR の再コンフィグが出来ます。
-
-.ti -.5i
-ドキュメントの更新
-.br
-\fBconf/doc/\fR の中の希望するファイルを編集して下さい。
-新しいプログラムを文書化する時、例えば \*(lqpickle\*(rq であるとすると、
-\*(lqpickle.rf\*(rq という名前でマニュアルページを作成しなくてはなりません。
-\fBconf/doc/template\fR というファイルは、マニュアルページのテンプレートです。
-新しいプログラムを文書化しているなら、他の三つのファイルも更新すべきです:
-\fBconf/doc/mh.rf\fR というファイルが、\*(lqpickle.rf\*(rq から
-\*(lq\&.NA\*(rq セクションを含むように修正すべきです。
-\fBconf/doc/mh\-chart.rf\fR というファイルが、\*(lqpickle.rf\*(rq から
-\*(lq\&.SY\*(rq セクションを含むように修正すべきです。
-最後に、 \fBconf/doc/MH.rf\fR ファイルが、\*(lq\&.so pickle.me\*(rq を
-含むように修正するべきです。
-
-もちろん、実際に \fImhconfig\fR を走らせるまでは、コンフィグレーション中の
-どのような変更も反映されません。
-.in -.5i
-.Fi
-言及すべきことが多過ぎます。本当。
-.Sa
-mh\-gen(8)
-.Bu
-ハッキングはアートです。
-でも多くのプログラマーはヘボで、アーチストではありません。
-.En
--- a/doc/ja-mh-mail.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,210 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-MAIL 5
-.NA
-mh-mail \- MH システムのメッセージ形式
-.SY
-全ての \fIMH\fR コマンド
-.DE
-\fIMH\fR は特定の形式のメッセージを処理します。
-Bell のメーラーも Berkeley のメーラーも \fIMH\fR が好む形式の
-メッセージ・ファイルを作る訳ではありませんが、\fIMH\fR はそういった
-古い形式のメッセージファイルも読むことが出来ます。
-
-\fIpost\fR\0(8) によって処理されたメッセージは
-受取人のメールドロップに集められますが、
-それぞれのユーザーはこのメールドロップを処理します。
-\fIinc\fR\0(1) はそのメールドロップを読み、そこにある新しいメッセージを
-ユーザー自身のメール・フォルダ(典型的には `+inbox')へと取り込みます。
-メールドロップは一つ以上のメッセージから成り立っています。
-
-メッセージは
-.\" テキスト行から構成されている事が期待されます。
-.\" グラフィックとバイナリ・データは扱われません。
-.\" 圧縮データは受け付けられません。
-.\" 全てのテキストは ASCII 7-bit データで、
-RFC\-822 形式になっていると期待されます。
-それぞれのメッセージは厳格に形式の定まった情報ブロックの後ろに、
-形式の定まってない一般的なテキストが続くという構成になっています。
-メッセージの最初の厳格な形式に従った部分をヘッダーと呼び、
-その後の自由な形式の部分をボディと呼びます。
-ヘッダーは必ず存在していなければなりませんが、ボディはなくても構いません。
-これら二つの部分は空行、すなわち、二つの連続する改行文字で区切られます。
-\fIMH\fR に於いては、
-ヘッダーとボディは次のようにダッシュ(`\-')で出来た行で
-分割されていても構いません。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ne 10
-.eo
-.so /usr/local/mh/lib/components
-.ec
-.in -.5i
-.fi
-
-ダッシュの行があっても、先に空行があれば、そこが区切りと見なされます。
-
-ヘッダーは一つまたはそれ以上のヘッダー項目から成り立っています。
-それぞれのヘッダー項目は ASCII 文字から成る一つの論理行として見る事が出来ます。
-もし、ヘッダー項目のテキストが数行に渡っている場合は、
-前の行から継続している行の先頭はスペースまたはタブである事で区別されます。
-
-それぞれのヘッダー項目はコンポーネントと呼ばれ、
-キーワードと、それに続くテキストで成り立っています。
-キーワードは行の最初から始まり、スペースやタブは含まれてはならず、
-コロン(`:')で終ります。
-コンポーネント(そのキーワードの名前で認識される)には、それに続くテキスト
-が厳格に定義された形式に従ってなければならないものもあります。
-
-形式が決まった大抵のコンポーネント
-(例えば \*(lqDate:\*(rq や \*(lqMessage\-Id:\*(rq)
-のテキストは自動的に作られます。
-ユーザーによって入力されるべき唯一のものは、\*(lqTo:\*(rq や \*(lqcc:\*(rq など
-のようなアドレス行です。
-Internet アドレスは、
-メールボックスの名前とホスト・コンピュータの指定から成り立っています。
-おおまかな形式は \*(lqMH@UCI\*(rq とか \*(lqMH@UCI\-ICSA.ARPA\*(rq とか
-いった風に \*(lqlocal@domain\*(rq という形式です。
-複数のアドレスはコンマで区切られます。
-ホスト/ドメインが抜けているものは、ローカル・ホスト/ドメインを表します。
-
-上述のように、
-空行(またはダッシュの行)は
-この後、ファイルの最後までの全てのテキストはボディである事を示します。
-ボディ内では形式は期待も強制もされません。
-
-以下は、様々な MH プログラムで意味があると考えられる
-ヘッダー・コンポーネントのリストです。
-.in +.5i
-.ti -.5i
-Date:
-.br
-\fIpost\fR\0(8) により追加されます。
-メッセージが配送システムに入った日時が含まれます。
-
-.ti -.5i
-From:
-.br
-\fIpost\fR\0(8) により追加されます。
-メッセージの作者のアドレス(\*(lqSender:\*(rq 行が存在する場合は、
-複数である場合もあります)が含まれます。
-返信は典型的には \*(lqReply\-To:\*(rq または \*(lqFrom:\*(rq 行のアドレスに
-向かいます(前者が存在する場合はそちらが優先されます)。
-
-.ti -.5i
-Sender:
-.br
-メッセージに既に \*(lqFrom:\*(rq 行が存在した場合に、
-\fIpost\fR\0(8) により追加されます。
-この行は実際の送り主のアドレスが含まれます。
-返信は決して \*(lqSender:\*(rq 行のアドレスには送られません。
-
-.ti -.5i
-To:
-.br
-主要な受取人のアドレスが含まれます。
-
-.ti -.5i
-cc:
-.br
-補助的な受取人のアドレスが含まれます。
-
-.ti -.5i
-Bcc:
-.br
-更なる受取人のアドレスです。
-しかし \*(lqBcc:\*(rq 行は、実際に配送されるメッセージには
-コピーされませんので、これらの受取人は隠されます。
-\fIMH\fR はメッセージを取り込んで送ります。\fIsend\fR\0(1) を参照して下さい。
-
-.ti -.5i
-Fcc:
-.br
-メッセージ転送システムへの受渡しが成功した場合、
-\fIpost\fR\0(8) が送り主のために、メッセージを指定のフォルダにコピーします。
-
-.ti -.5i
-Message\-ID:
-.br
-`\-msgid' オプションが指定された時に、\fIpost\fR\0(8) が
-メッセージを一意的に識別出来るようにするものを追加します。
-
-.ti -.5i
-Subject:
-.br
-差出人の注釈。これは \fIscan\fR\0(1) で表示されます。
