diff paper/chapter3.tex @ 4:6cf0f731cbde draft

fix
author Yutaka_Kinjyo <yutaka@cr.ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Wed, 08 Feb 2012 21:49:40 +0900
parents 5dbcea03717e
children 20d87c5e225a
line wrap: on
line diff
--- a/paper/chapter3.tex	Tue Feb 07 17:42:08 2012 +0900
+++ b/paper/chapter3.tex	Wed Feb 08 21:49:40 2012 +0900
@@ -19,6 +19,23 @@
   \label{fig:wc-graf}
 \end{figure}
 
+サイズを 100MB, 200MB としたテキストファイルを対象に、速度の測定を行った。Linux wc は PS3上の Linux のが提供するwcコマンドを用いた結果で PPE 1基を利用したものである。Cerium wc は SPE 6基 を用い今回実装した word count の計測結果である。(\tabref{wc_speed}) 
+
+\begin{table}[!htb]
+  \begin{center}
+    \caption{speed of WordCount} \label{tab:wc_speed}
+    \hbox to\hsize{\hfil
+      \begin{tabular}{|c|c|c|c|} \hline
+           wc     & file size(MB) & time(sec) \\ \hline
+         Linux    &  100         & 30.9      \\ \hline
+         Linux    &  200         & 62.8      \\ \hline
+         Cerium   &  100         & 2.2       \\ \hline
+         Cerium   &  200         & 12.8       \\ \hline
+      \end{tabular}\hfil}
+  \end{center}
+\end{table}
+
+100MBのテキストを扱う場合には、Linux と比べ15倍ほどの差が見られた。200MB の場合は約5倍ほどであるのは、PPE のメモリ容量が256MBとなっており、200MBのファイルを扱う場合には、頻繁にスワップなどが起きているため、ファイルのIOの部分でのオーバヘッドが高いと考えられる。通常のwcコマンドよりも Cerium を用いた wc が高い性能を示した。
 
 \section{Sort}