diff paper/chapter2.tex @ 14:cb430c965050 draft

fix
author Yutaka_Kinjyo <yutaka@cr.ie.u-ryukyu.ac.jp>
date Fri, 10 Feb 2012 18:00:32 +0900
parents b8d790bccfe7
children
line wrap: on
line diff
--- a/paper/chapter2.tex	Fri Feb 10 01:56:09 2012 +0900
+++ b/paper/chapter2.tex	Fri Feb 10 18:00:32 2012 +0900
@@ -492,8 +492,16 @@
 1テクスチャの Tile の数を減少させることができる。必要 Tile のヒット率が上昇し、結果
 転送コストの削減に繋がる。
 
-この Texture hash の効果を示す。(\tabref{ball_bound})例題として、ball bound を使用した。
-解像度は 1980x1080 である。FPSは一秒あたりの RednderingEngine 全体の処理回数(Frame per Scecond)である。
+この Texture hash の効果を示す。(\tabref{ball_bound})例題として、ball bound(\figref{ball_img}) を使用した。
+描画の解像度は 1980x1080 である。FPSは一秒あたりの RednderingEngine 全体の処理回数(Frame per Scecond)である。
+
+\begin{figure}[htb]
+  \begin{center}
+    \includegraphics[scale=0.70]{./images/ball_bound.pdf}
+  \end{center}
+  \caption{ball boundの実行様子}
+  \label{fig:ball_img}
+\end{figure}
 
 \begin{table}[!htb]
   \begin{center}
@@ -508,8 +516,17 @@
 \end{table}
 
 DMA転送待ち時間が減り、FPSの向上が見られた。
+続いて 解像度1980x1080の画面いっぱいに一枚の画像を描画する例題である panel(\figref{panel_img}) で効果を測定した。 
 
-続いて 解像度1980x1080の画面いっぱいに一枚の画像を描画する例題である panel で効果を測定した。 panel でのキャッシュの効果を示す(\tabref{cache_panel})
+\begin{figure}[htb]
+  \begin{center}
+    \includegraphics[scale=0.70]{./images/panel.pdf}
+  \end{center}
+  \caption{panelの実行様子}
+  \label{fig:panel_img}
+\end{figure}
+
+panel でのキャッシュの効果を示す(\tabref{cache_panel})
 
 \begin{table}[!htb]
   \begin{center}