view slides/2018/05/19/slide.md @ 45:f5dac10540d7

auto-Update generated slides by script
author Takahiro SHIMIZU <anatofuz@cr.ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Tue, 29 May 2018 18:44:59 +0900
parents
children
line wrap: on
line source

title: Perl入学式
author: Takahiro Shimizu
profile:
lang: Japanese

## SSID

- `perl-entrance`

## PW

- `metacpan`

# 研究目的
- Perl5の後継言語として開発されているPerl6はMoarVMと呼ばれるVMを搭載している.
- Perl6はMoarVM,JVM,JavaScript上で動くRakudoと呼ばれる実装と,コンパイラ開発者用のサブセットであるNQPが主な実装となっている.
- 現在Perl6及びMoarVMは全体的な速度がPerl5と比較し低下しており,実務として利用できるレベルに達していない.
- さらにPerl6の実装自体巨大なcase-switch文など見通しが悪くなっている.
- この問題を解決するために現在当研究室で開発している継続を中心にしたContinuation based Cを用いて改良を行う
- CbCの設計理念からVMの実装と親和性が高い事も推測できる為,実際にCbCを用いてどのようにVMが実装できるかを検証する

# 今週の進捗
* foo
    * puyohoge

# 来週の予定