-
-.ti -.5i
-In\-Reply\-To:
-.br
-メッセージに返信する際に \fIrepl\fR\0(1) によって付けられる注釈的な行です。
-
-.ti -.5i
-Resent\-Date:
-.br
-メッセージを再配布する際に \fIpost\fR\0(8) によって付けられます。
-
-.ti -.5i
-Resent\-From:
-.br
-メッセージを再配布する際に \fIpost\fR\0(8) によって付けられます。
-
-
-.ti -.5i
-Resent\-To:
-.br
-\fIdist\fR\0(1) によって再送されるメッセージの新しい受取人です。
-
-.ti -.5i
-Resent\-cc:
-.br
-更なる受取人です。
-\*(lqcc:\*(rq と \*(lqResent\-To:\*(rq を参照して下さい。
-
-.ti -.5i
-Resent\-Bcc:
-.br
-更なる受取人です。
-\*(lqBcc:\*(rq と \*(lqResent\-To:\*(rq を参照して下さい。
-
-.ti -.5i
-Resent\-Fcc:
-.br
-再送されるメッセージをフォルダにコピーします。
-\*(lqFcc:\*(rq と \*(lqResent\-To:\*(rq を参照して下さい。
-
-.ti -.5i
-Resent\-Message\-Id:
-.br
-`\-msgid' オプションが指定された時に \fIpost\fR\0(8) によって追加される
-メッセージを一意的に識別出来るようにするものです。
-\*(lqMessage\-Id:\*(rq と \*(lqResent\-To:\*(rq を参照して下さい。
-
-.ti -.5i
-Resent:
-.br
-\fIdist\fR\0(1) を `\-annotate' オプション付きで使った際に付けられる注釈です。
-
-.ti -.5i
-Forwarded:
-.br
-\fIforw\fR\0(1) を `\-annotate' オプション付きで使った際に付けられる注釈です。
-
-.ti -.5i
-Replied:
-.br
-\fIrepl\fR\0(1) を `\-annotate' オプション付きで使った際に付けられる注釈です。
-.in -.5i
-.sp
-.Fi
-^/var/mail/$USER~^メールドロップの位置
-.Pr
-無し。
-.Sa
-\fIStandard for the Format of ARPA Internet Text Messages\fR (RFC\-822)
-.De
-無し。
-.Co
-無し。
-.En
--- a/doc/ja-mh-mts.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,107 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-MTS 8
-.NA
-mh-mts \- メッセージ配送システムへの MH のインターフェイス
-.SY
-SendMail
-
-.ti .5i
-Zmailer
-
-.ti .5i
-MMDF (任意のバージョン)
-
-.ti .5i
-スタンドアローン
-.DE
-\fIMH\fR はメールを配送するために、非常に多くのメール配送システム
-(message transport system; MTS)
-を使うことが出来ます。
-\fIMH\fR 管理者は通常、
-(既にどれを使用するかが決まっているので)どの MTS を使うかを選択する
-ことはないですが、以下ではインターフェイスを手短に叙述します。
-
-\fISendMail\fR で通信しているなら、
-\fIMH\fR はメールを送信するのに常に SMTP を使います。
-\fIMH\fR の構築時の設定に依存しますが、
-\fISendMail\fR が直接呼び出される(\fIfork\fR と \fIexec\fR 経由で)か、
-\fIMH\fR は ローカルホストの SMTP サーバに対し TCP/IP コネクションを開きます。
-
-\fIzmailer\fR で通信しているなら、
-\fISendMail\fP 互換プログラムは /usr/lib にインストールされます。
-\fIMH\fP は SMTP を使って \fIzmailer\fP と通信します。
-これは、\fB/usr/lib/sendmail\fP 互換プログラムを直接、`\-bs' オプションを
-つけて呼び出して行なわれます。
-
-\fIMMDF\fR で通信しているなら、
-普通、\fIMH\fR はメールを送信するのに \*(lqmm\(ru\*(rq ルーチンを使います。
-しかしながら、\fIMH\fR の構築時の設定に依存しますが、
-\fIMH\fR が代わりに、ローカルホストの SMTP サーバに対し TCP/IP コネクションを開きます。
-
-スタンドアローンなシステムで使っている場合(推奨しません)、
-\fIMH\fR は自身にローカルメールを配送するか、\fIUUCP\fR とネットワークメールを
-溜めます。
-ネットワークメール部分は、ローカルホストの好みを反映するように、
-多分、修正しなくてはなりません。なぜなら、この部分では
-UNIX ホストマシンの全てについて、周知の慣習がないからです。
-
-もし、TCP/IP ネットワーキングを用いた UNIX システムで走らせるなら、
-最も望ましいインターフェイスは、\fISendMail\fR か \fIMMDF\fR のどちらかに
-SMTP オプションをつけて構築したものでしょう。
-これは非常に大きな柔軟性を与えています。
-このオプションを利用するなら、\fIMH\fR 設定ファイルの
-mts オプションの末尾に、/smtp を付け加えます。
-これは二つの主な利点を生みます。
-一つめは、
-どこで \fIsubmit\fR するか、どこで \fISendMail\fR が動いているかを
-知らなくともよい、ということです。
-これは、\fIMH\fR バイナリ (例えば \fIpost\fR\0) がこの情報について
-ハードコードに持たなくて良い、もしくは要するに、異なるプログラムを
-走らせることが可能である、ということを意味します。
-二つめは
-異なったシステムにあるサーバーでメールを投函することが可能です。
-従って、ローカルホストに \fIMMDF\fR や \fISendMail\fR は必要ではありません。
-計算機資源やディスクスペースの節約に大変役立ちます。
-\fIMH\fR はこの点で、サーバー検索リストの概念をサポートしていますから、
-この方法は欠点を補うことが出来ます。
-このオプションを使うなら、
-mh\-tailor(8) にある \*(lqservers:\*(rq の設定を確認して下さい。
-
-SMTP オプションを使うことで、四つの欠点があります。
-第一に、TCP/IP を有する UNIX システムのみがサポートしている、ということです。
-第二に、ローカルホストがつながっているネットワークのどこかで、SMTP サーバー
-を持たねばならない、ということです。
-第三に、\fIMMDF\fR か \fISendMail\fR での認証メカニズムを無視してしまいます。
-最後に、\fB/etc/hosts\fR ファイルがホスト名検索に使われます
-(これは例外ファイルであるけれども)。
-これらの欠点に答えて…、
-一つめと二つめは、Internet かローカルネットワークを持つなら、そのどこかに
-SMTP サーバーをおけば良いでしょう。
-サーバー検索リストは非常に一般的であるので、
-幅広くのオプションが可能です。
-三つめは、
-SMTP は、POP などのような認証メカニズムを持つべきでしょう。
-四つめは、
-オフィシャル名を照合出来ないホストへのメールを \fIMH\fR は妨げませんが、
-ただ詰まるだけです
-(BERK もしくは DUMB オプション付で構築したホストを除いては、
-\fIMH\fR はホストファイルを全く無視します)。
-.Fi
-^/usr/local/mh/lib/mtstailor~^テイラー・ファイル
