ロードマップ

1. KVMの環境構築

2. qemuによるimgの作成とCentOS6 minimal版のインストール

3. VMの設定

4. kernelのconfigとbuild (3.9.2)

作業内容

OpenvSwinch? と kernel hack ~ にチェックを入れる

kvm を入れる

sudo groupinstall "Virtulization"

modprobe kevm_intel

qemu-img create -f qcow2 10G

virt-install --connect qemu:///system -name [VM名] --vcpus [cpuコア数] --ram=[メモリ(MB)] --hvm --location [DVD のイメージ] --os-type=Linux --os-variant=virtio26 --disk path=[qemu-imgで作ったもの] ,size=[diskのサイズ(GB)], format=qcow2, --network bridge=br0 --accelerate --extra-args='console=tty0 console=ttyS0,115200n8'

CentOS をインストールする。

virbr0 はちゃんと動かないから br として仮想インターフェースを作る

linux-3.9.2.tar.xz を kernel.org からとってくる

yum insall xz

tar Jxvf linux-3.9.2.tar.xz

yum install make gcc

yum install bc

yum install parl

make menuconfig

lvresize -L -7G ~ でswap領域が減る grub.conf の設定 kgdboc=ttyS0 の設定 ネットワーク経由でやったほうがブレードに裸でログインしなくてすむので ttyS0 は微妙

kvmのホスト側、VM と同じディレクトリで vmlinux は Executable and Linking Format(ELF) ELF 形式 x86-64 staticaly linking

objdump -S [elf format] でシンボルテーブルが見られる

gdb vmilinux

i386で上がって x86-64 になるので、gdb 上で arch を i386 に変えて、さらにx86-64に戻す

そうすると gdb で追えるようになる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-25 (土) 18:57:50 (2386d)