diff shoshi-paper.tex @ 1:600b5de23cc6

added description of TreeCMS
author Shoshi TAMAKI <shoshi@cr.ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Sun, 07 Aug 2011 19:52:56 +0900
parents 50a9279c19eb
children d9e526a0e9ff
line wrap: on
line diff
--- a/shoshi-paper.tex	Sun Aug 07 01:55:35 2011 +0900
+++ b/shoshi-paper.tex	Sun Aug 07 19:52:56 2011 +0900
@@ -165,10 +165,51 @@
 この二分木辞書は主に,辞書をコピーするときに効果を発揮する.
 
 \section{非破壊的木構造を用いたCMS}
+ 本研究では,非破壊木構造を用いてスケーラビリティのあるCMSの設計と実装を行った.本システムではコンテンツを木構造で表現する.Cassandra上に木構造を構築し,それを非破壊的に編集する.図\ref{fig:tree-cms1}に概略図を示す.
+\begin{figure}[!htbp]
+\begin{center}
+	\includegraphics[scale=0.2]{tree-cms1.pdf}
+\end{center}
+\caption{システムのアーキテクチャ}
+\label{fig:tree-cms1}
+\end{figure}
+\\本システムでは,Cassandra上に木構造を構築するサーバー(API Server)を設ける,サーバーの提供するAPIを用いてコンテンツを非破壊的に操作することができる.
+WebServerはAPI Serverを利用してコンテンツを操作しコンテンツの配置を記述したレイアウトを用いてレンダリングを行い,木構造を編集する際には専用のエディタを提供する.(図\ref{fig:tree-cms2})
+また,各段階(API Server , WebServer , Browser)で木構造のキャッシュを保持し,必要になったときのみキャッシュを同期・マージさせる.(図\ref{tree-cms3})こうすることでスケーラビリティを確保することが出来ると考えられる.
+\begin{figure}[!htbp]
+\begin{center}
+	\includegraphics[scale=0.35]{tree-cms2.pdf}
+\end{center}
+\caption{木構造のレンダリングと編集}
+\label{fig:tree-cms2}
+\end{figure}
+\begin{figure}[!htbp]
+\begin{center}
+	\includegraphics[scale=0.35]{tree-cms3.pdf}
+\end{center}
+\caption{多段キャッシュとマージ処理}
+\label{fig:tree-cms3}
+\end{figure}
 \section{検証環境の構築}
-本検証では,前回行ったPCクラスタによるスケーラビリティの検証環境とは異なり,ブレードサーバー上に検証環境構築する.ブレードサーバーとは
+本検証では,前回行ったPCクラスタによるスケーラビリティの検証環境とは異なり,仮想環境上に検証環境を構築する.仮想環境のホストとして利用するサーバーを表\ref{tab:bldsv-info}に示す.
+\begin{table}[!htbp]
+\caption{検証環境に用いたサーバー}
+\label{tab:bldsv-info}
+\begin{center}
+\begin{tabular}{|c|c|c|c|} \hline
+サーバー名 & CPU & メモリ & 仮想化 \\ \hline \hline
+server01 & Xeon x2 & 139GB & KVM \\ \hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 \subsection{仮想環境}
+
 \subsection{仮想化管理ツールの実装}
+\subsubsection{libvirt}
+ libvirtとは
+\subsubsection{webvirt}
+ webvirtとは,本研究室で開発した仮想環境のウェブ管理ツールである.ウェブアプリケーションフレームワークであるCakePHPとlibvirtを用いて開発した.本
+
 \section{まとめ}
 
 \end{document}