-.Pr
-無し。
-.Sa
-\fIMMDF\-II: A Technical Review\fR,
-Proceedings, Usenix Summer '84 Conference
-.br
-\fISENDMAIL \-\- An Internetwork Mail Router\fR
-.br
-mh\-tailor(8), post(8)
-.De
-無し。
-.Co
-無し。
-.Bu
-/usr/local/mh/lib/mtstailor ファイルは、\fIMMDF\-II\fR テイラー・ファイルにある情報を無視します。そうあるべきでないが。
-.En
--- a/doc/ja-mh-profile.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,571 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-PROFILE 5
-.NA
-mh-profile \- MH のユーザー・プロファイル
-.SY
-\&\fI.mh\(ruprofile\fP
-.DE
-全ての \fIMH\fR ユーザーは、自分のホーム・ディレクトリに
-\fI\&.mh\(ruprofile\fR という名前のファイルを持っているはずです。
-このファイルには \fIMH\fR のプログラムの一部または全部が使うパラメータ群
-が含まれています。
-このファイル中のそれぞれのエントリは次のような形式です。
-
-    \fIprofile\-component\fR: \fIvalue\fR
-
-もし、エントリのテキストが数行に渡る場合は、各継続行の最初はスペース、
-もしくはタブである事から継続行であることが分かります。
-使用可能なプロファイル・コンポーネントは以下に例示します。
-`Path:' だけは必須で、その他は無くても大丈夫です。
-いくつかのものは、それがない時はデフォルトの値を持ちます。
-
-以下の説明で、
-(profile, default) はその情報がユーザーの \fIMH\fR プロファイル(profile)に
-保持されるのか、\fIMH\fR コンテクスト(context)に保持されるのかを表し、
-また、デフォルトの値が何であるのかを表します。
-
-.in +1i
-.ti -1i
-Path: Mail
-.br
-ユーザーの \fIMH\fR ディレクトリの位置を示します。
-この場合、ユーザーのホーム・ディレクトリの下の \*(lqMail\*(rq という
-ディレクトリです。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-context: context
-.br
-\fIMH\fR コンテクスト・ファイルの位置を宣言します。
-後述の \fBHISTORY\fR 節も参照して下さい。
-(profile, default: <mh\-dir>/context)
-
-.ti -1i
-Current\-Folder:\ inbox
-.br
-カレント・フォルダを記録します。
-(context, default: \*(lqInbox\*(rq で指定されたフォルダ)
-
-.ti -1i
-Inbox:	inbox
-.br
-inbox の名前を定義します。
-(profile, default: inbox)
-
-.ti -1i
-Previous\-Sequence:\ pseq
-.br
-プログラムに指定された `msgs' または `msg' 引数に対して、
-設定すべきシーケンスの名前です。
-もし設定されてない場合や空である場合は、何のシーケンスも定義しません。
-そうでない場合は、
-`msgs' または `msg' 引数を取るプログラムを実行する度に、
-このコンポーネントで指定されたそれぞれのシーケンス名に対して、
-まずシーケンスを空にし、
-それから指定されたそれぞれのメッセージがシーケンスに追加されます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Sequence\-Negation:\ not
-.br
-もしシーケンス名の前に置かれた時にそのシーケンスを否定するような文字列を
-定義します。
-従って、この場合、
-\*(lqnotseen\*(rq はシーケンス \*(lqseen\*(rq に含まれない全てのメッセージを
-表します。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Unseen\-Sequence:\ unseen
-.br
-未読メッセージを表すシーケンスです。
-\fIinc\fR は取り込んだメッセージをこのシーケンスに追加し、
-\fIshow\fR はひとたび見たら、
-そのメッセージをこのシーケンスから外します。
-もし設定してない場合や、空である場合はシーケンスは定義されません。
-そうでない場合は、それぞれのメッセージはそれぞれの与えられたシーケンス名に
-追加されます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-mh\-sequences:\ \&.mh\(rusequences
-.br
-それぞれのフォルダ内に、パブリック・シーケンスの情報を書き込むファイル名です。
-パブリック・シーケンスを使用不能にするには、この値を空にします。
-(profile, default: \&.mh\(rusequences)
-
-.ti -1i
-atr\-\fIseq\fR\-\fIfolder\fR:\ 172\0178\-181\0212
-.br
-フォルダ \fIfolder\fR でのプライベート・シーケンス \fIseq\fR の情報を
-保持します。
-(context, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Editor:\ /usr/ucb/ex
-.br
-\fIcomp\fR\0(1)、\fIdist\fR\0(1)、\fIforw\fR\0(1)、そして \fIrepl\fR\0(1)
-で使用するエディタを指定します。
-(profile, default: prompter)
-
-.ti -1i
-Msg\-Protect:\ 644
-.br
-メッセージ・ファイルのモードを 8進数で与えます。
-この 8進数の説明は \fIchmod\fR\0(1) を参照して下さい。
-(profile, default: オプション MSGPROT の値、または 0644)
-
-.ti -1i
-Folder\-Protect:\ 711
-.br
-フォルダ・ディレクトリのモードを 8進数で与えます。
-(profile, default: オプション FOLDPROT の値、または 0711)
-
-.ti -1i
-\fIprogram\fR:\ デフォルトの引数
-.br
-MH プログラム \fIprogram\fR が起動した時にデフォルトで使用される引数を
-設定します。
-例えば、メッセージに返信する際の
-\fIEditor\fR プロファイル・コンポーネントを置き換えるには、
-.br
-	repl: \-editor /bin/ed
-.br
-というように出来ます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-\fIlasteditor\fR\-next:\ nexteditor
-.br
-エディタ \*(lqlasteditor\*(rq を使用した後で使うエディタのデフォルトを
-\*(lqnexteditor\*(rq に設定します。
-これは \fIcomp\fR、\fIdist\fR、\fIforw\fR、そして \fIrepl\fR で、
-\*(lqWhat now?\*(rq レベルで使用できます。
-ドラフトを \*(lqlasteditor\*(rq で編集した後には、
-デフォルトのエディタは \*(lqnexteditor\*(rq になります。
