Cerium アップデート

SPE 上でのデータは、

run(readbuf, writebuf);

の二つだけで、しかもタスクが終了すると自動的に解放されてました。 しかし、複数のタスクで『SPE 上の同じデータ』を共有して使いたいってのもあるわけですよ。 たとえばテクスチャのデータとか。それはまた別か?

で、それ用のAPIを実装しました。
2008-07-16 (水) 14:28:37 API の名称を static_* から global_* に変更しました。

/**
 * @param [id] 領域ID。現在は 0〜31 まで使用可能 (Scheduler.h で定義)
 * @param [size] 領域のサイズ
 * @return allocate した領域のポインタ。下の static_get の返り値と同じ
 */
void* global_alloc(int id, int size);

/**
 * @param [id] static_alloc で作った領域 ID。
 * @return 領域のポインタ
 */
void* global_get(int id);

/**
 * @param [id] 解放したい領域の ID
 */
void global_free(int id);

詳しいことやソースは

cvs firefly:Game_project/Cerium/TaskManager

以下の ChangeLog? や *.cpp を見てください。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-10 (土) 18:37:41 (2827d)