view slides/20140826/slide.md @ 65:2a8bdd08eefd

Add slide
author Yasutaka Higa <e115763@ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Tue, 26 Aug 2014 17:50:28 +0900
parents
children
line wrap: on
line source

title: プログラムのデバッグ支援(仮)
author: Yasutaka Higa
cover:
lang: Japanese



# 研究目的(仮)
* プログラミングにおいて、ソースコードを改変するとプログラムの挙動も変わる
* 挙動は予想されていた挙動と異なる場合があり、それはバグとなる
* ソースコードの改変前と改変後の挙動を比較することで、デバッグの支援になるのでは無いか
* 異なるバージョンのプログラムを同時に実行できるデバッグ支援ツールを開発する


# 近況報告
* Vim勉強会してました
* Category Theory for Computing Science ちょっと読み始めました


# Category Theory for Computing Science
* Functional Programming Language
  * FPL-1 : primitive data types, given in the language
  * FPL-2 : Constants of each type.
  * FPL-3 : Operations, which are functions between the types
  * FPL-4 : Constructors, which can be applied to datat ypes and operations to produce derived data types and operations of the language
* Functional Programming Language as categories

<!-- vim: set filetype=markdown.slide: -->