-もしユーザーが \*(lqWhat now?\*(rq に対して、引数をつけずに \*(lqedit\*(rq と
-入力すると、\*(lqnexteditor\*(rq が使われます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-bboards: system
-.br
-\fIbbc\fR に興味のある電子掲示板(あるいはニュース・グループ)がどれかを
-伝えます。
-(profile, default: system)
-
-.ti -1i
-Folder\-Stack: \fIfolders\fR
-.br
-\fIfolder\fR コマンドに於ける、フォルダ・スタックの内容です。
-(context, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-mhe:
-.br
-もし指定があれば、\fIinc\fR は他の仕事に加えて、\fIMHE\fR 記録ファイルを
-作ります。
-\fIMHE\fR は Brian Reid による \fIMH\fR の \fIEmacs\fR フロントエンドです。
-初期バージョンは \fImh.6\fR の配布にも含まれています。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Alternate\-Mailboxes: mh@uci\-750a, bug-mh*
-.br
-\fIrepl\fR や \fIscan\fR に対し、これらのアドレスも自分自身である事を
-知らせます。複数のメールアドレスを持っている場合に便利です。
-これによって、\fIrepl\fR は返信の際にどのアドレスを含めるべきかを決め、
-また \fIscan\fR は、それが自分自身が出したメッセージかどうかを知ります。
-つまり \fImh-format\fR\0(5) で、関数エスケープ (\fImymbox\fR\^) は、
-ここに書かれているアドレスを全て自分自身であると判断します。
-アドレスはコンマで区切り、ホスト名はそのメールボックスの公式ホスト名で
-なければなりません。
-ホストに対するローカルのニックネームは公式ホスト名には置き換わりません。
-それぞれのアドレスに対して、
-ホストが書かれてないものは、全てのホストのそのアドレスが自分自身だと
-されます。
-加えて、
-アスタリスク (`*') はメールボックスとホストの両方の最後に置け、ワイルドカード
-として使えます。
-(profile, default: あなたのユーザー名)
-
-.ti -1i
-Aliasfile: aliases other-alias
-.br
-\fIali\fR、\fIwhom\fR、そして \fIsend\fR で使われるエイリアス・ファイルです。
-これは `\-alias file' オプションの代わりに使えます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Draft\-Folder: drafts
-.br
-\fIcomp\fR、\fIdist\fR、\fIforw\fR、そして \fIrepl\fR で使われるデフォルトの
-ドラフト・フォルダです。
-この指定は `\-draftfolder\0+folder' オプションで置き換えられます。
-指定されると、ドラフト・ファイルはこのフォルダ内のメッセージとして作られます。
-`\-draftmessage\0msg' が指定されるとそのメッセージ、そうでない場合の
-デフォルトは通常 `new' (\fIcomp\fR コマンドが `\-use' オプション付で
-使われた場合のデフォルトは `cur')です。
-ドラフト・フォルダを使うと、
-同時に複数のドラフト・ファイルを存在させる事が出来るので、あるドラフトの
-編集を中断して、別のドラフトを編集し、また元のドラフトの編集に戻るような事も
-簡単に出来るようになります。
-また、それら編集途中のドラフトは通常の \fIMH\fR メッセージとして、
-全ての \fIMH\fR コマンド(\fIshow\fR、\fIscan\fR、\fIpick\fR など)で
-扱う事が出来ます。
-ドラフト・フォルダが指定されていない場合は、ドラフト・ファイルは通常、
-ユーザーの MH ディレクトリの下の `draft' というファイル一つになります。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Trash\-Folder: trash
-.br
-\fIrmm\fR で使われるデフォルトのゴミ箱フォルダ・ディレクトリです。
-これを指定すると、\fIMH\fR コマンドで削除を行なうと、当該メッセージは
-このフォルダに移動します
-(このフォルダで削除すると実際にそのファイルを消します)。
-指定されていない場合は、頭にコンマ(またはサイト依存のオプション SBACKUP の値)
-が付けられたファイル名にリネームされます。
-いずれの場合も \fIrmmproc\fR が指定されていると、そちらが優先されます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-digest\-issue\-\fIlist\fR:\ 1
-.br
-\fIforw\fR にメーリングリスト \fIlist\fR のダイジェスト(まとめ送り)の
-最後に送られた巻の最後に送られた号を指定します。
-\fIforw\fR で `\-digest\ list' オプションが指定され、
-`\-issue\ number' が指定されない場合はこの値に1を足した値が使われます。
-(context, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-digest\-volume\-\fIlist\fR:\ 1
-.br
-\fIforw\fR にメーリングリスト \fIlist\fR のダイジェスト(まとめ送り)の
-最後に送られた巻を指定します。
-\fIforw\fR で `\-digest\ list' オプションが指定され、
-`\-volume\ number' が指定されない場合はこの値が(1を足さずに)使われます。
-(context, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-MailDrop: .mail
-.br
-メールドロップがデフォルトと違う場合に、\fIinc\fR にそれを指定します。
-これは環境変数 \fBMAILDROP\fR で置き換えられます。
-(profile, default: /var/mail/$USER)
-
-.ti -1i
-Signature: RAND MH System (agent: Marshall Rose)
-.br
-\fIsend\fR にメールで使われる名前を指定します。
-これは環境変数 \fBSIGNATURE\fR で置き換えられます。
-もし環境変数 \fBSIGNATURE\fR も
-このプロファイル・エントリも指定されてない場合は
-\fI/etc/passwd\fP の \*(lqgcos\*(rq 欄が使われます。
-\fIMH\fR が UCI オプション付で構築されている場合は、
-$HOME/.signature ファイルも参照されます。
-この名前は \fIsend\fP が \*(lqFrom:\*(rq ヘッダーを作る際に、その
-アドレス欄に付け加えられます。
-このテキストにはアドレス自体は含めないで下さい。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Sendername: username
-.br
-\fIsend\fR に SMTP サーバで使われるユーザ名を指定します。
-\fI/usr/local/mh/lib/mtstailor\fR の中で
-\*(lqLocalUser\*(rq が有効になっている場合のみ指定できます。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-From-Address: mh@uci\-750a
