Taniwiki

Grailsの構造

MVCモデル
とりあえず自分が理解したことをまとめる。
構成はModel(M)部分、Controller(C)部分、view(V)部分で構成されている。
この3つの部分を編集することで、あとは勝手に処理してくれる。

Grailsインストール方法

  • %sudo port install grails を実行する。
    /opt/local/share/java/grailsにinstallされた。

Grails使い方(アプリケーションの作成)

Grailsアプリケーション作成

  • port8080番が使われているときは,%grails -Dserver.port=8086 run-app等でportを設定することができる。

  • hello world <-これは動いた。

    以下に簡単なgrailsのコマンドを書いておく。
    • %grails create-app hoge でhogeというディレクトリ(serverを立ち上げるのに必要なもの等が入っている)が作成される。このディレクトリに入って作業をする。

    • domainクラスを作成する。%grails create-domain-class huga
      これでhugaというdomainクラスを作成する。

    • controllerを作成する。%grails create-controller hoge
      これで、hogeというcontrollerを作成する。これがモデルを呼び出している。

    • %grails run-app でgrailsのserverを立ち上げることができる(作ったhogeフォルダに入っていないと動かない)。

使用データベースについて


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-10 (土) 18:37:41 (2827d)