一つ前に戻る

環境構築

インストールする必要のあるもの

  • binutils (2.1.4)
  • gcc (3.3.4)
  • libusb
  • optusb

下準備

作業ディレクトリの作成(必要ないならやらなくてよし)

% mkdir src

home以下でもどこでもいいので、ディレクトリsrcを作っておこう。
(作業したディレクトリがごちゃごちゃするため)

環境変数の変更(必須)

環境変数のpathの追加をしよう。
gccなど新しいversionへ反映させるためset pathの内容を変更する必要があります。
(これを変更しないとデフォルトのまま)
.tcshrcかaliasで

set path = ( $path /usr/local/gnu/bin ) 

を追加します。
ここで注意することはこのpathがデフォルトのgccへのpathより先に読み込まれないといけません。
まぁ、めんどうなので一番最初の方に持ってってください。
環境変数をいじった後は

% echo $path

などで /usr/local/gnu/bin が最初に来ているのを確認しよう。

シンボリックリンクの作成

% cd /usr/local/gnu/bin
% sudo ln -s arm-gba-elf-gcc gcc-arm

インストール手順

過去ログ?にもここにもありますが、とりあえず。

binutils

% cd
% mkdir src
% cd src
% curl -O http://ftp.gnu.org/gnu/binutils/binutils-2.14.tar.gz
% tar xzvf binutils-2.14.tar.gz
% cd binutils-2.14

ARMのビルド用にディレクトリ作成

% mkdir build_arm
% cd build_arm

ARM用のconfigure(コピペ推奨)

% ../configure --prefix=/usr/local/gnu --program-suffix=-arm --target=arm-gba-elf

makeする

% make

インストールする

% sudo make install

gcc

% cd 
% cd src
% curl -O ftp://ftp.dti.ad.jp/pub/lang/gcc/releases/gcc-3.3.4/gcc-core-3.3.4.tar.bz2

解凍

% tar jxvf gcc-core-3.3.4.tar.bz2

ARMのビルド用ディレクトリの作成

% cd gcc-3.3.4
% mkdir build_arm
% cd build_arm

ARM用 gcc の configure

% ../configure --target=arm-gba-elf --prefix=/usr/local/gnu --program-suffix=-arm --disable-shared --disable-threads --disable-nls

make

% make

インストール

% sudo make install

powerpcのビルド用ディレクトリ作成 % cd .. % mkdir build_powerpc % cd build_powerpc powerpc用のconfigure

% ../configure --prefix=/usr/local/gnu

make

% make

インストール

% sudo make install

念のため、バージョン確認。

% gcc -v
% gcc -b arm-gba-elf -v
% gcc-arm -v

libusb

% mkdir src 
% cd src 
% mkdir libusb-stable 
% cd libusb-stable 
% cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/libusb login
CVS password:    //passはいらない。そのままリターンキーを押す。
% cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.net:/cvsroot/libusb co libusb
cvs server: Updating libusb 
% cd libusb 
% ./autogen.sh 
% make 
% sudo make install 

optusb

libusbのインストールをミスってるとoptusbをインストールできません。
optusbを入れる場所は以下

/usr/local/bin 

以下手順

% curl -O http://home.r00.itscom.net/top/gbcube/optusb-1.01.darwin.rel3.tar.gz 
% tar zxvf optusb-1.01.darwin.rel3.tar.gz
% cd optusb-1.01+darwin-rel3
% sudo make install

コメント


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-26 (金) 18:46:11 (47d)