-.br
-\fIsend\fR に自分のメールアドレスを指定します。
-このアドレスは \fIsend\fR が \*(lqFrom:\*(rq へッダーを作る際に、その
-アドレス欄になります。
-このテキストにはアドレス (FDQN) 以外の文字列は含めないで下さい。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-File-Coding: ja_JP.EUC
-.br
-\fIMH\fR プログラムがファイル(メッセージ等)やコマンド・ラインを読みとる際に
-想定する漢字コードを指定します。また、ファイルに書き込む際の漢字コードも
-指定します。この値は環境変数 \fBMH_FILE_CODING\fR で置き換え可能です。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Display-Coding: ja_JP.EUC
-.br
-\fIMH\fR プログラムが端末に表示する際に出力する漢字コードを指定します。
-この値は環境変数 \fBMH_DISPLAY_CODING\fR で置き換え可能です。
-(profile, デフォルトは無し)
-
-.ti -1i
-Process-Coding: ja_JP.EUC
-.br
-\fIMH\fR プログラムがパイプに出力する漢字コードを指定します。また、パイプ
-から読み込む際に想定する漢字コードも指定します。
-この値は環境変数 \fBMH_PROCESS_CODING\fR で置き換え可能です。
-(profile, デフォルトは無し)
-.in -1i
-
-以下のプロファイル要素は \fIMH\fR プログラムが \fImore\fR\0(1) など他の
-プログラムを呼び出す時に使われます。
-もしユーザーがこれらのプログラムを置き換えたいと望むなら、
-\fI\&.mh\(ruprofile\fR にそれを書く事が出来ます。
-デフォルトの値を例示します。
-
-.nf
-.in +.5i
-.ta \w'whatnowproc:  'u
-^fileproc:~^/usr/local/mh/bin/refile
-^incproc:~^/usr/local/mh/bin/inc
-^installproc:~^/usr/local/mh/lib/install\-mh
-^lproc:~^オプション MORE の値。または /usr/ucb/more
-^mailproc:~^/usr/local/mh/bin/mhmail
-^mhlproc:~^/usr/local/mh/lib/mhl
-^moreproc:~^オプション MORE の値。または /usr/ucb/more
-^mshproc:~^/usr/local/mh/bin/msh
-^packproc:~^/usr/local/mh/bin/packf
-^postproc:~^/usr/local/mh/lib/post
-^rmmproc:~^無し
-^rmfproc:~^/usr/local/mh/bin/rmf
-^sendproc:~^/usr/local/mh/bin/send
-^showproc:~^オプション MORE の値。または /usr/ucb/more
-^whatnowproc:~^/usr/local/mh/bin/whatnow
-^whomproc:~^/usr/local/mh/bin/whom
-.re
-.in -.5i
-.fi
-
-もし環境変数 \fBMH\fR を定義すると、
-\fIMH\fR プログラムが読むプロファイルを 
-\fI\&.mh\(ruprofile\fR 以外にする事が出来ます。
-もし環境変数 \fBMH\fR の値が絶対パスでない場合
-(すなわち \fB/\fR で始まってない場合)、
-それはカレント・ディレクトリからの相対パスと考えられます。
-これは、\fIMH\fR が、絶対パスでないパス名をユーザーの \fIMH\fR ディレクトリ
-からのパスであると考えない数少ない例外の一つです。
-
-同様に、
-もし環境変数 \fBMHCONTEXT\fR が定義されていると、
-通常のコンテクスト・ファイル(\fIMH\fR プロファイルで定義されている)
-以外のコンテクストを指定できます。
-\fBMHCONTEXT\fR の値が絶対パスでない場合、
-それはユーザーの \fIMH\fR ディレクトリからのパスと考えます。
-
-\fIMH\fR プログラムは他にも以下の環境変数を参照します。
-
-.in +.5i
-.ti -.5i
-\fBMAILDROP\fR\0: \fIinc\fR でデフォルトのメールドロップを指定します。
-.br
-これはプロファイル・エントリ \*(lqMailDrop:\*(rq を置き換えます。
-
-.ti -.5i
-\fBSIGNATURE\fR\0: \fIsend\fR と \fIpost\fR にメールで使う名前を指定します。
-.br
-これはプロファイル・エントリ \*(lqSignature:\*(rq を置き換えます。
-
-.ti -.5i
-\fBHOME\fR\0: 全ての \fIMH\fR プログラムにあなたのホーム・ディレクトリを
-伝えます。
-
-.ti -.5i
-\fBSHELL\fR\0: \fIbbl\fR に走らせるデフォルトのシェルを指定します。
-
-.ti -.5i
-\fBTERM\fR\0: \fIMH\fR に端末のタイプを教えます。
-.br
-環境変数 \fBTERMCAP\fR も参照されます。
-特に、
-これらは \fIscan\fR と \fImhl\fR にどうやって端末をクリアするか、
-そして端末の幅がどれぐらいあるかを伝えます。
-これらは \fImhl\fR に端末の行数も伝えます。
-
-.ti -.5i
-\fBeditalt\fR\0: 再配布/返信元のメッセージです。
-.br
-これは \fIdist\fR と \fIrepl\fR で編集状態にある時、
-再配布、あるいは返信されるメッセージを熟読できるようセットされます。
-カレント・ディレクトリとメッセージが存在するフォルダが同じ
-UNIX ファイル・システムにある場合は、このメッセージは
-カレント・ディレクトリの \*(lq@\*(rq というリンク名でも
-参照できます。
-
-.ti -.5i
-\fBmhdraft\fR\0: 現在のドラフトのパス名を示します。
-.br
-これは \fIcomp\fR、\fIdist\fR、\fIforw\fR、そして \fIrepl\fR によって、
-\fIwhatnowproc\fR にどのファイルに対して、\*(lqWhat now?\*(rq と聞けば
-いいかを指定します。
-加えて、
-\fIdist\fR、\fIforw\fR、そして \fIrepl\fR は、\fBmhfolder\fR もセットします。
-さらに、
-\fIdist\fR と \fIrepl\fR は \fIwhatnowproc\fR にドラフトと共にある
-もう一つのメッセージ(再配布、または返信されるメッセージ)を伝えるために
-\fBmhaltmsg\fR をセットします。
-そして、
-\fIdist\fR は \fIwhatnowproc\fR にメッセージ再配布が起こってる事を伝えるため
-に \fBmhdist\fR をセットします。
-また、
-\fIwhatnowproc\fR にユーザーが選んだエディタ(`\-noedit' で打ち消されてない場合)
-が何であるかを伝えるために \fBmheditor\fR をセットします。
-同様に
-\fBmhuse\fR が \fIcomp\fR によって指定されます。
-最後に、
-\fIdist\fR、\fIforw\fR、そして \fIrepl\fR は注釈付けをする際に
-\fBmhmessages\fR をセットします
-(さらに \fBmhannotate\fR と \fBmhinplace\fR も)。
-この \*(lqWhat now?\*(rq と聞いてくるプログラムに対して、全ての情報を
-環境変数で引き渡すというインターフェイスは凄い仕様だと思いませんか?
-この理由として、\fIMH\fR ユーザーは \fIwhatnowproc\fR として
-任意のプログラムを指定できるという点があり、標準のシェルでさえ指定できます。
-その結果、これらの情報を引数リストとして引き渡す事が出来ないのです。
-.br
-もし \fIMH\fR の構築の際に WHATNOW オプションをセットしてた場合で
-(確認するには \fIMH\fR コマンドに `\-help' を付けて実行してみて下さい)、
-この環境変数がセットされてた場合は、
-コマンド \fIrefile\fR、\fIsend\fR、\fIshow\fR、または \fIwhom\fR に
-`msgs' 引数が与えられてない時には、
-そのデフォルトのファイルは \fBmhdraft\fR になります。
-これはデフォルトの \fIwhatnowproc\fR で提供されているデフォルトの行動を
-別のプログラムでも得たい場合に有用です。
-
-.ti -.5i
-\fBmhfolder\fR\0: 代わりのメッセージが含まれているフォルダです。
-.br
-これは \fIdist\fR と \fIrepl\fR で編集段階でセットされ、
-再配布、あるいは返信されるメッセージを熟読する事が出来ます。
-環境変数 \fBmhfolder\fR は \fIshow\fR、\fIprev\fR、そして \fInext\fR
-でも \fImhl\fR で使われる場合にセットされます。
-
-.ti -.5i
-\fBMHBBRC\fR\0: 
-.br
-もし環境変数 \fBMHBBRC\fR をセットすると、
-\fIbbc\fR で読まれる電子掲示板情報ファイル \fI\&.bbrc\fR を別のファイルに
-する事が出来ます。
-もし \fBMHBBRC\fR の値が絶対パスでない場合
-(すなわち \fB/\fR で始まってない場合)、
-それはカレント・ディレクトリからの相対パスと考えられます。
-
-.ti -.5i
-\fBMHFD\fR\0: 
-.br
-もし \fIMH\fR の構築の際に OVERHEAD オプションをセットしてた場合で
-(確認するには \fIMH\fR コマンドに `\-help' を付けて実行してみて下さい)、
-この環境変数がセットされてた場合は、
-\fIMH\fR はこれを \fIMH\fR プロファイルを読み出し専用でオープンしている
-ファイル記述子の番号として考えます。
-同様に、
-環境変数 \fBMHCONTEXTFD\fR が設定されている場合は、
-これを \fIMH\fR コンテクストを読み出し専用でオープンしている
-ファイル記述子の番号として考えます。
-\fIMH\fR のこの仕様は実験的なもので、
-\fIMH\fR の立上り時に可能な速度向上を調査しています。
-この仕様を可能にするには、これらの環境変数を設定し、空でない状態にしなければ
-ならない点に注意して下さい。
-もし \fIMH\fR の設定で OVERHEAD がセットされている場合、
-\fIMH\fR プログラムが他の \fIMH\fR プログラムを呼ぶ場合には、これが使われます。
-これらのファイル記述子は \fIMH\fR プログラムの実行の間中
-クローズされませんので、
-子プログラムはその恩恵を受けるかもしれません。
-この方法は、安全にいくぶんかの速度向上が得られると考えられます。
-.in -.5i
-
-.Fi
-^$HOME/\&.mh\(ruprofile~^ユーザーのプロファイル
-^あるいは $MH~^が標準のプロファイルに代わる
-^<mh\-dir>/context~^ユーザーのコンテクスト
-^あるいは $CONTEXT~^が標準のコンテクストに代わる
-^<folder>/\&.mh\(rusequences~^<folder> に対するパブリック・シーケンス
-.Pr
-全て。
-.Sa
-mh(1), environ(5), mh-sequence(5)
-.De
-無し。
-.Co
-全て。
-.Hi
-\fImh.1\fR (オリジナルの RAND \fIMH\fR\0)や
-\fImh.2\fR (最初の UCI バージョンの \fIMH\fR\0)では、
-書き込み可能なフォルダのカレント・メッセージはそのフォルダの \*(lqcur\*(rq
-というファイルに書き込まれていました。
-\fImh.3\fR では、
-書き込み可能性に関係なく全てのフォルダの
-カレント・メッセージの値は \fI\&.mh\(ruprofile\fR に書き込まれてました。
-
-\fImh.4\fR 以降の全ての \fIMH\fR のバージョンでは、
-\fI\&.mh\(ruprofile\fR には静的な情報のみが含まれ、
-\fIMH\fR プログラムがこれを更新する事はありません。
-情報等の変化は全てユーザーの MH ディレクトリにある \fIcontext\fR
-ファイルに書かれるようになっています。
-
-これには \*(lqCurrent\-Folder\*(rq エントリと
-プライベート・シーケンスの情報を含みますが、
-これだけに制限されている訳ではありません。
-パブリック・シーケンスの情報はそれぞれのフォルダ内の \fI\&.mh\(rusequences\fR
-というファイルに書かれます。
-
-\fImh.4\fR より前に使われていた形式をそれ以後の \fIMH\fR の形式に改めたい
-場合には、
-\fIinstall\-mh\fR を `\-compat' オプション付で起動します。
-これは一般的に \fIMH\fR を \*(lqCOMPAT\*(rq オプション付で構築した場合には
-自動的に行なわれます。
-
-\fI\&.mh\(ruprofile\fR で 
-\*(lqcontext\*(rq エントリ(これは小文字でなければなりません)を設定する事で、
-\fIcontext\fR ファイルのパスを変える事が可能です。
-もしエントリが絶対パスでない場合(\fB/\fR で始まってない場合)、
-ユーザーの \fIMH\fR ディレクトリからの相対パスと考えられます。
-結果として、
-異なるコンテクスト・ファイルを使い分ける事によって、
-複数のプライベート・シーケンス集合を持つ事が出来ます。
-.Bu
-\&.mh\(ruprofile ではシェルのクォート処理のような事は出来ません。
-すべての語はホワイトスペースで区切られます。
-
-プロファイルのオプションとして、どういう種類の引数を置いたらいいかという
-疑問があるかと思います。
-これに明白な解答を出すためには、全ての \fIMH\fR プログラムの
-コマンドラインでの意味を思い出しましょう。
-まず、矛盾するオプション(例えば `\-header と `\-noheader')が
-複数指定された場合には、その最後に指定されたオプションが効果を持ちます。
-つまり、先に指定したオプションは後で打ち消す事が出来る訳です。
-これは、プロファイルでの指定はコマンドラインで打ち消す事が出来るという事です。
-一方、メッセージ・シーケンス、ファイル名、フォルダといった他の引数は
-同種の後で指定される引数でそれを打ち消す事が出来ません。
-この事から、プロファイルにはオプション(とその引数)だけを書くのが安全だと
-言えます。
-
-もし \fIMH\fR プログラムを同じ引数で何度も何度も実行する事が分かっているが、
-その引数はオプションではない場合、
-この問題を解決するいくつかの解決方法があります。
-最初の方法は、その \fIMH\fR プログラムへのソフトリンク(シンボリック・リンク)
-を \fI$HOME/bin\fR ディレクトリに異なる名前で作る事が挙げられます。
-この時、プロファイルにその名前で新しいエントリを作り、その \fIMH\fR
-コマンドに指定したい引数を与えるのです。
-\fIMH\fR コマンドは、自分自身の実行ファイル名(オリジナルの
-コマンド名ではない)のプロファイル・エントリを探します。
-同様に、その \fIMH\fR プログラムを好みの引数で呼び出す小さなシェル・スクリプト
-を作ることも出来ます
-(この解決方法としては、リンクを作って、プロファイル・エントリを与える方が
-好ましいでしょう)。
-
-最後に、\fIcsh\fR ユーザーは以下の形式でエイリアスを設定しておくという方法
-もあります。
-
-.ti +.5i
-alias cmd 'cmd arg1 arg2 ...'
-
-この方法では、ユーザーはシェルに長い打ち込みをする事を避けることが出来、
-\fIMH\fR コマンドに安全に引数を渡せます。
-しかし、いくつかの \fIMH\fR コマンドは
-内部で他の \fIMH\fR コマンドを呼び出しますが、この場合、プロファイルは読まれ
-ますが、このエイリアスは最初のコマンド呼び出しを越えては効かない事を
-忘れないで下さい。
-.En
--- a/doc/ja-mh-sequence.me	Fri Nov 07 20:20:35 2008 +0000
+++ /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
@@ -1,234 +0,0 @@
-.\"	This file is automatically generated.  Do not edit!
-.\"		written by MH-plus project
-.SC MH-SEQUENCE 5
-.NA
-mh-sequence \- MH システムでのシーケンス指定
-.SY
-ほとんどの \fIMH\fR コマンド
-.DE
-ほとんどの \fIMH\fP コマンドは、`msg' または `msgs' という指定を受け付けます。
-ここで、`msg' は一つのメッセージ、`msgs' は一つまたはそれ以上のメッセージを
-意味します。メッセージを呼び出すためには、その番号(例えば 1、10、234)または、
-以下の予約メッセージ名が使えます。
-.in +.5i
-.sp 1
-.nf
-.ta +\w'\fI名前\fP      'u
-\fI名前\fP	\fI説明\fR
-first	フォルダ内の最初のメッセージ
-last	フォルダ内の最後のメッセージ
-cur	一番最近にアクセスされたメッセージ
-prev	番号的に \*(lqcur\*(rq の前のメッセージ
-next	番号的に \*(lqcur\*(rq の次のメッセージ
-.re
-.fi
-.in -.5i
-
-`msg' 引数が使えるコマンドでは、デフォルトは \*(lqcur\*(rq です。
-短縮形として \*(lq\&.\*(rq が \*(lqcur\*(rq と同じ意味があります。
-
-例えば、5、10、94、177、325 の五つのメッセージが存在するフォルダに於いては、
-\*(lqfirst\*(rq は 5 で、\*(lqlast\*(rq は 325 です。
-もし \*(lqcur\*(rq が 94 の時は、\*(lqprev\*(rq は 10 で、\*(lqnext\*(rq
-は 177 になります。
-
-`msgs' は一つまたはそれ以上のメッセージが指定される事を意味します。
-このような場合は、一つのメッセージを指定するか、いくつかのメッセージを
-スペースで区切って指定する事が出来ます。
-メッセージの指定は上述のメッセージ名(メッセージ番号または予約メッセージ名)か、
-メッセージ範囲で行ないます。
-
-メッセージ範囲は \*(lqname1\-name2\*(rq または \*(lqname:n\*(rq という形式
-で指定されます。
-ここで `name'、`name1' そして `name2' はメッセージ名、そして `n' は整数です。
-
-\*(lqname1\-name2\*(rq という指定は
-`name1' から `name2' までの間に実在する全てのメッセージを意味します。
-メッセージ名 \*(lqall\*(rq はメッセージ範囲 \*(lqfirst\-last\*(rq の省略形
-として認識されます。
-
-\*(lqname:n\*(rq という指定は `n' 個までのメッセージを意味します。
-これらのメッセージは `name' がメッセージ番号または予約メッセージ名
-\*(lqfirst\*(rq、\*(lqcur\*(rq、\*(lqnext\*(rq のうちのどれかである場合は
-`name' から始まります。
-また、`name' が \*(lqprev\*(rq または \*(lqlast\*(rq である場合は `name'
-で終ります。
-`n' の解釈は `n' の前にプラスまたはマイナス記号が付くと変わります。
-`+n' は常に、`name' から始まる `n' 個までのメッセージ、
-`\-n' は常に、`name' で終わる `n' 個までのメッセージを意味します。
-
-`msgs' 引数を受け付けるコマンドでは、デフォルトは \*(lqcur\*(rq または
-\*(lqall\*(rq で、それぞれのコマンドの持つ意味によって変わります
-(詳細はそれぞれのコマンドのマニュアルを参照して下さい)。
-繰り返し同じメッセージが指定された場合は、それはそのメッセージを一回指定
-したのと同じ効果があります。
-
-.Uh "ユーザー定義メッセージ・シーケンス"
-上述の予約メッセージ名(定義済み)に加えて、
-\fIMH\fP ではユーザー定義シーケンス名をサポートしています。
-ユーザー定義シーケンス名は、メッセージのグループに意味のある象徴的な名前を
-付ける事によって、\fIMH\fR ユーザーに、同じフォルダ内にあるメッセージの
-グループを取り扱うことが出来る便利な機能を提供します。
-
-メッセージ・シーケンスを指す名前は英字から始まり、ゼロ個以上の英数字から
-なる文字列であり、上述の予約メッセージ名は使えません。
-シーケンスを定義した後は、
-\fIMH\fR コマンドで `msg' または `msgs' 引数が使える所ではどこでも、
-それを使う事が出来ます。
-
-ユーザー定義シーケンスではメッセージ範囲指定のいくつかの形式が使えます。
-\*(lqname:n\*(rq 形式が使え、ユーザー定義シーケンス `name' の要素である
-最初の `n' 個までのメッセージ
-(あるいは `\-n' に対しては最後の `n' 個までのメッセージ)を意味します。
-
-\*(lqname:next\*(rq と \*(lqname:prev\*(rq という形式も使え、
-ユーザー定義シーケンス `name' の要素の中で、(カレント・メッセージから見て)
-次、または前のメッセージを意味します。
-\*(lqname:first\*(rq と \*(lqname:last\*(rq という指定は、
-それぞれ \*(lqname:1\*(rq と \*(lqname:\-1\*(rq と同じ意味です。
-\*(lqname:cur\*(rq という形式は使えません
-(代わりに \*(lqcur\*(rq そのものを使いましょう)。
-これらのメッセージ範囲指定の文法に関しては、将来変更される必要があります。
-
-ユーザー定義シーケンス名はそれぞれのフォルダ特有です。
-これらは \fIpick\fP と \fImark\fP コマンドを使って定義します。
-
-.Uh "パブリック・シーケンスとプライベート・シーケンス"
-シーケンスには、
-パブリック・シーケンスとプライベート・シーケンスの二つがあります。
-パブリック・シーケンスは、
-そのフォルダを読む事が出来る全ての \fIMH\fR ユーザーが利用できるもので、
-シーケンス情報は、そのフォルダ内の \&.mh\(rusequences ファイルに保存されます。
-プライベート・シーケンスは、
-それを定義した \fIMH\fR ユーザーだけが利用できるもので、
-シーケンス情報は、そのユーザーの \fIMH\fR コンテクスト・ファイルに
-保存されます。
-デフォルトでは
-\fIpick\fR と \fImark\fR は、そのシーケンスが定義されるフォルダが
-その \fIMH\fR ユーザーに取って書き込み可能なら、
-パブリック・シーケンスを作ります。
-さもなくば、プライベート・シーケンスが作られます。
-これは \fImark\fP コマンドに `\-public' または `\-private'
-オプションを指定する事で置き換え可能です。
-
-パブリック・シーケンスとプライベート・シーケンスの違いは、
-それが実際に他の \fIMH\fR ユーザーに
-見られるかどうかとは関係ない事に注意して下さい。パブリック・シーケンスでも、
-そのフォルダのディレクトリ・モードがアクセス不許可なら見られませんし、
-たとえシーケンスが見られても、メッセージが読み出し不許可なら、
-そのシーケンスに属するメッセージは見られません。
-
-.Uh "否定シーケンス"
-\fIMH\fP は、ユーザー定義シーケンスの要素でない全てのメッセージを
-指定できる方法を提供しています。
-これをするためには
-ユーザーは \fIMH\fR プロファイルで \*(lqSequence\-Negation\*(rq エントリを
-指定します。この値は任意の文字列です。
-この文字列は存在するユーザー定義シーケンス名の前に置いて使用できます。
-この指定は指定のシーケンス名に属さないメッセージを意味します。
-例えば、プロファイル・エントリが以下の場合、
-
-.ti +.5i
-Sequence\-Negation:\^ not
-
-\fIMH\fR コマンドの `msg' または `msgs' 引数として、\*(lqnotfoo\*(rq を
-指定した場合、
-それはシーケンス \*(lqfoo\*(rq の要素でない全てのメッセージを意味します。
-
-当然の事ながら、
-ユーザーはシーケンスを定義する時には、
-その名前が \*(lqSequence\-Negation\*(rq プロファイル・エントリの値で
-始まらないように注意すべきです。
-
-.Uh "前シーケンス"
-\fIMH\fR は、\fIMH\fR コマンドに最後に指定された `msgs' または `msg' 引数を
-覚えておく機能も提供しています。
-それには、エントリ \*(lqPrevious\-Sequence\*(rq が \fIMH\fR プロファイルで
-指定されていればよいです。
-その値はシーケンス名またはスペースで区切られた複数のシーケンス名です。
-もしこのエントリが定義されていると、
-\fIMH\fP コマンドが終了した時に、
-このエントリで指定されているシーケンス名を
-そのコマンドで指定されたメッセージで定義します。
-従って、以下のプロファイル・エントリは
-
-.ti +.5i
-Previous\-Sequence:\^ pseq
-
-`msg' または `msgs' 引数を受け付ける全ての \fIMH\fR コマンドは、
-それが終了する時に、
-それらのメッセージで \*(lqpseq\*(rq シーケンスを定義します。
-
-\fB注意:\fP \*(lqPrevious\-Sequence\*(rq 仕様を使う場合には、
-実行速度が低下することがあり得ます。
-この機能を使うと、
-\fB全ての\fP \fIMH\fR プログラムは、それが実行される度に、
-フォルダ内の \&.mh\(rusequences ファイルにシーケンス情報を書き込まなければ
-ならないからです。
-もし、\*(lqPrevious\-Sequence\*(rq プロファイル・エントリが定義されてない
-場合は、\fIpick\fR と \fImark\fR だけが \&.mh\(rusequences ファイルに書き
-込みます。
-
-.Uh "未読シーケンス"
-最後に、メッセージが既に読まれたものであるかどうかを示して欲しいと思う
-人もいることでしょう。
-この機能をサポートするために
-\fIinc\fR と \fIshow\fR はプロファイル・エントリ \*(lqUnseen\-Sequence\*(rq
-を見ます。
-\&.mh\(ruprofile 内のこのエントリは、一つあるいはそれ以上のシーケンス名を
-スペースで区切ったものであるべきです。
-もし、プロファイルの \*(lqUnseen\-Sequence\*(rq に値がある場合、
-\fIinc\fR が新しいメッセージをフォルダに置く度に、
-その新しいメッセージはこのエントリの値が示すシーケンスに追加されます。
-従って、プロファイル・エントリが次のようだと、
-
-.ti +.5i
-Unseen\-Sequence:\^ unseen
-
-\fIinc\fR は新しいメッセージを \*(lqunseen\*(rq シーケンスに追加します。
-これは \*(lqPrevious\-Sequence\*(rq エントリの行動と似ていますが、
-このシーケンスは \fIinc\fP によって、消される事はありません
-(追加される一方です)。
-
-同様に、
-\fIshow\fR (または \fInext\fR や \fIprev\fR\^)がメッセージを表示する度に、
-そのメッセージはプロファイルの \*(lqUnseen\-Sequence\*(rq エントリで示す
-シーケンスから削除されます。
<